1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 暗号資産通貨取引計画の立て方
2023-06-23 ・更新

暗号資産通貨取引計画の立て方

cover.png

日を追うごとに、暗号資産通貨取引に参加するトレーダーが増加しています。 これは、暗号資産通貨市場が10年以上にわたって急速に拡大してきたことを考えれば、当然のことだと思います。 トレーダーは暗号資産通貨に多くの収益の可能性を見出しており、これは今、この市場が非常に人気である理由です。

しかし、長年にわたり、暗号資産通貨は、投資する上で最もリスクの高い金融商品の一つであるという評価を得てきました。 暗号市場で資金を失うトレーダーは少なくありません。 しかし、彼らの損失は暗号資産通貨特有のボラティリティに起因するものですが、これは多くのトレーダーが暗号資産通貨を取引するための準備や取引計画の遵守に失敗していることに言及する価値があります。

取引計画は、トレーダーが成功するための重要な要素です。 これなくして、長期的な収益性を実現することは不可能です。 この記事では、暗号資産通貨の取引計画が重要な理由と、自分で取引計画を立てる方法をお客様にご紹介します。

暗号資産通貨取引計画の重要性の理解

暗号資産通貨取引における取引計画の意義について掘り下げる前に、取引計画とは何かを定義しておきましょう。 取引計画とは、トレーダーが取引の収益性を最大化するためにまとめたルールのことです。 取引計画書には、タイミング、数量、利益目標など、将来の取引に必要な情報が登録されています。 すべてのトレーダーは、財務目標、リソース、好みのスタイル、熟練度に対応した独自の取引計画を作成します。

暗号資産通貨取引に関しては、取引計画を持つことが、しばしば、差し迫った損失からお客様を守る唯一の方法となります。 暗号資産通貨は高額な報酬を得られる可能性がある一方で、非常に不安定な金融商品であるため、十分な計画を持たずに取引すると、重大な結果を招く可能性があります。

取引計画を作成することは、取引体制を構築し、それを維持することにもつながります。これは、暗号資産通貨のようなストレスの高い市場での取引には特に重要です。 取引計画は、お客様が迷ったり、感情的になって合理的な判断ができなくなったりしたときに指針となるもので、過去の取引を記録して分析し、将来の参考にすることができます。

暗号資産通貨取引計画がなぜ重要なのかが分かったところで、次はその作り方を学びましょう。

1991-01.png

ステップ1:取引の目的と目標を定める

暗号資産通貨取引計画を立てるためにまず必要なことは、お客様の目標を決めることです。 このステップは、トレーダーによっては冗長に思えるかもしれませんが、経験の浅いトレーダーは、一刻も早くお金を稼ごうとするあまり、完全に飛ばしてしまうことがあります。 しかし、明確な目標がないと、取引を終了するタイミングを判断することができず、せっかくの出口を逃してしまうことがあります。

ですから、取引計画に取り組む前に、お客様が取引によって何を得たいのかを考えてみてください。 お客様は、より利回りの高い長期取引を重視されますか? それともお客様は、より低額でより頻繁な報酬が得られるデイトレードに専念されますか? お客様はリスクの低い金融商品を好まれますか、それとも高いリスクに耐える覚悟がありますか? 週次、月次、年次の利益の見込みは?

これらの質問はすべて、あなたの取引計画全体があなたの回答によって左右されるため、慎重に検討する必要があります。

ステップ2:ファンダメンタル分析とテクニカル分析を使い分ける

取引は、潜在的な取引機会を求めて市場を分析することによってのみ可能です。 現在の市場環境について重要な情報を得るために、さまざまな情報源、ツール、指標が存在します。 これらすべてを同時に使うことは不要ですが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析の一般的な原則は知っておく必要があります。

ファンダメンタルズ分析は、市場の動きに影響を与える根本的な要因を研究するものです。 暗号取引については、ブロックチェーンの指標、賭けられた暗号の量、ハッシュレートなどがその要因です。 この情報を分析することで、暗号資産通貨の価値を判断し、割安か割高かを調べ、取引するかどうかを判断することができます。

テクニカル分析というと、価格チャートで現在の値動きを調べ、過去の市場データと比較することです。 テクニカル分析の基本原則のひとつに、「歴史は繰り返す」というものがあります。 つまり、これまでの値動きの記録の蓄積をもとに、市場の動きを予測することができるのです。

テクニカル分析に基づく指標には、ボリューム指標、トレンド指標モメンタム指標、サポート/レジスタンス指標など、さまざまなパラメータを測定するものがあります。 お客様は、取引計画のための包括的なデータを収集するために、これらの指標をどのように使用するかを知っておく必要があります。

ステップ3:取引する暗号資産通貨の選択とポジションサイズの決定

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の使い方を理解したら、取引したい暗号資産通貨を選びます。 暗号資産通貨取引には、大きく分けて2つのポイントがあります。

  1. 市場動向。 値動きの方向に関するお客様の好みが、どの資産を取引すべきかを決定します。 お客様は、ブルとベア、どちらがお好きですか? そして、忘れてはならないのが、トレンドの強さです。 トレンドが強いのか弱いのか、継続するのか反転するのか、取引計画を立てる際に考慮する必要があります。
  2. ボラティリティ。 暗号資産通貨はボラティリティで有名です。 暗号資産通貨のボラティリティが高いかどうかを知ることで、その通貨を取引した場合に成功する可能性をより理解することができます。

お客様が決断された後、取引規模を決める必要があります。 初心者のトレーダーが犯しやすい重大な過ちのひとつに、口座の全額を1回の取引で引き出してしまうことが挙げられます。 これは、ポジションの大きさをあらかじめ決めておくことが重要なのです。 そうすることで、お客様は大きなポジションを持ち、リスクを高めたいという衝動に駆られることが少なくなります。

ステップ4:エントリーポイントとエグジットポイントの設定

次のステップは、暗号資産通貨取引のエントリーポイントとエグジットポイントを計算することです。 これは、価格チャートを研究してチャンスを見つける必要があるため、テクニカル分析のスキルが役に立つでしょう。 しかし、取引に入ることを決める前に、その取引から出る出口があることを確認する必要があります。 出口が見えないと、いつやめるかわかりません。

お客様が開運の可能性を感じたら、利益目標を置くためのレベルを探します。 お客様は、末尾が丸数字(90ドルなど)、または丸数字のパーセント(10%など)で増加した価格レベルを選択することができます。 一番大切なのは、理性的でいることです。 出口を高く設定しすぎると、到達できずに他の機会を逃してしまう危険性があります。

エントリーに関しては、チャート上でエントリーシグナルを探す必要があります。 お客様が見つけて、出口の可能性が見えたら、やっとポジションを開くことができます。 しかし、エントリーポイントにあまり多くの制限やルールを設けると、良い取引の機会を奪うことになりかねません。

ステップ5:リスクマネジメント戦略の策定

取引計画で最も重要なのは、リスクマネジメント戦略の策定であることは間違いありません。 暗号資産通貨のボラティリティの高さを考えると、リスクマネジメントを徹底することが成功の鍵になることが多いです。

リスクマネジメントでは、まずお客様の取引資金を決める必要があります。 お客様の資金をどの程度リスクにさらしますか? 一般的に、特に暗号取引に関しては、1回の取引で資金の5%以上のリスクを取らないようにというアドバイスを耳にします。

次に、ストップロス注文を出すことです。 これらの注文は、価格が一定の水準に達した時点でポジションを閉じることができます。 このため、取引で利益を得られなくても、ストップロス注文で損失の可能性に上限を設けることができるため、お客様も大きな損失を被ることはないでしょう。 また、利食い注文や指値注文は、自動的に取引を終了させるので、出口を計画する際に利用するとよいでしょう。

ステップ6:取引プランの実施とモニタリング

最初の準備を終えたら、いよいよ取引計画を実行に移します。 最初は、実際の取引で使えるかどうか、小さな取引でテストしてみるのがよいでしょう。 問題がなければ、より大きな取引に利用できます。

取引計画では、お客様自身が決めたルールを守ることが重要です。 暗号資産通貨取引はストレスが多く、不安定な市場に対処する際に冷静さを保つことが難しい場合があります。 取引計画は、このような状況でお客様をアンカリングし、目標に集中させるのに役立ちます。 ただし、これは感情に惑わされることなく、それに従えばの話です

これは、お客様から注文を受け、自動的にポジションを決済する場合でも、自分の取引と取引計画を監視することが重要です。 暗号取引はボラティリティが高く、価格の跳ね上がりはむしろ極端で、注文をトリガーせずに迂回することもあります。 だから、すべてが計画通りに進むように、取引に立ち会うことです。

ステップ7:必要に応じてプランを評価・調整する

これは100%完璧なものなんてないんです。 これは、お客様が最初に立てた取引プランに、どこか物足りなさを感じるのは当然です。 いつでも調整したり、完全に削ったりして、新しい企画を作ることができます。 お客様に選んでいただくのは、ご自身の取引プランが利益をもたらしているかどうかということのみです。 取引記録を残すことは、計画の効率性を分析するための優れた方法です。 お客様が向上心を持ち、スキルアップを続ける限り、成功するトレーダーになるチャンスは大いにあるのです。

結論:包括的な暗号資産通貨取引プランの利点

暗号資産通貨取引は、高い利益を得ることができますが、取引に注意しなければ、お客様を負債に陥れることにもなります。 暗号資産通貨取引計画を持つことは、お客様の取引スキルの向上、情報に基づいた意思決定の方法の習得、取引の秩序と利益の安定、予測不可能な市場の動きへの対処方法の習得に役立ちます。 お客様が取引機会を最大限に生かすためには、取引計画の策定を先延ばしにしてはいけません。

  • 375

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera