1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. The Hateful Eight (邦題:ヘイトフル・エイト) 金融界で最も悪名高い悪役のご紹介
2023-05-29 ・更新

The Hateful Eight (邦題:ヘイトフル・エイト) 金融界で最も悪名高い悪役のご紹介

cover.png

金融の世界のお話です。 お金が生まれる場所です。 時には、大金が。 ビッグゲームの世界であり、多くの黒幕を生んできた世界でもあります。 しかし、すべての天才が善意で金儲けの才能を発揮しているわけではありません。

Bernie Madoff, Joseph Nacchio, Michael de Guzman, Elizabeth Holmes、あるいはウォール街の狼自身であるJordan Belfortは知識、技能、知人、などありとあらゆるものを使って、人をだまし、巨額の富を築きました。

世界はあなたのものだ、とも言われました。 しかし、金融の悪党にとっては、世界は彼らの悪だくみだったのです。

1170-pic-03.png

世界の悪だくみがすべて

金融詐欺とは、詐欺師が被害者の資金にアクセスする悪質な行為のことです。 重要なのは、被害者が自発的にお金を出すということです。 “なんで?”とあなたは聞くことでしょう。 なぜなら、詐欺師が最も得意とするのは、人を納得させることだからです。

詐欺師は、合法的に見えるスキームを考え、大きな利益と迅速な利益を約束します。 少なくとも、最終的に資金を失うことになる人々にとっては、これらのオファーに抵抗するのは難しいことです。

詐欺は見分けがつきません。 しかし、それらのスキームを分解していくと、パーソナルチェックに役立つような標準的な機能が見えてきます。 注意すべきこと:

  • 短期間でのハイリターンを保証。
  • 投資家の排他的またはエリートグループへの招待。
  • 内勤からオファーが来るという主張。
  • 近い将来に、ゲームを変えるに違いない、ある種の技術の主張。
  • 全体的にお得すぎるオファーというイメージ。

これらは、ほんの一例に過ぎません。 実際には、もっと多くの機能があってもいいのですが、最終的にはこのシンプルな機能に行き着きます。 つまり、詐欺師はこれらの嘘のいくつかを使い、お客様の良心を誘惑し、

有望なベンチャー企業に投資させようとしています。

何世紀も前から、人々はお金にまつわる詐欺に引っかかってきました。 株式詐欺の最も古い例の1つは、1700年代までさかのぼります。 南海泡沫事件とgoogleで調べてみてください。” 今でいうパンプ&ダンプの代表的な事例の一つです。

詐欺師はまず、企業に関する虚偽の情報を与えて株価を上げ、十分に高くなったところで、つり上げられた株を市場に投棄します。 株は無価値なので、誇大広告が無くなると、結果的にお金を失うことになります。

この仕組みは、90年代後半の犯罪ドラママネー・ゲーム(邦題)を見るとよくわかります。 又は、ジョーダン・ベルフォート氏の話を参考にするとよいでしょう。 この映画は、彼を題材に作られました。 しかしながら、お金と引き離されるだけではありません。 実は、頻度の高いものも含め、たくさんの詐欺例があります:

  • 約束手形詐欺
  • アフィニティ・グループ詐欺
  • バイナリーオプション詐欺
  • 前金詐欺
  • ネット詐欺
  • 投資セミナー

この中には、絶対に詐欺と思われるものもありますね。 しかしながら、最も有名な詐欺は、もちろんピラミッド詐欺です。

ピラミッド詐欺は、そのシンプルさで多くの人が騙されています。 投資家数はどんどん増えていき、新しい投資家が増えるたびに、ベンチャーに新しい人たちが入ってきます。 その新規顧客は、他の投資家を探して勧誘する、というようにループしていきます。

ピラミッド詐欺は何年、何十年と成長しても、転がり落ちるときにひどいダメージを受けます。 ここまでは、著名なピラミッド詐欺のリストをあげてきました。ここからが物議を醸すところです。 ピラミッド詐欺型のベンチャー企業の多くは、マルチレベルマーケティングとして公式に発表されています。 そして、それは正当なビジネス戦略となっています。 ピラミッド詐欺のステータスを与えられるには、裁判所の判断が必要となります。

なので、これだけ多くの企業が公にピラミッド詐欺と呼ばれているにもかかわらず、マナーがあるので、これらのマルチレベルマーケティング企業のいずれかを詐欺と呼ぶことはしません。

しかし、本当に詐欺と言えるのは、マルチ商法やネズミ講によく似たスキームです。 1920年代に活躍した詐欺師、チャールズ・ポンジーにちなんで名付けられたこのスキームは、高いリターンを約束することで新たな投資家を募ります。 このやり方では、初期投資家は後発投資家からの資金で報酬を得ることになります。 大多数の投資家がリターンを求めることを選択するまで、詐欺は続きます。 そうなると、ネズミ講は崩壊します。

金融の世界では、不正な金儲けの話が多く出ています。 この記事では、世界8大株式市場詐欺とその黒幕について学んでいきます。

市場の詐欺・不祥事トップ8

1170-pers-1.png

Bernie Madoff(バーニー・マドフ)

まずは、史上最大のネズミ講の典型例から学んでいきましょう。

ニューヨークの金融業者バーニー・マドフは、その評判を利用し、新しい投資家を集めて、安定した2桁のリターンを約束しました。 投資家は株を買ったつもりでも、実際はマドフが自分の銀行口座にお金を預けていただけでした。    

その一部を、約束リターンとして要求された資金の支払いに充てたのです。 10年以上にわたり、これら全体が機能していました。 この詐欺は、マドフが立派で信頼できるビジネスマンであるというパブリックイメージがあったからこそ可能だったのです。 なんといっても、彼はNASDAQの仕掛け人ですから。

しかし、遅かれ早かれ、すべての物事には終わりがあります。 バーニー・マドフの詐欺は、悪名高い2008年の危機後に解消されました。 これは、マドフの顧客の多くが資金を引き揚げようとした時でした。 ご存知のように、どんなネズミ講でも、それを乗り切ることはできません。

詐欺が発覚した時、マドフは厳しい罪に直面しました。 そして判決は、一生牢屋で過ごす人生となりました。 刑期は150年でした。 マドフは、2021年4月14日に獄中死しました。 悲しいことに、この詐欺に関連した死者は彼だけではありませんでした。

マドフの暴露から2年後、彼の息子とビジネスパートナーの1人が自殺。そして、彼の投資家の何人かが自殺。そして、マドフも自殺しました。

マドフはいくら盗んだのでしょうか? 公式には650億円という数字が出ていますが、これは正気の沙汰ではありません。 この詐欺はいつからあったのでしょう。 それは難しい問題です。 マドフ自身は、90年代初頭にスキームを始めたと証言しています。

1975年からマドフと仕事をしていたアカウントマネージャーのフランク・ディパスカリは、物心ついたときから詐欺は行われていたといいます。 しかし、調査中に発見された文書には、マドフが1960年代初頭から詐欺を繰り返していたことを示すものがありました。 何百万もの偽の取引報告書を加えれば、世界最大のネズミ講ができあがることでしょう。

1170-pers-2.png

Jordan Belfort(ジョーダン・ベルフォート)

マーティン・スコセッシ監督の”ウルフ・オブ・ウォールストリート”でこの名前を知った人も多いかもしれません。 しかしながら、あのフリックがフィクションに過ぎないと思っていたら、それは間違いです。 ジョーダン・ベルフォートは実在した人物で、映画の内容の多くは真実でした。

ベルフォートは、しばしばパンプ&ダンプと呼ばれる長期にわたる詐欺行為に市場操作を用いました。 彼は、野心的なブローカーたちと手を組み、ストラットン・オークモント社を設立しました。 この”店頭型”証券会社は、数年後、ベルフォートとそのパートナー数名が逮捕されたことで、悪名高い証券会社となりました。

この詐欺は、ベルフォートとそのブローカーが株価を吊り上げ、後で現金化し、株価を暴落させるというものでした。 何百人もの野心的なブローカーがベルフォートの群れの中で働き、無防備な人たちに電話をかけ、価値のない株を買うように説得してきました。

1998年に、2億ドルの損失を出して物語は終わりました。 ベルフォートは証券詐欺とマネーロンダリングの罪で起訴され、ウォール街の犯罪者リストに載りました。

1170-pers-3.png

Michael de Guzman(マイケル・デ・グスマン)

映画にもなった悪名高い詐欺をもう一つ紹介します。 しかしながら、マシュー・マコノヒー自身が主演する映画を紹介する前に、実際のストーリーについて説明していきましょう。

時は1993年。 ボルネオ島のジャングルに金があると主張するBre-X Minerals社の社員、マイケル・デ・グスマンがいました。 その瞬間から、Bre-X Mineral社の株価が60億ドルにまで高騰する、一種のゴールドラッシュが始まりました!

1993年から1996年にかけて、マイケル・デ・グスマンがボルネオ島から偽の金塊サンプルを迅速に製造していたのです。

グスマンの不正は、インドネシア政府が不審に思い、そこから崩れ落ちました。 その結果、国はBre-X社の鉱山支配権の45%を剥奪しました。 アメリカの鉱山会社フリーポート・マクモラン社は、何度も掘削を繰り返したが、一片の金も発見できなかったといいます。 いつの間にか価値が底をついてしまったBre-X社に、そこから一度もハッピーエンドは訪れませんでした。

この事件の一部は、スティーブン・ギャガン監督の映画の題材にもなりました。 マシュー・マコノヒー主演で、Bre-Xスキャンダルをゆるやかに描いた2016年の犯罪ドラマです。

1170-pers-4.png

Joseph Nacchio(ジョゼフ・ナッチオ)

この話は、30億ドルもの損失を出した、最も有名なインサイダー取引詐欺の一つです。

インサイダー取引とは 簡単に言えば、暴落することが分かっている株を売るという詐欺的な手法です。 そのためには、市場の状況や企業の内部事情を熟知していなければならなりません。なので、インサイダー取引と呼ばれています。

ジョセフ・ナッキオは、世界で最も偉大な株式インサイダー・トレーダーの一人です。 ナッキオは、クウェスト・コミュニケーションズ・インターナショナルのCEOとして、クウェスト社はこれから大きく飛躍するとウォール街を説得し、クウェスト株を買わせました。 しかしながら、現実には、そのどれもが真実ではないことをナッチオは知っていました。

インサイダー取引42件のうち19件で有罪判決を受けたナッキオは、その後、連邦刑務所に6年間収監され、違法な株式取引で得た5200万ドルの返還も命じられました。

1170-pers-5.png

Nick Leeson(ニック・リーソン)

映画はもう観ましたか? こちらも“マネー・トレーダー 銀行崩壊”と呼ばれるもので、これも実話に基づいています。イギリス出身の元デリバティブトレーダー、ニコラス・ウィリアム・リーソンの物語です。

1999年のドラマでユアン・マクレガーが演じた、実在のバーイングス銀行社員ニック・リーソンは、自分と仲間のトレーダーの不良取引をカバーする、いわゆるエラーアカウントを使用していました。 そのきっかけは、頻繁にパーティーを開いていた同僚が犯した一連のミスをリーソンがカバーしなければならなくなったことが始まりでした。 このやり方は、最終的に170万ドルの損失につながりました。

リーソンが後に語ったように、彼は仕事を続けたいだけだったので、このような大規模なエラーを隠すためにエラーアカウントを使用したといいます。 またリーソンは、このスキームを個人的な利益のために使ったことはないと主張しました。 しかしながら、1996年に、総額3,500万ドルが入っている様々な銀行口座が彼に紐づいていることが明らかになりました。

1995年には、リーソンの重大なミスが重なり、バーイングス銀行は8億2700万円の損失を出し、すぐに債務超過に陥りました。 リーソンは裁判から逃れようとしましたが、逮捕され、シンガポールに引き渡されました。

ニック・リーソンは6年半の有罪判決を受けましたが、1999年に善行と健康状態を理由に釈放され、後に結腸癌と診断されました。 しかし、リーソンは幸運にもこの病気から生還することができました。

今現在ニック・リーソンは、まだ取引に夢中になっています。 今は自分のお金を使っています。

1170-pers-6.png

Sam Bankman-Fried(サム・バンクマン=フリード)

サム・バンクマン=フリードの話は、最も新しい話であると同時に、最も共鳴するところもあります。 FTXのスキャンダルは、多くの人が考えているように、暗号通貨業界全体に長期的な影響を与える可能性があります。 

FTX Trading Ltd.は、2019年にサム・バンクマン=フリードとそのパートナーグレイ・ワングによって設立された元暗号通貨取引所およびヘッジファンドです。 2021年には100万人を超えるユーザーを抱え、暗号通貨取引所のトップランキングで3位となるなど、最盛期を迎えています。

しかし、問題は2022年に起きました。 バンクマン=フリードが設立・運営するもう一つの会社であるAlameda Researchが、FTXのネイティブトークンFTTに50億ドルというポジションを保有していたことが明らかになったのです。 さらに調査を進めると、Alamedaの投資基盤もFTTであり、不換紙幣や他の暗号通貨ではなく、怪しげなものであることがわかったのです。 つまり、同社はFTXのいわゆる市場メーカーとして、大量の買い付けによってFTTの価値を高めていたのです。

この情報はFTXの投資家に懸念を抱かせることとなり、その後総額60億ドルという大量の出金要請が発生しました。 まず初めに、FTXが流動性危機を発表しました。 その後、4億7700万ドル相当のFTTが盗まれたと主張しました。

この不幸な出来事により、FTXは倒産させることとなり、サム・バンクマン=フリードは逮捕され、暗号通貨業界全体が今後の展開に不安を抱くようになりました。 バンクマン=フリードは2023年秋に裁判を受ける予定です。

1170-pers-7.png

Sergei Mavrodi(セルゲイ・マブロジ)

金融詐欺や詐欺の話の多くは、世界で最も裕福な地域、且つ金融資本の本拠地である欧米から発信されています。 しかし、歴史的にみると、ロシアから壮大な金融詐欺が行われた例があります。

ソビエト連邦崩壊後、政治的・経済的な混乱に見舞われました。 1991年に起きたクーデターとその後の劇的な出来事は、社会主義が残してきたものを解体した、新自由主義経済の長期的な影響について厳しい背景を提供しました。

90年代のロシアは、多くの詐欺師を生み出し、自暴自棄になった人々に安易なお金を約束させてきました。 中でも悪名高いのが、東欧最大の金融ピラミッド詐欺MMMの仕掛け人、セルゲイ・マブロジです。

MMMは1989年に始まり、マブロジがネズミ講を始めた1994年初頭に最盛期を迎えました。 MMMは積極的にテレビで宣伝し、素晴らしい利益を約束することでロシアの一般市民を魅了してきました。 MMMのCMキャラクターの一人が、”私はフリーターではない、パートナーである”と言ったように、MMMに投資する人は、年率3000%という非常識なリターンを得ることを約束されていました。

さすがに、このような姿を目にする幸運な人は少なかったようです。 同年末、数千人のMMM投資家がマブロジの会社に抗議したことがトラブルの発端となりました。 詐欺があからさまだったとはいえども、当時のロシア連邦にはネズミ講を取り締まる法律がありませんでした。 なので、助けがきませんでした。

しかし、セルゲイ・マブロジは脱税で訴えられました。 このため、マブロジはロシアから逃亡し、MMMは1997年に破産宣告を受け、1,000万人近い人々が手ぶらになったという資料もあります。 報道によると、MMMの犠牲者50人が自殺したといいます。

1170-pers-8.png

Elizabeth Holmes(エリザベス・ホームズ)

セラノス社をご存知でしょうか? もしそうでなければ、この物語は間違いなく面白いと思うはずです。 既に映画の企画もあるようです。

若くて魅力的な女性、元バイオテクノロジー起業家、そして公式に詐欺師と宣言されたエリザベス・ホームズを紹介していきます。 ホームズの矛盾に満ちた起業家としてのキャリアは、2003年、当時19歳の彼女が革新的なヘルスケア・スタートアップ、セラノス社を設立したことに始まります。 新しく生まれたオールインワン血液検査機で、血液検査の新しい地平を切り開こうというビジネスでした。

ホームズがスタンフォード大学を中退して、医療関係の起業家になることを希望していたことはご存じでしょうか? 彼女は希望して、起業家となったのです。 この事実は、ホームズの発明に影響を与えたのでしょうか? きっとそうかもしれません。 あるいは、彼女の肖像画にほんの少し手を加えただけなのかもしれません。 ではもう少し詳しくみていきましょう。

エリザベスは小さな帝国を築きながら、自分の発案がゲームチェンジャーになることを信じていました。 彼女は、家族のコネクションを利用してビジネスを推進し、投資家を集め、アメリカのエスタブリッシュメントからの支援を求めたのです。 その中には、ヘンリー・キッシンジャーやジョー・バイデン(現米国大統領)といった人物も含まれていました。

制作の面ではもっとうまくいったはずです。 後に明らかになったように、セラノス社はひどい雇用政策、疑わしい科学、怪しげな商業的手法をしていました。 セラノス社の最大の問題は、不当解雇、製造チームの非現実的な納期、そしてセラノス社のマシン一部の部品がシーメンス社の医療機器から借用されていたことです。

長い話をまとめると、セラノス社の血液検査機は、医療にほとんど使えない失敗作であることが判明しました。 2018年には、買い手が見つからず、事業を停止することが発表されました。 ご推察の通り、このメッセージはセラノス社の投資家にとって驚く動きでした。

2022年、彼女は投資家を騙した罪で有罪判決を受け、患者を騙した罪では無罪となりました。 このように、セラノス社の話は、技術革新の主張に基づく詐欺的な投資スキームの完全かつ最近起きた例であり、投資家に巨額リターンを約束しながら、不幸にも結果はゼロで大損害を被るというものでした。

まとめ

統計によると、年間約3,000万人が金融詐欺の被害に遭っていると言われています。 この数字は正気とは思えません! 今日学んだ話は、現在の金融界で起こっていることのほんの一部に過ぎません。 世の中には詐欺師がたくさんいます。 お金を危険から遠ざけるために必要なアドバイスがあるとすれば、それは”簡単にお金が手に入るという約束に騙されないこと”です。

投資先を探す際は、長年の経験と明確な条件、確かな評判を持つ立派な証券会社で試してみてください。 FBSはそのような会社の一つです。当社では、最新のソフトウェア、無料の教育ツール、有利な条件など、取引のための手段を提供しています。

  • 762

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera