1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 勝てるFX取引計画を立てるには
2023-04-27 ・更新

勝てるFX取引計画を立てるには

cover.png

多くのトレーダーは、素早く楽に利益を上げたいと思って、FX取引を始めます。 外国為替市場は、トレーダーにとって値動きから収益を得る機会となることが多いです。 しかしながら、衝動的な判断や自制心の欠如は、どんな取引も負けに変えてしまいます。なので、綿密な取引計画と優れた戦略なしには、安定した収入を得ることは難しいでしょう。

この記事では、取引計画とは何か、なぜ取引前に計画を立てることが重要なのか、そしてFX取引で成功する可能性を大きく高めるのに役立つ、勝てる取引計画の立て方について説明します。

取引計画とは

簡単に言うと、FX取引計画とは、トレーダーが利益の出る取引を実現するために、自分自身で決めたルールや指示のことを表します。 平均的な取引計画では、トレーダーが新たなポジションを持つ前に、考慮すべき最も重要な事項(タイミング、取引規模、リスク管理、エントリーとエグジットポイント)を概説します。 また、トレーダーがどのような取引スタイルを好むか、どのような資産を重視するか、1週間や1ヶ月の利益目標など、より一般的なルールも含めることができます。

取引計画には、ご自身のニーズや計画を反映させることが重要です。 トレーダーは、それぞれ手段や資源、目標が異なるので、他人の取引計画をそのまま適用するのは逆効果となります。 ゼロから新しい取引計画を立てることにより、自分の資金力を評価し、どのようなペースが自分の習熟度に合っているかを理解することができます。

1288-05.png

なぜ取引計画が重要なのか

過去数十年間、外国為替市場は、金融市場に携わった経験のない多くの新規トレーダーを惹きつけてきました。 そのため、初心者も経験豊富なトレーダーも、常に変化する価格の中で自分を見失いがちです。

まとまった計画と目標がないと、取引開始や決済の絶好の機会を逃す危険性があります。 取引計画は、取引に必要な構造をもたらし、限界と目標をよりよく理解し、有益なFX取引を確実にするのに役立ちます。 また、勝ち負けの戦略を記録することで、失敗から学ぶことができ、技術を磨くことが容易になります。

成功する取引計画を立てるための10ステップ

1. メンタル面を整えよう

FXトレーダーは、1秒1秒が新たなチャンスをもたらすか、そうでないかと、非常に要求が厳しく、速いペースの中で働かなければなりません。 常に変化する価格に対応し、迅速かつ合理的な意思決定を行うためには、取引に専心する必要があります。

しかしながら、寝不足が続いていたり、集中力が続かずに雑念が入ったりするような場合は、この状態で取引するのはかえって良くないかもしれません。 集中力がないと、取引チャンスを逃してしまい、金銭的な損失を被るリスクもあります。

また、取引中は自分の感情を抑えることが肝心となります。 ポジションに執着し、怒りや自暴自棄から不合理な決断をすることは、メンタル面だけでなく、経済面も悪くなります。

多くのトレーダーは、取引マインドセットを身につけ、雑念を取り除くために、マインドフルネスや瞑想を実践しています。 中には、マントラを使用し、取引前に繰り返し唱える人もいます。 集中力を維持するには、集中力が途切れたと認識し、気が向いたときに取引を再開することが大切です。 取引心理学を知ることで、有害な思考パターンを認識し、軽率な行動から資金を守るための行動を迅速にとることができます。

2. チャンスをうかがおう

その一方で、予想外の価格変動に対処する経験がなければ、不安定で予測不可能な市場の取引は、実に困難で危険となります。 一方、市場に動きがなければ、目に見える利益をもたらす良い取引機会を見つけることは難しいです。 なので、金融界で現在何が起こっているのかを知っておく必要があります。それは、市場に影響を与え、取引機会を作ったり奪ったりする可能性があるからです。

そのためには、興味のある資産の性能に影響を与えそうな事象を把握しておく必要があります。 また、FBS経済カレンダーで経済指標や業績指標の発表を確認するのも、市場に大きな影響を与えるのでおすすめです。 特定の事象が発生したことを、一般に知られる前に知れれば、確率を素早く分析し、潜在的な市場の変化に備え、それに応じた取引計画を立てることができます。

3. テクニカル分析の使用

初心者向けのコースを修了した方であれば、テクニカル分析が取引の重要な要素であることは、すでにご存じだと思います。 テクニカル分析ツールは、過去の取引活動や価格から収集した統計データを使用し、将来の値動きを予測します。 トレーダーはテクニカル分析を用いて、市場の需要と供給のレベルを調べ、それが取引資産の価格と出来高の変化に影響を与えます。そして、それが市場のボラティリティを引き起こすことがあります。

現在、取引プラットフォームでは、チャートパターン認識プログラム、オシレーター、ボリューム、モメンタム、移動平均の指標など、様々なテクニカル分析ツールが提供されています。 これらのツールを使用し、明確なチャートパターンを検出して、チャート上にサポートとレジスタンスラインを引き、トレンド方向を特定することで、次の行動を計画することができます。そして、より正確にエントリーポイントとエグジットポイントを見つけることができます。

4. 自分の取引スタイルを見つけよう

最初の取引開始前に、少なくとも一時的にどのような取引スタイルを取るかを決めておく必要があります。 選ぶスタイルは、取引に投資できる時間やお金の量によって異なります。 一般的に、多くのトレーダーはデイトレード、スイングトレード、ポジショントレードにこだわります。

  • デイトレードは、1日の中で資産を売買することです。 通常デイトレーダーは、数時間、時には10分、20分とポジションをオープンにしています。 デイトレーダーは、急激な価格変動から利益を得ようとするもので、一度に30枚、時にはそれ以上のポジションを持つこともあります。
  • スイングトレーダーは、価格変動に乗じ、利益を得ることを目的としています。 スイングトレードは、一度に数日間ポジションをオープンにしておくことができるので、中期的な取引スタイルと考えられています。
  • ポジション取引とは、数ヶ月から数年にわたり、ポジションを保有する長期的な取引スタイルです。 ポジショントレーダーは、市場の基本的なトレンドを予測し、長期的な値動きから利益を得ようとするものです。 また、ポジショントレーディングでは、潜在的なトラフやスイングを克服するために、より大きな資金が必要となります。

このように、それぞれの取引スタイルにより、トレーダーが注意しなければならないことは異なります。 デイトレーダーは常にチャートを監視し、より多くの利益を得るチャンスをつかむ必要があります。ですが、ポジショントレーダーは毎日自分のポジションをチェックする必要はありません。

また、現在の市場環境に応じ、取引スタイルを調整することも可能です。 例えば、市場がトレンドにある場合は、スイングトレードに徹し、大きな値動きを捉えた方が良いかもしれません。 しかしながら、市場が限られた範囲内で動くのであれば、デイトレードの方が良い結果が得られ、小さな価格変動を利用することができます。

1288-04.png

5. 取引資本を選択しよう

取引資金の全てを1つのポジションに投入することは、より多くのお金をもたらす可能性があります。ですが、取引口座全体を失う可能性もあります。 そのため、取引資金の一部だけを1つの取引に蓄えることが重要です。 そうすれば、何かあった際に全財産を失うことはありません。

1回の取引に使う資金量は、お客様のリスク許容度や取引スタイルによって異なります。 もしもあなたがポジショントレーダーで、長期間で高リターンを得たいと考えているのであれば、より大きな取引資本を選択した方が良い結果が得られるかもしれません。 その一方で、ボラティリティの高い市場で1時間の取引に大金を費やすのは高リスクなので、この金額をいくつかの取引に再分配するのがよいかもしれません。

一般的に、1回の取引に割り当てるリスク量は、取引資金の1–5%程度の範囲にする必要があります。 こうすることによって、取引が失敗に終わったとしても、口座全体を失うことはありません。 しかしながら、連続して失敗した場合は、感情によって次の取引を妨害する可能性があるので、一旦休憩し、別日に取引を再開するのがよいでしょう。

6. エントリーレベルとエグジットレベルの決定

次に重要なのは、取引のエントリーやエグジットに最適な機会を見つけることです。 一般に信じられていることとは異なって、取引前に出口を決めることが実は重要になります。 なので、多くのトレーダーはポジションを開くことに全力を注ぎ、ポジションを閉じる機会があるかどうかをまず学ぶことはありません。 買いシグナルを出す前に、出口を探すことが必要になります。

オープンできる可能性を感じたら、どこに利益目標を置くか考えてみましょう。 トレーダーの中には、価格が丸数字(50ドルなど)に到達した際、または丸数字パーセント(15%など)上昇した際に、退場することを計画する人もいます。 しかしながら、志は常に合理的な範囲にとどめるべきことが必要でしょう。 エグジットポイントを高く設定しすぎた場合、ポジションが危険にさらされてしまい、より低くても達成可能な利益を得ることができなくなる場合があります。

エントリールールの設定がより簡単になりました。 シグナルを探して、利用可能な範囲に最小限の利益目標があるか否かを確認する必要があります。 取引に設定した条件が満たされた場合は、ポジションを建てることができます。 しかしながら、応募ルールが複雑になりすぎないようにすることが大切です。 取引前に満たさなければならない条件を長々と書き連ねていても、チャンスを見つけるのは難しいかもしれません。 取引の機会を制限しないような、譲れないエントリールールを設定することは可能ですので、エントリーシグナルは賢く選びましょう。

7. リスク管理

エントリーポイントとエグジットポイントを見つけたら、予期せぬ値動きから身を守ることが重要です。 トレーダーが利用できるリスク管理ツールはたくさんありますが、最も基本的なものはストップオーダーを置くことです。 この注文は、価格があるレベルに達すると実行され、あるポイントを超えて移動するのを防ぐものです。 これによって、潜在的な損失に上限を設けることができます。 また、利食い注文や指値注文を使用しながら、出口を計画することで、手動ではなく自動的にポジションを決済することができます。

もう一つのリスク管理として、分散投資を行うことをお勧めします。 FX取引に重点を置くのであれば、複数の通貨ペアのポジションを持つのがベストです。 このように、ある市場が急落しても、強い動きをする他の市場で損失を補うことができます。

8. 取引の記録を残す

取引の記録を残すことは非常に有用な習慣であり、何年、何十年という経験を持つプロのトレーダーでさえ行っています。 エントリーポイントとエグジットポイント、タイミング、サポートレベルとレジスタンスレベル、毎日の市場のオープン・クローズなど、取引に関する全ての重要な詳細を書き留める必要があります。 この情報をもとに、取引の成功や失敗の要因を知ることができます。 取引を取り巻くあらゆる要因や状況を理解することは、取引戦略とスキルの両方を向上させるために有効です。

9. 利益と損失の分析

取引中にどれだけお金を稼いだか、または失ったかを知ることは重要なことです。 取引の金銭面にこだわると、今後の取引に支障をきたすこともあります。ですが、結局取引はビジネスであり、ビジネスの成功には常に金銭が重要となります。 なので、純利益を分析することは、現在の取引計画がうまくいっているか、それとも取引目標を達成するために調整する必要があるのかを理解する上で良い方法となります。

10. 改善を止めない

残念ながら、どのFX取引計画も一長一短です。 最初の計画が思ったようにいかないこともあります。 また、最初はうまくいっても、同じ結果をもたらすことができなくなることもあります。 また、取引ニーズや目標が時間とともに変化する可能性も高いので、それらを考慮した新たな取引計画を立てる必要があります。 取引には、常に成長と向上が求められます。 過去に成功した取引計画を新しい取引計画の基礎として使用することもできます。ですが、より良い取引計画にするために常に新しい解決策を見つける努力をする必要があります。

まとめ

FX取引の世界は動きが速いので、絶えず変化する価格や自分の感情に流されてしまいがちです。 取引を成功させる最善の方法としては、新しい取引前に、トレーダーとして注意しなければならないことを記録した取引計画を作成することです。 優れた取引計画は、外国為替市場の目まぐるしく変化する環境に対応し、集中力と合理性を維持し、取引スキルをはるかに速く向上させることができます。

  • 676

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera