年末年始のお取引に関する5つのヒント

年末年始のお取引に関する5つのヒント

12月末と1月の始まりは、金融市場にとって特有の期間です。休日に従って取引時間が変わり、多くのトレーダーがターミナルから離れます。この状況での自然な質問は、「この2週間の間に取引を行うことはできるのか」ということです。FBSは「はい、できる!」と答えます。しかし、他の人が休んでいる間にお金を稼ぐためには、いくつかのヒントに留意する必要があります。 

shutterstock_1209180940.png

ヒント1. 季節的なトレンドを考慮すること

すでに取引経験がある方は、ある時期に通貨が下落し、別の時期に通貨が上昇する傾向に気付いていると思います。これは「季節的なトレンド」として知られています。特に、いわゆる「年末」効果は、米ドルが毎年の末日に安くなる傾向がありますが、その後1月または2月に回復し始めることです。これは、税申告書と事業報告書の提出期限が原因です。さらに、多くのポジションは12月末までに決済され、1月の初めに再開されます。取引を計画する際にこれらのことを考慮し、資金に注意してください。

ヒント2. ストップロスとテイクプロフィットの再調整

通常、休暇期間中はボラティリティが低下します。そのため、普通のストップロスとテイクプロフィットを再調整する必要があります。たとえば、通常、テイクプロフィットをエントリポイントから100 pips離れたレベルに設定する場合、70〜80 pips離れたレベルを選択することをお勧めします。 

ヒント3. 可能ならばスキャルピングを行うこと

多くの人々が少し休憩して祝うことを決めたため、市場は空いています。流動性は通常よりも低くなっています。その結果、 大部分の時間はメージャー通貨ペアが狭い範囲内で変動する傾向があります。このような環境では、スキャルピング戦略を検討した方が良いです。ただし、スプレッドを確認することを忘れないでください。テクニカル分析では、サポートレベルとレジスタンスレベルの設定に焦点を合わせてください。レンジ取引も役立つかもしれません。   

ヒント4. 経済カレンダーをチェック

12月25日と1月1日には取引が行われませんが、他の日は素晴らしい取引を開く機会がたくさんあります。当社サイトのニュースセクションで、市場とFBSの営業時間を確認できます。また、休日の経済カレンダーには重要なイベントはわずかしかありませんが、小さなニュースでさえ薄商い市場を動かす可能性があることに注意してください。したがって、休日中の市場のほとんどは穏やかな海に似ているにもかかわらず、状況が急に変化し、大きな値動きを引き起こす可能性があります。 

ヒント5. 自分の身を守り、常に警戒すること 

リスク管理について覚えておいてください。たとえば、ストップロスが、不利な出来事から身を守ることができます。同時に、ボラティリティの急増で利益を上げるためには、ニュースを確認し、MetaTraderのモバイル版を使用して主要な取引商品を監視してください。   

まとめ

年末は取引に最適な時期ではないと聞いたことがあるかもしれません。ただし、この期間中に市場に特に注意を払えば、必ず成功するでしょう。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera