1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 最も重要な15種類の株価チャートパターン
2023-04-18 ・更新

最も重要な15種類の株価チャートパターン

cover.png

お客様が株式の取引をされる際、テクニカル分析を利用することで、市場の変化を把握することができます。 チャートのパターンは、お客様がテクニカル分析の一環として使えるものです。 価格チャート上に模様があり、市場が動く可能性のある方向と、お客様が取引を開始・終了できる可能性のある場所を示しています。

今回は、チャートパターンとは一体何なのか、どのように取引に活用できるのか、そして、お客様の取引に役立つ最も重要な15の株価チャートパターンについてお伝えします。

チャートパターンとは?

チャートパターンとは、価格変動をチャート上の一連のトレンドラインやカーブで表現したグラフのことです。 もちろん、市場で起こるすべての上昇や下落が、何らかのパターンの一部であるわけではありません。 しかし、もし価格が特定の市場イベントの前に過去に観察された方法で動くなら、この新しいフォーメーションが同じイベントの後に続く可能性が非常に高いのです。

チャートパターンの仕組みは?

チャートパターンは、市場が周期的に変化すると考えられているため、将来のトレンドの方向を予測する方法として普及しました。 しかし、株価チャートのパターンはテクニカル分析の一部であるため、その正当性は「投資家の行動は時間と共に繰り返される傾向がある」という考えに基づいています。

株価は勝手に動くものではありません。 むしろ、先人たちと同じ感情や野心に駆られた実在の人物たちが下した決断の反映なのです。 株価チャートは、楽観や悲観など、こうした感情を表現する役割を担っています。 つまり、価格が明らかに馴染みのあるパターンを形成している場合、取引者は以前の他の人と同じ取引判断を下すことになるかもしれないということです。

1.png

お客様がチャートパターンを分析すべき理由

パターンは、値動きの方向性を予測する上では100%信頼できるものではありませんが、それ以外にもさまざまな使い方ができます。 チャートは市場内の需要と供給の変化を表し、トレーダーがある銘柄を売りたいより買いたい、あるいはその逆であることを示します。

市場が一定のパターンで動くと、予測がしやすくなります。 支持線と抵抗線、ブレイクアウトポイント、エントリーストップ、潜在的なリトレースメントなどは、トレーダーが1つのチャートパターンから検出できるものの1つです。 そのため、トレンドがお客様の予想と違う方向に進んでしまったとしても、取引を損失から守るための情報を十分に得ることができます。

チャートパターンの種類

チャートパターンには様々な種類がありますが、そのどれもが3つのグループに分けられます:

  • 継続パターン継続パターンは、パターンが終了した後も現在のトレンドが継続することを示します。 これらのパターンは一般的に、短期的な統合の期間として株式チャートに現れます。 トレンドの一時的な中断を示すもので、通常、値動きの方向転換をもたらすものではありません。
  • 反転パターン反転パターンは、現在のトレンドが終わりに近づき、値動きの方向が反転する可能性があることを示します。
  • バイラテラル・パターン。 両極端なパターンは、市場にかなりの優柔不断さがあることを示し、価格はどちらの方向にも動く可能性があることを示しています。 このようなパターンは両建てに使えるので、トレーダーはパターンのブレイクアウトを待って勝ち組に入るべきです。

最も重要なチャートの種類

取引中に使用するチャートには多くの種類がありますが、中でも重要なのはラインチャート、バーチャート、ローソク足チャートです。

ラインチャートは、各終値の間に描画することで、一定の時間枠における市場価格の全般的な動きを示します。 終値の変化や現在のトレンドがわかるので、価格変動の全体像を把握することができます。

バーチャートは、始値や終値、高値や安値の分析に使用します。 各バーには、最低取引価格(バーの下部)、最高支払価格(バーの上部)、取引範囲(バーの本体)、始値(左の横線)、終値(右の横線)が表示されます。 バーの長さによって、トレーダーは市場が変動しているか、安定しているかを確認することができます。

キャンドルスティック・チャートは、バー・チャートのバリエーションと呼ばれることもあります。 ローソク足チャートは棒グラフとほぼ同じ情報を表示しますが、より読みやすくなっています。 2種類のチャートの主な違いは、ローソク足の本体が始値と終値の間の幅を描いていることです。 ローソク足には色の違いもあり、通貨が始値より安く引けた場合、ローソク足の本体は赤色になり、緑色は終値が始値より高かったことを示します。 これは、現在の市場が買い手と売り手のどちらに支配されているかをトレーダーが確認し、現在のトレンドを特定するのに役立つ可視化です。 今回は、キャンドルスティックのチャートパターンについて説明します。

お客様が知っておくべき株価チャートパターン15選

アセンディング・トライアングル

最初にご紹介すチャートパターンは、アセンディング・トライアングルです。 これは、狭いレンジの中で揺れ始めたときに形成される強気の継続パターンです。 アセンディング・トライアングルの上(抵抗線)は水平で、安値は下(支持線)を作り、抵抗線に向かって登っていくものです。 そして、最終的に価格がレジスタンスラインを突破してパターンが確定するまで上昇を維持し、上昇を継続します。

ディセンディング・トライアングル

ディセンディング・トライアングルは、下降する抵抗線と水平な支持線の間を株価が動き始めると出現する弱気の継続パターンです。 レジスタンスラインとサポートラインが合流するとブレイクアウトとなり、さらに下降して下降トレンドが継続します。

シンメトリカル・トライアングル

トライアングル・チャート・パターンの最後、シンメトリカル・トライアングルは、上昇する支持線と下降する抵抗線によって形成されています。 価格は、線が互いに交差するまで、継続的に狭まる範囲内で両方の線から跳ね返されます。 ブレイクアウト後の相場は、買い手も売り手も同等の影響力を持つため、一概にどこまで行くとは言い切れません。 これは、シンメトリカル・トライアングルが両建てパターンと言われる所以です。 トレーダー向けには、ラインの上下に2つのストップエントリー注文を置くことをお勧めします。

1139-triangles.png

フラッグ

フラッグパターンは、低リスクの投資や迅速な利益と関連付けられることが多いです。 強いトレンドの途中で発生することもある継続パターンです。 フラッグパターンは、トレンドが短期間の整理期に入ったときに形成され、強気と弱気の両方があります。 突然、ほぼ垂直に急騰または急落した後(いわゆる‘フラッグポール’)、価格は変動し始め、少し傾いた長方形のような狭い範囲内で以前の動きを取り戻します。 しばらくすると、価格はラインの1つを破り、急速に勢いを増しながら前の方向に移動し続けます。

1139-flags.png

ペナント

ペナントパターンは、フラッグパターンやシンメトリカル・トライアングルとよく似ており、継続パターンでもありますが、両者とは全く異なります。 フラッグパターンと同様に、一方向に急激に動いた後、価格が整理期に入る場合にも発生します(‘フラッグポール’)。 しかし、ペナントの胴体は平行ではなく、2本の線が収束して形成されているため、シンメトリカル・トライアングルのように見えるのです。 しかし、三角形のパターンは、不安定な市場で現れるように、‘フラッグポール’が先行するものではありません。 一方、ペナントは、強いトレンドの中で発生するものです。 ラインが収束した後、価格はブレイクアウトし、ほとんどの場合、メイントレンドの方向に動き続けます。

1139-pennants.png

ダブルトップ

ダブルトップは、中・長期的な下降反転の前に発生する弱気パターンです。 ダブルトップは、2つの高値と1つの安値で構成され、“M”の文字に似ています。 それは、価格が順調に上昇した後、ベアからの何らかの抵抗によって後退したときに始まります。 その後、再び上昇しますが、前回の高値の水準に達すると、再び急降下します。 ネックラインを越えるとパターンが確定したとみなされ、トレンドは強気から弱気に反転します。

ダブルボトム

ダブルボトムは、下降トレンドの後に発生するため、ダブルトップとは逆で、一般的には上昇トレンドへの反転を知らせるものです。 ダブルボトムは“W”のように見え、長期の下落の後に少し上昇し、その後下降するがサポートラインに跳ね返されて上昇を始め、ネックラインを突破したときに形成されます。 これは、長期的な強気トレードを開始するための最良の機会を特定するために、トレーダーがよく使用するパターンです。

トリプルボトム

トリプルボトムは、長期の下降トレンドの後に発生する強気な反転パターンです。 これは、3つの連続した、しかし間隔を空けた安値で構成され、それぞれが同じ価格水準またはその近くに位置しています。 トリプルボトムは、買い手の努力にもかかわらず、売り手が簡単にはポジションを手放さないことを示します。 しかし、3回目の安値の後は、通常、買い手に降伏し、ネックラインを突破して価格が上昇に転じるのを待つことになります。 これは、希少でありながら、最強の信頼性を誇るパターンの一つです。 ですから、もしお客様がチャートでそれを確認することができたなら、ぜひそれを最大限に活用してください。

1139-bottoms.png

ウェッジ

ウェッジパターンは、価格が継続的に狭まる範囲を形成する2本の収束したトレンドラインの間で動き始めるときに発生します。 このパターンは、パターン自体のバリエーションによって、強気にも弱気にもなります。

  • 下降ウェッジは強気パターンとされ、下降トレンドの後にも上昇トレンドの後にも発生し、反転または継続シグナルとして機能します。 下降ウェッジは、頂点で最も広く見え、価格が下降するにつれて狭くなり続けます。 売り手の圧力が収まると、買い手は価格の下落を遅らせるチャンスを得て、価格が抵抗線を突破し、上昇トレンドを継続することになります。
  • 上昇ウェッジは、下降ウェッジの反対です。 一般に弱気のパターンであり、パターンが発生する前に市場がどのような動きをしていたかによって、トレンドの継続または反転を知らせることができます。 2本の収束したトレンドラインで構成され、価格は統合期間内で上向きに推移しています。 買い手が弱くなり、売り手がサポートラインを突破し、新たな(あるいは以前の)下降トレンドが形成されます。

1139-wedges.png

ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーパターンは通常、上昇トレンドの終盤に発生し、下降トレンドへの反転に先行して発生します。 3つのブランコで構成され、外側の2つは真ん中のブランコより小さく、ほぼ同じ高さに横たわっています。 最後の下げはネックライン(パターンの底を結ぶ線)を突破する傾向があり、トレーダー向けに株を売るシグナルを出します。

1139-h-and-sh.png

逆ヘッドアンドショルダー

これは先ほどと逆のパターンです。 弱気トレンドの中で形成され、上昇トレンドへの反転のシグナルとなります。 逆ヘッドアンドショルダーは、3つの谷があり、真ん中の谷が最も低い谷となります。 これはヘッドアンドショルダーと同様に取引されるパターンですが、上昇トレンドの前に出現するため、トレーダーは価格がネックラインを割ったらすぐに株を買うことが必要です。

カップアンドハンドル

カップアンドハンドルパターンは強気なパターンです。 一般的に上昇トレンドの中で発生し、トレーダーがロングをする機会を見つけるために使用されます。 このパターンは、“U”の後に、カップのハンドルに似たわずかな下落が続くように見えます。 ハンドルはフラッグパターンやペナントパターンに似ていますが、価格はすぐに抵抗線を突破し、上昇トレンドはすぐに再び勢いを増します。

1139-cup.png

ギャップ

ギャップとは、ボラティリティの高い相場で発生するチャート上の空白のことです。 これは市場が異常なまでに買いたい、売りたいという欲求に駆られたときに現れます。 これは、市場が夜間休場しているときでも取引されることにつながる興味です。 その結果、翌日の株価の始値は前日の終値と大きく異なることになります。 トレーダーは、翌日にギャップが発生することを期待して株を買ったり、ギャップが既に発生した後に株を空売りしたりして、ギャップを利用する傾向があります。

1139-gap.png

バンプ&ラン

バンプ&ランは、強気相場でも弱気相場でも起こりうる珍しい反転パターンです。 バンプ&ランは、価格がトレンドラインからメイントレンドの方向に急旋回した後、その動きを戻し、最後に前のトレンドラインを突破して、新しいトレンドが発生する場合に起こります。 これは通常、大きな時間軸で見られるが、日中チャートでも時折模様が現れることがあります。

1139-bump-and-run.png

プライスチャネル

プライスチャネルは、両側性のパターンであり、上昇トレンドと下降トレンドの両方で発生する可能性があります。 プライスチャネルは、価格が限られた範囲内で揺れ始めると形成されます。 スイングは、互いに平行に走るレジスタンスラインとサポートラインに跳ね返されます。 価格は、上方、下方、または横方向に動くことがあります。

1139-channel.png

チャートのパターンを認識する方法とは?

株価チャートのパターンを特定する最も一般的な方法の一つは、トレンドラインを引いて、価格がその方向から乖離しているかどうかを見ることです。 限られた範囲内で価格が変動している場合、高値と安値を通るラインをチャート化することで、パターンが形成されているかどうかをより明確に確認することができます。 最初は難しく感じるかもしれませんが、練習を重ねるうちに、株価チャートのパターンをよりよく認識できるようになります。 お客様の取引プラットフォームには、新しい取引機会を素早く発見するのに役立つ様々なパターンスクリーナーが用意されている場合もあります。

結論

株価チャートのパターンは、何十年もの間、トレーダー向けに使用されてきました。 正しく認識できれば、異なるトレンドの始まりを確認することができ、トレーダーが新しい取引機会を見出すのに役立ちます。 上記で紹介した15種類の株価チャートパターンは、市場の仕組みに対する理解を深め、トレンドの反転や値動きの方向性の変化を正確に予測できるようになります。

  • 1989

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera