Polygon

ポリゴン(MATIC)

ポリゴン(MATIC)とは何か?

以前MaticNetworkと呼ばれていたポリゴンは、イーサリアムの第2層ソリューションアグリゲーターです。 ポリゴンは、セキュリティを犠牲にすることなく、イーサリアムをより速く安くするための様々な方法をまとめています。 MATICUSDは、様々なブロックチェーンが相互作用しており、コインの使いやすさを拡張するためのインフラを提供しています。

現在ポリゴンに基づき、100万を超えるアドレスが作成され、1日あたりのトランザクション数が8000万を超えています。 50を超えるデジタル資産—MATIC、Tether USD(USDT)、USD Coin(USDC)、Quickswap(QUICK)、Dai Stablecoin(DAI)、Chain Games(CHAIN)—は、独自のPoSブロックチェーンに基づき識別されています。

ポリゴンはどのように機能するか

ポリゴンは、訂正されたプルーフ・オブ・ステークコンセンサスメカニズムを使用して、各ブロックでコンセンサスに到達できるようにします。 プルーフ・オブ・ステーク式では、ネットワークの参加者がポリゴンネットワークトランザクションをテストする権利と引き換えに、MATIC取引又は販売しないことに同意する必要があります。 彼らは、これらのトランザクションを検証する上で役立つ、validatorsを使用します。 ポリゴンネットワークで成功したvalidatorsには、MATICが付与されます。

ポリゴンネットワークは2つ目のリスケーリングソリューションとして、イーサリアムプラットフォーム制限、つまり高トランザクション料金と遅いトランザクション処理速度を取り除くということを目的としています。 ポリゴンは既存ブロックチェーンネットワークを展開し、独自ブロックチェーンを開発して、イーサリアムと他ブロックチェーン間の接続を提供し、既存ブロックチェーンネットワークがイーサリアムと互換性を持つのに役立ちます。

現在、プラットフォームは7,000を超えるブロックチェーンベースのプロジェクトをサポートしています。

ポリゴンは何が特別なのか?

ポリゴンは、開発者がスーパースケーラブル(super-scalable)で高性能なブロックチェーンと分散型アプリケーション(DApp)を構築するために使うことのできる一連ツールを開発者へ提供することによって、元MaticNetworkプロジェクトを大幅に拡張することができます。

EVMをサポートして、接続されたチェーンがセキュリティ観点から独立したままでありながら、相互運用性とイーサリアムメインチェーンの両方との相互運用性を保証することのできる唯一のスケーリングソリューションであることは、市場にとってユニークです。

他プラットフォームとは異なって、ポリゴンのエコシステムチェーンは、セキュリティレイヤーを独自サービスレイヤーとして使用する必要はありません。しかしながら、組み込みランダムメッセージ機能のおかげで、相互にメッセージを交換する事ができます。 これによって開発者は、あらゆる規模で複数チェーンの固有プロパティを活用でき、用途の広いDappを構築する事ができます。

ポリゴンでの開発は、イーサリアムでの開発ととても似ているので、このプラットフォームは世界最大ブロックチェーン開発者のコミュニティですぐに利用する事ができます。 今となっては妥協することなく、イーサリアムネットワークを最大限に活用できる拡張性の高いアプリケーションを構築することができます。

以前言ったように、ポリゴンはプロジェクトが必要に応じ、使用できる幾つか異なるスケーリングメカニズムをサポートしているので、珍しいものとなります。 このような戦略では、1つのスケーリングソリューションが優勢だったり、その逆が排除されても、ポリゴンが勝ちます。

ポリゴンのデメリット

ポリゴンには、主な欠点が2つのあります。 まず、それはスタンドアロンのブロックチェーンではありません。 ポリゴンは、イーサリアムプラットフォームで実行されるレイヤー2ソリューションです。 イーサリアムプラットフォームで大混乱があったり、存在が無くなったりすると、ポリゴンはその価値を失う可能性があります。 次に、MATICのユースケースは限られているという事です。 MATICトークンは、ポリゴンプラットフォームを管理及び保護して、取引手数料を支払うよう設計されています。 一部デジタル通貨とは異なって、通常MATICは日常の購入では使用されません。

MATICコインの価値はいくらでしょうか?

ポリゴン(MATIC)トークンは、ほとんど0.05ドル未満で取引されています。 ある時点では、MATIC価格は大幅に上昇しましたが、3.00ドルを下回ったままでした。 2022年2月18日時点で、MATICは約1.60ドルで取引されています。

ポリゴン(MATIC)の未来

現在、多くのプロジェクトがMatic PoSチェーンに移行、又は監視中となっています。 それらは、Decentral Games、SportX、Easyfi、Neon District、1inch Network、Quickswap、Uniswap、SushiSwap、Aavegotchi、Polymarket、Polkamarkets、及びSuperfarmです。 ポリゴンのサポート追加は、The GraphとChainlinkにより計画されています。 このプロジェクトは、Atariビデオゲーム業界のプレーヤーが関与しているパートナーシップも発表しました。

2021年5月にポリゴンは、ビリオネアのMark Cuban氏をサポートする企業リスト、Mark Cuban Companiesへ参入しました。 投資額は非公開となっています。

2021年にポリゴンは、Polygon Studiosを立ち上げました。これは、ブロックチェーンゲームと非代替性トークン(NFT)に焦点を当てたポリゴンの子会社となります。 もし成功すると、Polygon Studiosは、ポリゴンを分散型ゲーム及びNFTの主要テクノロジープロバイダーにすることができます。

戻ります

2022-03-24 ・更新

よくあるご質問

  • FBSで稼いだお金を引き出す方法

    手続きはとても簡単です。 ウェブサイト上の出金ページ、またはFBS個人エリアの財務セクションにアクセスし、出金を選択します。入金に使用したのと同じ支払いシステムで、稼いだお金を引き出すことができます。様々な方法で口座に入金した場合、入金額と同じ比率で同じ方法で利益を引き出してください。

  • 口座の開設方法

    弊社ウェブサイトの右上にある口座開設 ボタンをクリックして、FBS個人エリアに進んでください。取引を開始される前にプロフィール確認を行ってください。次はEメールと電話番号を登録し、ご本人確認を行って頂きます。こちらの手順はお客様の資金の安全性と個人情報保護を保証します。全ての確認が済み次第、お好みの取引プラットフォームへ進んで取引を開始できます。 

  • 取引を始める方法

    18歳以上であれば、FBSに登録をして外国為替を始めることができます。取引するためには、証券取引口座と市場においてのアセットについての知識が必要です。  無料の教材を通して基礎を学んでからFBS口座の作成し、取引を始めましょう。デモ口座を利用して仮想のお金で取引試すこともできます。準備ができ次第、実際の市場に参入して取引で成功しましょう。  

  • レベルアップボーナスを有効にするには?

    FBS個人エリアのウェブ版、又はモバイル版でレベルアップボーナス口座を開き、最大140ドルのボーナスを無料で獲得できます。

各国の決済システムで入金可能

団結力を感じよう

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera