1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. オンライン取引 vs オフライン取引
2023-08-14 ・更新

オンライン取引 vs オフライン取引

cover.png

オンライン取引とオフライン取引の違いは何か?

現代では、取引に参加するためにするべきことは何かという問題に直面することはありません。 世界中のほとんどの国で比較的自由で高速なインターネットへのアクセスが可能であり、オンライン取引アプリのユーザー数は絶えず増加しています。

一方で、私たちはオフライン取引という伝統的なアプローチにも目を向けるべきです。 それはいかに機能するのでしょうか? オフライン取引の利点は何でしょうか? 最終的に、オンライン取引とオフライン取引のどちらを選択すべきかについて、この記事で詳しく説明します。

オンライン取引とは

オンライン取引は、インターネットを通じての取引です。

通常、新しいユーザートレーダーにはオンライン取引への2つのアプローチがあります:

  • どのデバイスでも取引アプリをインストールすることができます。 例えば、携帯電話やノートパソコンなどです。 このアプリはMetaTraderFBS Traderアプリとなります。
  • アプリをダウンロードせずに、ブローカーのサイトを使用する方法できます。 この場合、トレーダーの利益はブローカーのウェブサイトの品質と速度に依存します。 FBSでは、個人のオンライン取引口座と取引プラットフォームのデスクトップ版にアクセスすることができます。 このバージョンは使いやすく、トレーダーのモバイルデバイスやデスクトップデバイスに追加のインストールを必要としません。

オンライン取引の利点と欠点

オンライン取引の利点には以下があります:

  • 最も適したアプローチを選択できる。
  • 世界中のどこからでも取引が可能。
  • ほぼ全ての現代のモバイルデバイスを使用できる。

一方、オンライン取引にはいくつかの欠点もあります:

  • 取引アプリが携帯電話のスペースを取ってしまう可能性があり、 重要な瞬間に取引品質に影響を及ぼすことがあります。
  • インターネット接続問題が取引に悪影響を及ぼす可能性があります。

では、モバイルデバイスが利用できない場合や、インターネットサービスプロバイダが急にクオリティの高いサービスを提供しなくなり、テクニカルサポートに連絡できない場合はどうなるのでしょうか? ここで、オフライン取引の出番です。

オフライン取引とは

オフライン取引は、取引パラメータを手動で入力しないタイプの取引で、 ブローカー会社の認可を受けた従業員が代わりに行います。 トレーダーは、取引するための取引条件をブローカーの従業員に伝えます。

オンライン取引と同様、ここでも2つのアプローチがあります:

  1. 音声で電話を通じ、資産の買い入れ/売却の指示を出す方法。
  2. トレーダー自身がオフィスに出向いて取引を依頼する方法。

前述のように、トレーダーは取引パラメータを入力するのではなく、それをブローカーの従業員に伝えるだけです。 これにより、トレーダーがミスをする可能性が低くなります。

ブローカーの従業員が取引を入力する際にミスを犯すことがある場合、 その後記録を聞いたり、署名された書類のコピーを取得することで簡単に紛争を解決することができます。

2180-02.png

オフライン取引の利点と欠点

オフライン取引の利点は、ブローカーの従業員と話をする機会を持つことができることです。 本質的には、トレーダーはミニコンサルティングを受けることができます。 しかしながら、他人のアドバイスにだけ従うのではなく、まずは独自の判断をすることをお勧めします。

オフライン取引の主な利点は、トレーダーが高速インターネットにアクセスできない場合でも取引ができることです。

オフライン取引の欠点は、価格です。 ブローカーは会社内で特別な人員を雇用して顧客からの相談を受け入れる必要があるため、トレーダーには追加の費用がかかります。

2つ目の欠点は非効率性です。 トレーダーが情報を伝え、ブローカーの従業員が情報をシステムに入力すると、資産の価格が大きく変動することがあります。 オフライン取引は、頻繁に取引を行う予定の人や市場をスキャルピングする人向けではありません。

最終的に、時間もオフライン取引の重要な欠点です。 ブローカーのオフィスに申請を提出する場合は、そこに向かう必要があります。電話で行う場合は、まず従業員に連絡を取らなければなりません。 非常に便利ではなく、かなりの時間がかかるかもしれません。

オフライン取引はまだ可能か?

もちろんです。 まだオフライン取引を行うことは可能です。 しかしながら、現在ではオンライン取引が21世紀の新しい大きなトレンドとして魅力的ではなくなってきています。

オンライン取引対オフライン取引:どちらが優れているか?

オンライン取引とオフライン取引を比較する際には、以下の3つの基本的な要因を考慮すべきです:利便性、セキュリティ、リアルタイム情報

利便性

利便性の面では、オンライン取引が断然おすすめです。 どこにも行く必要はありません。 ブローカーに定期的に連絡を取るために訪れる必要もありません。 また、ブローカーに電話をかける必要もありません。 オンライン取引を行うために必要なのは、スマートフォンのモバイルアプリ、またはノートパソコンを使うことのみです。

オンライン取引は非常に便利で、貴重なものである時間と快適さを提供します。 自分が欲しい時に、どこで取引を行い、その時点で必要なように時間を使うことができます。

セキュリティ

オンライン取引の方が安全だと考えられます 取引に対して完全な制御を得ることができるため、詐欺被害に遭うリスクは最小限に抑えられます。

オフライン取引の場合、稀にブローカーがクライアントの許可なしにクライアントの代わりに取引を実行するケースがあります。 これによりクライアントが大きな損失を被る可能性があります。

オンライン取引を行うことで、取引の進行状況を自分で管理できるようになります。

リアルタイム情報

最後に、オンライン取引によって市場のリアルタイム情報を受け取ることができます。 先の例と同様、オンライン取引を行うことで24時間365日完全に情報を把握できます。 なので、市場内で何か起こるか、または取引に何か起こった場合は自分が最初に知ることができます。

信頼性があり責任感のあるオンライン取引ブローカーを選ぶと、最小限のリスクでコントロールされた取引を楽しむことができるでしょう。 しかし、忘れないようにしてください:

最終的に選択する取引のタイプに関係なく、この活動は金融リスクを伴います。 最良の結果を得るためには、取引を始める前に自己啓発することが重要です。

まとめ

では、どのような取引をお勧めするか? 答えは明確です:オンライン取引をお勧めします。 オフライン取引にはオンライン取引よりも多くの追加費用がかかり、より多くの時間を要します。

時間とお金は人生で最も重要な資源です。 オフライン取引を行う場合は、両方に追加の費用を用意しておく必要があります。

オンライン取引にはいくつかの明確な利点があります。 ですがそれは、インターネットにアクセスできることが前提です。 ネットワークにアクセスできない場所への旅行を計画する前に、全てのポジションをクローズしておくようにしてください。 そうしないと、その見落としてしまった結果を旅行から戻ったときに目の当たりにすることになります。

  • 588

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera