なぜオイルのラリーは危険なのか?

なぜオイルのラリーは危険なのか?

2022-06-24 ・更新

そう、今、原油価格が燃えています。その結果、世界的にインフレが熱くなっています。 しかし、原油の強気な勢いは脅かされています。 以下に、コモディティ需要を冷え込ませる可能性のある要因を列挙します。

1. 中国におけるロックダウン

北京が今月初めから世界的なビジネスの中心地である上海のような完全な封鎖を避けるために、一部の公共の場を閉鎖し、集団検査を強化したため、原油価格の下落は25日から加速しています。 今回の操業停止により、工場やサプライチェーンが混乱し、世界第2位の経済大国である中国において、過去2年間で最悪の発生となった経済成長への懸念が高まっています。 中国は世界最大の石油輸入国であるため、これは石油需要の減速につながります。 このロックダウンは、4月の中国の石油需要を日量110万バレル減少させる可能性が高いです。 

2. 供給はまだここにあります。

第3四半期に予想される石油不足は、石油需要の伸びが低下し、世界経済の成長が弱まる中で、OPECの増産によって埋めることができ、少額にとどまると思われます。 しかも、市場は完全に赤字というわけではなく、4月には若干の黒字を計上する可能性すらあります。 第3四半期以降は、中国の需要減退が一時的なものと見込まれるため、需給のバランスはより困難になると思われます。 一方、ロシアの原油生産の落ち込みは、より長く続きます。

3. 日中の取引レンジを下げる

エネルギー市場のボラティリティは依然として高いものの、日中の取引レンジも下向きになっており、低下する兆しが見られます。 ブレント原油は、ロシアのウクライナ侵攻以来、第3波の後期に入っているようです。 取引波の振幅が減少しています。 第1波のレンジは43ドル/バレル、第2波は23ドル/バレル、第3波は14ドル/バレルでした。

4. インフレはエネルギー価格を落ち着かせます。

インフレが世界経済の成長を阻害し続ける中、市場はエネルギー価格の上昇やロシア・ウクライナ戦争による景気後退の可能性を懸念しています。 戦争とインフレの進行で石油の需要は壊滅します。 個人消費が減少し、生産と需要が減速すれば、エネルギー価格は下落します。 IMFは世界経済の成長率見通しをほぼ1%ポイント引き下げました。

上記のような要素を忘れずに、状況を見守ることが必要です。 しかし、強気の勢いを脅かすことはあっても止めることはできません。こうした様々なシグナルにもかかわらず、一般的には、原油と天然ガスに対して強気派が依然として優勢です。

ログイン

同様

最新ニュース

多種多様な支払い手段をご利用可能です

絶好調

データ収集通知

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera