1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. FXにおけるヘッジとは?
2023-04-21 ・更新

FXにおけるヘッジとは?

cover.png

外国為替市場は、他の金融市場以上に、ボラティリティが高く、常に価格が変動しやすい市場です。 このため、トレーダーは常に警戒を怠らず、市場が不利な方向に動いた場合は素早く行動する必要があります。 しかし、取引を保存する機会がないとしても、こうした予期せぬ値動きから身を守る方法はあります。 これはヘッジと呼ばれる戦略で、この記事ではヘッジとは何か、どのように機能するのか、そしてどのようにFX取引に適用することができるのかについて学びます。

FXのヘッジとは?

ヘッジとは、価格変動の可能性があるため、他のオープンポジションが損失となる場合に、自分の資金を保護するために有価証券を売買することを指します。 FXにおけるヘッジ(または為替ヘッジ)は、新しい通貨取引を行うことであり、多くの場合、既存のポジションと反対の方向に取引を行います。 そうすれば、市場のボラティリティによって価格が動きの軌道を変えたとしても、ヘッジしたポジションから得られる利益で、最初の取引によって生じた損失を補うことができるはずです。

FXヘッジは非常にポピュラーなリスク管理戦略で、個人FXトレーダーや投資家だけでなく、異なる通貨でビジネスを行う必要がある大企業でも利用されています。 為替レートが不利に動くと、資金を変換するための追加コストを負担しなければならないリスクがあります。 ヘッジは、これらのコストをなくすか、少なくとも可能な限り限定的に抑えるのに役立ちます。

1291-03.png

FXのヘッジの仕組み

ヘッジとは、不利な出来事から身を守りたいときに行うものです。 トレーダー向けの保険と考えればよいでしょう。 そのような事象が発生し、最初の取引が横ばいになった場合、ヘッジはその影響を緩和し、資金が失われることを救うとされています。

しかし、ヘッジは実際に損失の発生を防ぐものではありません。 それでもお客様は取引不成立を経験し、結果的に損をすることもあるのです。 しかし、ヘッジ取引は、新しい市場の動きの後にうまくいくと思われる別の取引を開くので、これはヘッジ取引による利益が最初の取引による損失を上回ります。

最終的に、お客様は全体としてわずかな利益を得るか、まったく利益を得られないかのどちらかになりますが、1回の取引で失敗して資金の大部分を失うよりは、はるかにましです。 しかし、リスク管理としてヘッジを実施するのであれば、ヘッジはタダではありません。

FXにおけるヘッジのメリット・デメリット

他のリスク管理戦略と同様に、FXにおけるヘッジにも一定のメリットとデメリットがあるため、取引にヘッジを用いるかどうかを決める前に、それらを検討することが重要です。

外国為替取引におけるヘッジの長所

  • 潜在的な損失を軽減する。 FX取引でヘッジ戦略を用いる主な利点は、潜在的な損失を減らすことです。 最初の取引に反対するポジションを追加で持つことで、一方のポジションの損失を他方のポジションで得た利益で相殺することができます。 このようにすることで、急激な価格変動や予期せぬ市場の出来事によって、お客様が勝利する取引を成立させることができなくなることを軽減し、あるいは完全に回避することができるのです。
  • 利益を守る。 また、ヘッジは、すでに得た利益を守ることにもつながります。 お客様がすでに大きな利益を上げているオープンポジションをお持ちの場合、市場のボラティリティの急激な上昇によって、その利益が帳消しにならないように保護したいと思うかもしれません。 この場合、ヘッジ・ポジションを開くことで、最初の取引ですでに獲得した資金を保護し、この時点までに何とか得た利益を確実に維持することができます。
  • リスクを限定する。 もう一つ、ヘッジを利用することで、不安定な市場でのリスクを抑えることができます。 お客様が通貨ペアの取引を計画していて、市場が予想外に動いた場合に損失を被るリスクを最小限に抑えたい場合、ヘッジ取引を行うことで身を守り、価格変動への影響を制限することが可能です。 また、このようなリスクマネージメント戦略があることを知ることで、お客様もストレスを軽減し、より良い判断ができるようになります。

FX取引におけるヘッジの短所

  • 潜在的な利益の量を減らす。 ヘッジは利益を守ることができますが、勝率を下げてしまうこともあります。 それは、ヘッジをするとき、基本的に相反する2つの取引を開き、互いに打ち消し合うからです。 このため、ヘッジ取引を行わなかった場合と比べて、お客様が得られる利益が大幅に減少する可能性があります(あったとしても)。
  • 取引コストを蓄積する。 ヘッジは複数の取引ポジションを別々に持つことになるので、その都度取引コストがかかるということです。 また、ヘッジはお客様を損失から守ることができますが、取引コストがかさみ、利益を食いつぶしてしまう可能性があります。
  • 市場機会を逃す。 ヘッジ取引を行う場合、お客様は市場に対するエクスポージャーを制限することになります。 そのため、実際にマーケットがお客様に有利な方向に動いてしまった場合、この機会を利用して利益を増やすことはできません。

1291-02.png

ベスト外国為替ヘッジ戦略

シンプルなFXのヘッジ

これは最もシンプルでわかりやすいヘッジ戦略で、最初の取引と反対方向に2つ目のポジション—ヘッジ取引—を建てるというものです。 ヘッジ取引の目的は、市場が動きの方向を変えた場合に、最初の取引から生じる可能性のある損失を中和することです。 例えば、EURUSDを1.1000で購入し、価格が上昇せずに下落し始めた場合、発生した損失を補うために1.0990でペアを売るヘッジ取引を行うことができます。

長所:

短所:

  • 他の通貨ペアを使用する必要がない
  • 一部の取引プラットフォームでサポートされていない
  • 使いやすい
  • よく練られた出口戦略が必要
  • お客様との取引のタイミングが合えば、利益を得られる可能性がある

複数通貨ペアヘッジ

この戦略では、相関関係のある異なる通貨ペアの取引を複数回行うことになります。 ペアが正の相関関係にある場合(EURUSDとGBPUSDのように)、その価値は同じ方向に動きます。 しかし、それらが負の相関関係にあり(EURUSDとUSDCHFのように)、一方の価値が下がれば、もう一方の価値は上がります。

これは、ヘッジ戦略の一環として、有利に利用することができます。 例えば、EURUSDの買いポジションを建てた場合、お客様はUSDCHFをショートすることができます。 EURUSDの価値が下がれば、今度はUSDCHFの価値が上がるので、お客様はUSDへのエクスポージャーを相殺し、潜在的な損失を抑えることができるのです。

長所:

短所:

  • 両建てで儲けるチャンス
  • 両通貨ペアのボラティリティにさらされる
  • 両者の関係性を予測できる可能性が高まる
  • 金融市場をよく理解する必要がある
  • ほとんどの取引プラットフォームで利用可能です。

外為オプションヘッジ

また、オプション契約を潜在的な損失をヘッジする方法として使用することも可能であり、この戦略を最も信頼できるFXヘッジ戦略であると考える人もいるほどです。 オプション契約を購入すると、お客様は原資産を特定の時間内に特定の価格で売買する権利(義務ではない)を獲得します。 つまり、EURUSDのロングポジションをエントリーし、リスクヘッジをしたい場合、プットオプション(または原資産を売却する権利)を購入し、市場がお客様に不利に動く場合に、より公正な価格で通貨ペアを売却するために使用することができます。

長所:

短所:

  • 扱いやすい
  • 権利落ちの可能性
  • 利潤追求

ヘッジは合法ですか?

ヘッジは、大半の国で合法とされています。 ただし、米国のように同じ為替ヘッジの利用を禁止している国もあります。 このFXヘッジ戦略を使用したからといって、お客様が罰せられるわけではありませんが、米国に拠点を置くブローカーは、この戦略を使用する可能性を許可することができなくなります。 これは、トレーダー向け取引でスプレッドが2倍になるため、トレーダーよりもブローカーが得をするため禁止されているのです。 しかし、EUやアジアの多くの国でこの戦略が認められているため、米国以外のブローカーで取引する場合でも、この戦略を使用することができます。

お客様はFX取引のヘッジを検討すべきか?

ヘッジは強力なリスク管理戦略ですが、最終的な利益が減ってしまうので、すべての取引で使うのは長期的には無理があります。 では、取引を行うタイミングはどのように判断すればよいのでしょうか。

まあ、主に考慮すべきは市場のボラティリティですね。 お客様が取引する通貨ペアが変動しやすいと言われている場合、将来の値動きを予測することは非常に難しいので、ヘッジするのがよいかもしれません。 一般的に、市場の流動性が高ければ高いほど、ボラティリティは高くなります。 そのため、EUR/USDのようなメジャーな通貨ペアを取引する場合、人気のない通貨ペアよりもボラティリティが高くなることが予想されます。

もうひとつ、その通貨ペアを取り巻く現在の状況も考慮する必要があります。 為替相場に影響を与えるようなイベントが控えている場合、お客様が不利な方向に動くことを覚悟しなければならないかもしれませんが、ヘッジ取引を行うことで、その影響を軽減させることができます。

そしてもう一つ、ヘッジ取引を始める前に考慮すべきなのが、現在の資金です。 追加で取引を行う場合、その取引にかかる取引コストが発生します。 これらのコストは、ヘッジ取引によって償還される場合もあれば、そうでない場合もあります。 ですから、ヘッジすることで実際にお金が貯まるのか、それとも他の戦略を試した方がいいのか、お客様はよく計算する必要があります。

ヘッジを終了する方法

ヘッジを終了する方法は2つあり、最初のポジションをオープンにしておくかどうかで左右されます。

不安な時期が過ぎ、ヘッジ取引を継続することなく最初のポジションの取引を継続したい場合は、単にヘッジポジションをクローズすることも可能です。

しかし、ヘッジ戦略を完全に実行し、両方のポジションを閉じる必要がある場合は、ギャップと潜在的な損失を避けるために、同時に実行することが重要です。 もしお客様がポジションの1つを決済するのに時間がかかりすぎると、ヘッジ戦略全体に支障をきたし、潜在的な利益をすべて失ってしまうかもしれません。

まとめ

取引は、外国為替取引におけるリスク管理に有用なリスク管理戦略であることがわかります。 他の戦略と同様に、ヘッジにはメリットとデメリットがあります。 利用を決定する前に、お客様の取引スタイル、資本金、全体的な取引目標に合っているかどうかを検討する必要があります。

ヘッジについて、そしてインフレ回避のためのヘッジの使い方については、FBSアナリティクスで詳しく解説しています。

  • 578

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera