1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 取引で勝つための2つの方法
2024-01-23 ・更新

取引で勝つための2つの方法

Cover.png

取引への2つのアプローチ

外国為替取引は複雑で困難です。 数多くの市場参加者が常に取引で成功する方法を熟考し、取引成功を達成しようとして多様な勝つための外国為替戦略やテクニックを開発しています。 多様性はあっても、最終的な目標は誰にとっても同じです。 そのため、すべての取引アプローチは大まかに2つの広い方法に分類されます:トレンドに逆らう取引とトレンド取引。

主なポイント

  • トレンドは逆戻りするよりも継続する傾向があります。
  • 市場のトレンドは非常に長い期間続くことがあり、時には数ヶ月や数年に及ぶこともあります。
  • トレンドの逆戻りを予測することは困難で、慎重な分析、経験、市場ダイナミクスの深い理解が必要です。
  • トレーダーは損失を最小限に抑えるためにストップロスを使用します。

トレンドに逆らう取引

トレンドに逆らう取引は、市場が反転することが予想され、より多くの取引機会があると信じるトレーダーにとって魅力的かもしれません。 しかし、トレンドは常に逆戻りするよりも継続する傾向があり、トレンドに従うことの方がより利益を得やすいです。

IMG1.png

この点を説明するために、ある例を考えてみましょう。 過去数ヶ月間価値が着実に上昇している通貨ペアを想像してみましょう。 小幅なプルバックの瞬間はあるかもしれませんが、全体的なトレンドは上向きです。 トレンドに従い、ペアが上向きの軌道にあるときに購入することによって、トレーダーは利益を得る可能性を高めることができます。

IMG 2.png

トレンドに逆らう取引の魅力は、逆戻りが発生したときに大きな利益を得る可能性があります。 しかし、トレンドの逆転を予測することは非常に困難であり、慎重な分析、経験、市場ダイナミクスへの深い理解が必要です。 これは経験豊富なトレーダーにとっても難しいことです。 一般的に、トレンドに逆らうことは多くの人にとって勝利する取引戦略とは考えられておらず、利益を得る機会を逃す可能性が高いとされています。

トレンド取引を理解する

一方、トレンド取引の基本は、既存のトレンドは逆戻りするよりも継続する可能性が高い、すなわち、市場は特定の方向に一定期間動き続ける傾向があるという信念にあります。 時には、市場のトレンドは数ヶ月や数年続くこともあります。 例えば、アメリカのUS500指数は100年以上にわたって上昇トレンドにあります。 そのため、トレンドの逆戻りを予測しようとするのは悪い考えです。 このため、トレンドトレーダーは確立されたトレンドの方向にポジションを取り、それが上向き(強気)であろうと下向き(弱気)であろうと、その勢いが続く限りその勢いに乗ります。

IMG 3.png

パターンを見極め、トレンドの強さと持続期間を決定するために、外国為替トレーダーはしばしばテクニカル指標、チャートパターン、その他の分析ツールを使用します。

一般的に、現在のトレンドを理解することは、いつ取引を開始し、いつ取引を終了するかについて、情報に基づいた判断を行うのに役立ち、トレーダーが市場全体の方向性に合わせて取引を行うことができるため、短期取引と長期取引の両方に適しています。

さらに、トレンド取引は一般的に市場初心者を含むトレーダーにとってよりシンプルな戦略とされています。 上昇トレンド中に価格修正を待ってから購入することが正しいとされています。 この方法では、トレンドに従い、その逆転を予測しようとすることはありません。 ただし、どの戦略も取引成功を保証するものではないことを認識することが重要です。

取引におけるストップロスの方法

選択した取引アプローチに関わらず、リスク管理は取引成功のための重要な側面です。 潜在的な損失を軽減するために、トレーダーはストップロスの方法を使用します。 これは、取引商品が特定の価格に達したときに、トレーダーが負けた取引を自動的に終了する、あらかじめ決められたレベルのことです。

IMG 4.png

ストップロスなしで取引に試みることは、救命胴衣なしで危険な水域を航行することに似ています。 リスクと市場の挙動を深く理解している熟練したプロフェッショナルだけが、そのような危険なアプローチを検討するかもしれません。 ほとんどのトレーダーにとって、ストップロスの使用は単なる推奨ではなく必要不可欠です。

ストップロス注文は3つの主要な目的を果たします。 第一に、市場が予定されたポイントを超えて反対に動いたとき、トレーダーを壊滅的な損失から守ります。 第二に、不利な市場環境下での意思決定に伴う感情的負担からトレーダーを解放します。 恐怖や欲といった感情は判断力を鈍らせ、衝動的で非合理的な決断につながります。 第三に、適切に配置されたストップロスは、常時のモニタリングの必要性を取り除き、トレーダーが自分の定義したリスク許容度に従うことを可能にします。

取引におけるストップロス戦略の実装

効果的なストップロス戦略を実装するには、テクニカル分析、リスク評価、そして規律の組み合わせが必要です。 以下にストップロス注文を使用するための短いガイドラインを示します:

  • サポートとレジスタンスレベルを特定する:価格チャートにおけるテクニカル分析を使用して、重要なサポートとレジスタンスレベルを特定します。 これらのレベルはストップロス注文を設定するための潜在的なエリアとして機能します。
  • ボラティリティを考慮する:市場のボラティリティに基づいて、エントリーポイントからのストップロスまでの距離を調整します。 高いボラティリティの市場では、より大きな価格変動を考慮して広いストップロスが必要になることがあります。
  • リスクリワード比率を設定する:取引に関連するリスクに対する潜在的な報酬を決定します。 これにより、潜在的な利益が潜在的な損失を上回ることを確認します。 例えば、2:1のリスクリワード比率を目指す場合、ストップロスは予想される利益の半分に相当する可能性のある損失のレベルで設定されます。 この場合、トレーダーは40%の取引利益を上げるだけで、報酬が潜在的な損失の2倍であるため、利益を上げることができます。
  • トレーリングストップロスの使用を検討する:トレーリングストップロスを使用することを検討してください。 これにより、トレーダーは、市場が反転した場合に利益を守りつつ、より大きな利益と取引機会を捉えることができます。 しかし、ボラティリティが高いときには、トレーリングストップロスが早すぎる場合もあります。 トレーダーは取引なしで残り、価格は彼らなしで動き続けます。

ストップロス戦略を実装することにより、トレーダーはリスクを効果的に管理し、利益を上げるチャンスを高めることができます。 これは取引に対する構造的なアプローチを提供し、トレーダーが意思決定プロセスで規律を保つのを助けます。

結論

取引において、万能の戦略や特定の勝ち方は存在しないことを忘れてはいけません。 各トレーダーは、自分のスキル、リスク許容度、財務目標、経験レベルに合ったアプローチを見つけなければなりません。 どのような金融活動でもそうであるように、継続的な学習、適応力、規律ある実行は、トレーディングという厳しい世界で成功するための重要な要素です。

よくある質問

トレンドに逆らう取引は良いことですか?

トレンドに逆らう取引は、一般的には主流の市場方向に逆らい、リスクが伴うため、ほとんどのトレーダーには推奨されません。 トレンドは継続する傾向があるため、トレンドに従うことで利益を得る可能性が高まります。 しかし、高度な戦略を用い、市場のダイナミクスを徹底的に理解している経験豊富なトレーダーは、市場の反転を利用するために時折トレンドに逆らって取引することもあります。 一般的に、勝利するFX戦略は存在しません。

最も利益を上げる取引戦略は何ですか?

最も利益を上げる取引戦略には「万人に合う」答えはなく、市場状況、トレーダーの専門知識、リスク許容度などの様々な要因に依存します。 ただし、多くのトレーダーはトレンド追従戦略によって成功を収めています。 トレンドに沿って取引を行うことで、利益を得る可能性を高めることができます。 ストップロス注文などの適切なリスク管理技術とトレンド追従戦略を組み合わせることが、結果をより良くコントロールするために不可欠です。

ストップロスは取引でどのように機能しますか?

ストップロス注文は、潜在的な損失を制限するために取引で使用されるリスク管理ツールです。 これは、取引が特定の価格に達したときに自動的に閉じられ、さらなる損失をカットするための事前に設定された価格を設定することを含みます。 ストップロス注文を実装することにより、トレーダーは自身の資本を守り、重大な損失を防ぐことができます。 取引の進行に伴い、変化する市場状況に適応するために定期的にストップロス注文を見直し、調整することが重要です。

取引における2%ルールとは何ですか?

取引における2%ルールは、リスク管理戦略で、任意の単一の取引に対して取引資本の2%以上をリスクにさらすことを避けることを提案しています。 このルールを守ることで、トレーダーは潜在的な損失を抑え、資本全体を守ることができます。 例えば、トレーダーが1万ドルの資金を持っている場合、1回の取引で200ドル(1万ドルの2%)以上のリスクを負うべきではありません。 2%ルールに従うことは、リスク管理の一貫性を維持し、潜在的損失への過度のエクスポージャーを防ぐのに役立つ。

取引の1%ルールとは何ですか?

取引の1%ルールはリスク管理の原則で、単一の取引に対して取引資本の1%以上をリスクにさらすことを推奨しません。 このルールは2%ルールに似ていますが、より保守的なリスク管理を提供します。 取引資本の1%にリスク露出を制限することにより、トレーダーは自身のアカウントを大きな損失から守り、全体的な取引戦略において一貫性を維持することができます。 1%ルールを守ることは、資本を保全し、効果的にリスクを管理するために重要です。

取引の2つの方法とは何ですか?

取引にはトレンドに逆らう取引とトレンド取引の大きく分けて2つのアプローチがあります。 トレンドに逆らう取引は市場の方向性の反転を予測するのに対し、トレンド取引は現行の市場方向に沿っており、その勢いに乗ることを目指します。

ストップロスを使用せずに取引することは可能ですか?

技術的には可能ですが、ストップロス戦略なしでの取引は強くお勧めできません。 これは、トレーダーを無制限の損失に晒し、健全なリスク管理の原則を損ないます。

ストップロスの適切な距離をどのように決定しますか?

取引におけるストップロスの距離は、市場のボラティリティ、取引のタイムフレーム、個々のリスク許容度などの要因に依存します。 一般的な方法は、主要なサポートやレジスタンスレベルを超えてストップロスを設定することです。

トレーリングストップロスとは何ですか?

取引におけるトレーリングストップロスは、価格の動きに動的に調整する注文です。 取引がより利益をもたらすようになると、ストップロスは自動的に引き締められ、利益を確保しながらさらなる上昇の可能性を許容します。

ストップロス注文は損失がないことを保証できますか?

ストップロス注文はゼロの損失を保証することはできませんが、損失を事前に決定されたレベルに限定するためのリスク管理ツールです。 市場状況、スリッページ、ギャップはストップロス注文の効果に影響を与える可能性があります。

  • 84

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera