1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. レバレッジを使用した取引方法とは?
2023-03-31 ・更新

レバレッジを使用した取引方法とは?

TRFNEW-1860 Guide to Leverage Trading-1.png

レバレッジとは、借りたお金(資本)を使い、通貨、株式、証券などに投資することです。 レバレッジを利用することで、トレーダーのFX取引における自由度を高めることができます。 FXロットは大きくなる可能性があるため、レバレッジを使用すれば、1取引に全資金を投入することなく、より大きなロットの取引とより多くのポジションを開くことができます。

例を挙げて説明すると分かりやすいですね。 2000ドルの価値があるGOOGLE株を1つ買いたいけど、資本金が200ドルしかないとします。 10倍レバレッジを使った場合、200ドルが2000ドルとなり、この銘柄を購入することができます。 この場合、取引金額100%のうち、お客様が提供するのは10%のみで、残90%はブローカーが提供することになります。

レバレッジ比率とは

レバレッジ比率は、必要な投資額に対するポジション価値を表しています。 FBSは最大3000倍のレバレッジを提供します。 しかしながら、権限の範囲やアセットクラスによって異なります。

1000倍のレバレッジでは、10万ドルの取引ポジションを僅か100ドルでコントロールすることができ、市場1%のプラスの価格変動があれば1000ドル(10万ドルの1%)の利益が発生します。 レバレッジなしの場合、1%のプラスの値動きでも1ドル(100ドルの1%)の利益しか得られません。 1000倍のレバレッジの取引ポジションでは、結果として利益/損失は1000倍になります。

重要な点としては、レバレッジ比率の計算方法を理解することです。 以下の式が一般的に使われており、覚えやすいです:

L = A / M

ここで、Lはレバレッジ、Mは証拠金額、Aは取引金額となります。

しかしトレーダーにとっては、証拠金額Mの計算の方が必要になります。

M = A / L

例:

トレーダーは100 000ドル相当のEURUSDを1ロット、100倍のレバレッジで購入したいとします。

M = 100 000ドル / 100 = 1000ドル

つまり、トレーダーは1000ドルの自由証拠金を持つ必要があります。

外国為替証拠金取引の必要資金は、トレーダーが選択するレバレッジ比率、ロットサイズ、及び取引商品によって異なります。 FBSのレバレッジとそれを使用するために、必要な証拠金の例を紹介しましょう:

レバレッジ

必要証拠金

EURUSD1ロット(または€100 000)の必要証拠金

50倍

2%

2000.00ドル

100倍

1%

1000.00ドル

200倍

0.5%

500.00ドル

500倍

0.2%

200.00ドル

1000倍

0.01%

10.00ドル

2000倍

0.05%

5.00ドル

3000倍

0.03333333% または 1/30%

3.3333333ドル または 3 1/30ドル

 TRFNEW-1860 Guide to Leverage Trading-2.png

レバレッジを使用した取引リスク

実際のレバレッジは、利益や損失を同じ大きさに拡大できる可能性があります。 レバレッジが高ければ高いほど、トレーダーが負うリスクは高くなります。

この点について、例を挙げて説明していきます。 トレーダーAとトレーダーBの取引資金が1000ドルだとします。 分析後、両者はEURUSDが底を見つけ、上昇するべきだという点で意見が一致しました。 なので、EURUSDを1.00000で両建てします。

トレーダーAは、この取引で100,000ドル(1ロット)のUSD(100×1000ドル)を購入し、100倍のレバレッジを選択します。 それと同時に、トレーダーBはこの取引で10倍のレバレッジを選択し、10000ドル(0.1ロット)相当のEURUSD(10 x 1000ドル)を購入することにしました。

EURUSDのポイント価値は1ドル相当になります。

もしEURUSDが0.99500まで下落した場合、価格は500ポイントの下落となります。 この場合のトレーダーAの損失: 500ポイント×1ドル×1ロット=500ドル、または資本の50%。

それと同時のトレーダーBの損失:

500ポイント×1ドル×0.1ロット=50ドルまたは資本金の5%。 

この表は、500ポイントの損失後の、この2人のトレーダーの取引口座を比較したものです。

 

トレーダーA

トレーダーB

トレーディングキャピタル

1000ドル

1000ドル

使用した実質レバレッジ

100倍

10倍

取引合計金額

100 000ドル

10 000ドル

500点差で負けた場合

500ドル

50ドル

トレーディングキャピタルの損失%

50%

5%

トレーディングキャピタルの残存率%

50%

95%

 

また、この例では、1取引で取引資金100%を証拠金として使用するため、損失リスクが高くなります。なので、リスク管理の重要性が強調されています。

TRFNEW-1860 Guide to Leverage Trading-3.png

レバレッジド取引の長所と短所

レバレッジを使った取引の長所

増資額。レバレッジは、様々な市場に投資するための資本を増加させます。 例えば、100倍のレバレッジでは、たった1000ドルで実質的に10万ドルの取引資金をコントロールできることになります 。また、ポートフォリオの様々な取引ポジションに意味のある金額を割り当てることができることになります。

無利子ローンです。レバレッジとは、市場でより大きなポジションを取ることができるよう、ブローカーが提供する融資のことです。 しかしながら、この‘ローン’には金利や手数料などの負担はなく、取引時の使い道は自由です。

低ボラティリティに対する軽減措置。市場の価格変動は、通常ボラティリティの高周期と低周期で発生します。つまり、ボラティリティが低い時期は、価格変動が小さいので、トレーダーは特にイライラすることがあります。 ありがたいことに、レバレッジを使用した取引では、ボラティリティが低い時でも、より大きな利益を得ることができる可能性があります。

プレミアムマーケットを取引する。レバレッジは、平均的な小売業者が自己資金で取引できないような高価な商品を取引することを可能にします。

レバレッジを使った取引の短所

損失の増幅。レバレッジを使用した取引の最大のリスクは、市場が不利になった際に損失が増幅されることです。 レバレッジは、最小限の資金で済む可能性がありますが、取引結果はお客様自身がコントロールしているポジション合計サイズに基づいているため、損失が大きくなる可能性があります。

マージンコールのリスク。 ‘マージンコール’は、浮動損失が使用した証拠金を上回った場合に発生します。 レバレッジは損失を増幅させるので、高速でダイナミックな金融市場で、未決済の取引ポジションを持つ場合は、常に‘マージンコール’リスクが存在します。

レバレッジを使用して取引できる市場とは?

レバレッジを使用したFX取引

外国為替取引は、世界市場で外貨を売買するものです。 FXのレバレッジ比率は50:1程度であり、他の市場に比べて比較的高く、見方によっては利益や損失の機会が増えることを意味します。

FXトレーダーは通貨価格の僅かな変化である、ポイント単位で通貨の動きを監視しています。 これらの動きは、僅か1セント未満の端数です。 例えば、GBPUSDのような通貨ペアが1.95000から1.96000へ1000ポイント動いた時、為替レートが1セント動いただけということです。

そのため、為替取引は大きな金額で行う必要があり、この小さな値動きを大きな利益に結びつけることができるのです。 なので、外国為替市場ではレバレッジによって取引結果が拡大されます。 10万ドルといった金額を扱う場合、通貨価格が少し変化するだけで、大きな利益や損失が発生することがあります。

株式と株価指数(CFD)レバレッジ取引

差金決済取引(CFD) とは、買い手と売り手の間で交わされる契約であり、買い手は売り手に対して、現在の資産価値と契約時の価値との差額を支払わなければならないと定めているものです。 CFDは、トレーダーや投資家が原資産を所有することなく、価格の動きから利益を得ることを可能にしています。つまり、トレーダーは購入した株式の配当金を得ることはできません。 CFD契約の価値は、資産の原資産価値を考慮していません:取引の開始と終了の間の価格変化のみです。 更に、CFDの優れた点として、従来の取引よりも高レバレッジがかけられることが挙げられます。

レバレッジを使用した商品

レバレッジの使用は、株式取引よりも商品取引でより一般的です。 商品は、株式などの市場資産が、長期的に買い持ちすることが一般的であるのに対し、短期的な投資になりがちとなります。

また、24時間/平日週5日、市場が開いているため、商品は取引を行う時間がより多くあります。 株式は、主に証券取引所のある営業時間内に取引を行います。

商品取引は株式取引よりもリスクが高く、投機的であると考えられていますが、より大きな利益を得ることが可能です。

取引におけるレバレッジに関する質問

レバレッジを使用した取引は安全ですか?

レバレッジはリターンを増やす可能性がある一方、取引が上手くいかなかった場合に、潜在的なリスクと投資の損失が増える可能性があるという欠点があります。

レバレッジを使用した取引は価値がありますか?

レバレッジを使用した取引は、資金が少ない投資家でも取引力を高めることができ、投資成功時のリターンを増加させることができるので効果的です。

レバレッジを使用した取引が可能な商品は何ですか?

FBSでは、通貨、金属、エネルギー、株式、指数、そして暗号通貨をレバレッジを使用して取引することができます。 最大許容レバレッジは、口座の種類と取引銘柄によって異なります。

レバレッジを使用した取引はイスラム教ではハラールなのですか?

はい、レバレッジを使用した取引はイスラム教ではハラールです。 レバレッジとは、債券購入や投資戦略を実行するために借金をすることに他なりません。 しかしながら、トレーダーが取引プラットフォームのレバレッジを使用する投資は、シャリーアに準拠する必要があります。 レバレッジを使用した取引は、イスラム教では完全に容認されています。

まとめ

レバレッジの扱い方さえ覚えれば、怖がる必要はありません。 適切なマネジメントを行うことで、誰でもレバレッジをうまく使用することができ、利益を上げることができます。 鋭利な銘柄と同じように、レバレッジも慎重に扱わなければなりませんが、一度これを習得すれば、心配する必要はありません・

各取引に適用される実際のレバレッジが小さいと、トレーダーは、より広く妥当なストップロス注文を設定し、より高いキャピタルロスを回避することによって、より余裕を持つことができます。 高レバレッジの取引は、ロットサイズが大きいため、損失が大きくなり、不利になるとすぐに取引口座を閉じることになります。 レバレッジは、各トレーダーのニーズに応じ、柔軟にカスタマイズできることを忘れないでください。

  • 1238

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera