1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 暗号の自動取引: 究極のガイド
2023-11-17 ・更新

暗号の自動取引: 究極のガイド

cover.png

暗号資産通貨取引は、2010年代の初めに初めて始まり、その後、活発に人気が高まっています。 現在、暗号市場には数千の暗号資産通貨が流通し、世界中に約3億人の暗号資産ユーザーがいます。 暗号取引は、今やトレーダーとして最も収益性の高い方法の1つと考えられています。 そのため、暗号市場の短期的な値動きを利用しようとするトレーダーが多いのは当然といえば当然です。

しかし、誰もが暗号取引に一貫して従事するために必要な時間とリソースを持っているわけではありません。 幸いなことに、これは暗号の自動取引が便利なときです。 この記事では、暗号自動取引とは何か、その仕組み、自動化のメリットとデメリット、そして利益を最大化するための自動取引の利用方法について、お客様が学びます。

暗号の自動取引とは?

暗号資産自動売買とは、専用のソフトウェア(取引ボット)を活用し、一定の条件を満たした場合に自動的に暗号資産を売買する取引スタイルです。 暗号資産通貨取引ボットは、トレーダーが自分で市場を監視することなく、値動きを利用することができます。

自動化されたプログラムを使用せずに取引を行う場合、チャートを見たり、データを分析したり、様々なツールや指標を使用して市場に参入する最適な機会を見つけ、潜在的なリスクを計算し、売買注文を出すなど、多くのマルチタスクをこなさなければなりません。 このようなことを同時に行うのはかなりのストレスになります。また、あらゆるレベルのトレーダーが集中力を欠き、取引を左右する重要な情報を見落としてしまうことも少なくありません。

しかし、暗号取引ボットはこの問題を免れることができます。 必要なデータを自動的に(しかも短時間で)収集・分析し、あらかじめ入力した条件を満たした場合に取引を開始・終了することができます。 自動売買ソフトは、トレーダー向けに、比較的安価な価格で、多くの時間、エネルギー、利益を節約することができます。

暗号の自動取引はどのように行われるのですか?

暗号自動取引ソフトは、アルゴリズムに基づくものです。 アルゴリズムには、問題を解決するための一連の命令や規則が含まれています。 取引は特定の条件が発生するのを待つものであることを考えると、市場を分析し、現在の市場条件がアルゴリズムのルールに適合する場合に取引を実行できるアルゴリズムを作成することによって、すべてのプロセスを自動化することができます。

自動取引プログラムには、多くのバリエーションと種類があります。 まず、お客様ご自身でエキスパート・アドバイザー(EA)を設定することができます。 お客様が設定した設定内容に従って市場を分析し、取引シグナルを出すソフトです。 例えば、RSIオシレーターが「売られ過ぎ」のゾーンに到達するたびに、お客様に買いシグナルを送るEAがあります。 もうひとつ、お客様が他のことで忙しくしている間に取引してくれるボットも使えます。 取引機会の探索、取引の開始・終了、リスク管理などを行うボットです。

取引ボットは外部アプリケーションであり、取引所のプラットフォームにデフォルトで組み込まれているわけではありません。 自動取引ソフトウェアをプラットフォームに統合する方法はいくつかありますが、暗号取引ボットに関しては、API(Application Programming Interfaces)取引と分散化取引プラットフォームが主流です。

  • API取引は、取引ボットと取引所プラットフォームの仲介役として、特定のソフトウェア(API)を使用するものです。 APIは、異なるアプリケーション同士が相互に作用することを可能にします。 取引に関しては、APIはトレーダーの口座と暗号取引ボットを接続し、ボットが市場を分析し、お客様の代わりに取引注文を行うことができます。
  • 分散化取引プラットフォームは、暗号トレーダーが第三者を介さずに直接取引できるようにし、暗号自動取引ソフトウェアを最も安全に統合する方法を提供します。 分散化取引プラットフォームは、いわゆるスマートコントラクトを格納するブロックチェーン技術をベースにしています。 スマートコントラクトとは、取引注文を行うための命令を記述したプログラムです。 スマートコントラクトで指定されたすべての条件が満たされると、ブロックチェーンは取引を処理し実行します。 第三者が存在しないため、この技術を利用した取引ボットはより安全に使用することができ、不正な介入から取引口座を保護することができます。

取引ボットは具体的にどんなことができるのでしょうか?

自動取引ソフトウェアが取引プラットフォームに統合される方法に関係なく、取引ボットは同じプロセスのリストを担当します:

  • マーケットデータ分析:取引を成功させるためには、トレーダーはマーケットデータを分析する必要がありますが、トレーディングボットはそのようなことも行ってくれます。 人間が手作業で行うよりもはるかに速く必要な情報を抽出し、処理されたデータとテクニカル分析指標を使用して、市場の将来の動きを予測し、潜在的なエントリーポイントを見つけることができるのです;
  • リスク配分:取引ボットができるもう一つのことは、暗号口座の保有者が残した指示に従って、異なるオープントレードや投資の間で資本を再分配する方法を特定することです;
  • 取引実行:プログラムが潜在的なエントリーポイントとエグジットポイントを特定したら、市場に買いまたは売りの注文を出すことができます。 取引ボットの多くは、あらかじめ決められた価格帯で安く買って高く売ることに重点を置いていますが、異なる2つの取引所間の価格変動を利用するボット(アービトラージボットと呼ばれます)も利用可能です。

暗号自動売買のメリット

自動取引ボットが暗号資産通貨市場を席巻し、手動取引よりも人気が出るのに時間はかかりませんでした。 実際、多くの非クリプトトレーダーでさえ、このトレンドに乗り、取引から利益を最大化するために取引ボットを使い始めています。 そして、自動取引がトレーダーから好意的に注目されている理由はたくさんあり、これからそれを見ていくことになります。

効率性

すでに述べたように、取引は非常に多くのマルチタスクが必要な活動です。 取引ボットは、現在の市場状況に関するデータの収集から、値動きの潜在的な方向性の計算、取引の実行まで、取引に関連する多くの活動を行うことができます。 また、取引ボットはこれらの作業を人間よりもはるかに速く完了するため、同様に遅延なく迅速に取引を実行することができます。

取引ボットは人間と違って疲れないし、24時間365日働けます。 また、計算ミスのリスクもほとんどありません(ソフトウェアに入力されたデータが間違っている場合を除く)。

感情の排除

感情とは、人間が生活の中で経験する複雑な神経生理学的反応です。 感情は、私たちが周囲の世界を処理し、感じたことに基づいて意思決定を行うために、自然であり、必要なものです。 しかし、取引においては、感情は助けになるどころか、邪魔になることが多いです。 多くのトレーダーは、自分の取引にアタッチし、市場が自分の望む方向に動いてくれることを期待に反して願っています。 しかし、このような感情的なアタッチは、取引に良い機会を逃したり、損をしたりと、良いことよりも悪いことの方が多いのです。

幸いなことに、感情(またはその欠如)は人間と機械の大きな違いの一つでもあります。 取引ボットは、オープンポジションにアタッチされることはありません。 決められたルールや指示に従い、相場があるポイントを超えると、人間のトレーダーにありがちな迷いなく取引を終了させるという臨床を行います。

多様化

取引や投資のポートフォリオのリスクを最小限に抑えたいのであれば、同時に様々な異なるアセットに資金を投資することで分散を図ることができます。 これにより、お客様のオープントレードや投資が失敗に終わった場合、お客様の資本を保護することができます。 しかし、1つの市場だけでなく、複数の市場を把握するのは難しいため、多くのトレーダーや投資家はこの機会を利用しません。

これも取引ボットがお客様のお役に立てることです。 複数の取引口座を監視し、異なる市場に対して異なる戦略を適用することができるのです。 あるポジションが負け始めたら、それを素早く察知して、別の取引に資金を振り向けたり、新しいポジションを開いたりすることができます。 自動取引は、お客様が複数の取引を同時にこなすストレスに耐えることなく、複数の市場の取引機会を利用することを可能にします。

1287-02.png

暗号自動売買のデメリット

もちろん、100%完璧なものはないので、暗号自動取引ソフトウェアを使用する前に、取引者が考慮すべき欠点がまだあります。

メンテナンス費用

取引ボットは無料で使えるわけではなく、長期的な利益が維持費を補ってくれるとはいえ、取引計画を立てる際に念頭に置いておく必要があります。 さらに、お客様独自のシステムを一から構築しようとするトレーダーもおり、そのシステムはより安全ですが、セットアップに多くの費用がかかり、そのシステムがもたらすすべての利益を上回っています。 また、24時間365日スムーズな取引を実現するための仮想専用サーバーの費用など、追加費用も考慮する必要があります。

柔軟性の欠如

取引ボットは、あらかじめ決められた指示に従うように作られているため、価格の変動が激しく、プログラムが追従できないような予測不能な動きをする市場では役に立ちません。 このような場合は、手動取引に切り替え、心理学に基づいた戦略で市場のボラティリティを利用するのがよいでしょう。

動作不良

自動取引システムは、24時間365日稼働することができます。 しかし、インターネット接続の途絶や停電など、安全とは言い切れません。 お客様は、このような事態に備え、ボットのエラーを素早く修正できるように待機しておく必要があります。

暗号の自動取引:ストラテジー

暗号自動売買システムに適用できる取引戦略は、さまざまな種類があります。 しかし、ストラテジーを導入する前に、バックテストを行うことが肝要です。 バックテストは、過去のデータを使って検証することで、ストラテジーが強いかどうかを示すものです。 バックテストが終了した時点で、そのストラテジーが損失よりも利益をもたらしていれば、次に実際のマーケットで使用することができます。

暗号自動売買システムを利用する際に、どのようなストラテジーを使用するかについては、お客様が取引に取り入れることができる最も人気のあるストラテジーをいくつか紹介します:

  • グリッド取引。 グリッド取引とは、複数の価格水準を選択して取引注文を執行するボット取引戦略のことです。 価格が価格レベルのいずれかに触れると、ボットは自動的に取引を開始します。 各買い注文には、対応する売り注文が数段上に配置され、碁盤の目のようになっています。 これはかなり単純な戦略で、通常の価格変動がある市場で良い結果を示しています。
  • アービトラージ取引。 アービトラージ取引ボットは、2つの異なる取引所を監視し、その間の価格差を利用します。 これは、高頻度かつ高速な(時には一瞬の)取引を行う戦略であり、一般的に低リスクとされていますが、市場の変動により要求価格と異なる価格で取引が成立するスリッページの危険性はあります。
  • モメンタム取引。 この取引戦略は、現在の市場トレンドの中で取引することを中心に展開されます。 取引ボットは、取引された暗号資産通貨の量、市場のボラティリティ、トレンドの時間枠に関するデータを収集し、その強さと方向性を特定します。 そして、トレンドが勢いを失っておらず、同じ方向に動いていることを示す指標があれば、ボットは勢いがなくなるまで新しい取引を行います。
  • ミーンリバーサル取引。 平均回帰戦略は、市場のボラティリティや顕著な価格変動の後、アセット価格は常に基本的な安定トレンドに回帰するという考えに基づいています。 この戦略は、資産価格が以前のトレンドに戻ることを前提に、長期的かつ極端に変化することを利用することを目的としています。 取引ボットはこのトレンドを計算し、現在の市場の動きが平均的な基礎トレンドにどのような影響を与えるかを考慮しながら、それを中心に取引を計画することができます。

これらの取引戦略を知ることで、お客様は自動売買システムの仕組みや本当の実力をより理解することができます。

結論

いくつかの不完全な点はあるものの、暗号自動取引は手動取引に代わる素晴らしい選択肢です。 取引ボットは驚くほど時間効率が良く、信頼性が高いので、お客様が想像もしなかったような結果を出し、取引利益を最大化するのに役立ちます。

FBSで暗号取引を自動化したい場合は、MetaTrader 5を使用することで対応可能です。 MT5ではEAだけでなく、取引ボットもサポートしています。 それに加えて、お客様ご自身でVPSを設定することも可能です。 これは、普段はインターネットが安定しない環境でも、お客様が途切れることなくインターネットを利用できるようにするための特別なツールです。 プラットフォームにシームレスに接続し、迅速な信号を送信できることが成功した取引のために重要であるため、それは自動売買のために必要です。

  • 464

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera