Pivot Point

ピボット・ポイント

ピボットポイントはテクニカル指標であり、ピボットライン(中央線)、2つのサポートライン(S1とS2)、2つのレジスタンスライン(R1とR2)で構成されています。

ピボットポイントは、ピボットポイントの計算に基づいて、市場のトレンドと主要なレジスタンスラインとサポートライン を決めることができます。ピボットラインの上方の価格はブルの強さを示し、ピボットラインの下方の価格はベアの強さを示します。そして、S1、S2、R1、R2はテイクプロフィット または ストップロス のレベルとして使用できます。

ピボットポイントは自動的にレベルを計算します。しかし、計算式に興味があれば、以下をチェックしてください。

過去の高値と安値を考慮するから、毎日、毎週、毎月、フィボナッチのピボットがあることを知っておくべきです。高値と安値が期間に応じて考慮されます。

取引セッションの開始時に、前回の高値、安値、終値が選択された期間のピボットポイントを計算するために使用されます。次に、高値、安値、終値を合計して3で割ることです。これはピボットラインの値です。その後、サポート1、サポート2、レジスタンス1、レジスタンス2を計算できます。

サポート1(S1)=(PP x 2)–前日高値

サポート2(S2) = PP–(前日高値–前日安値)

レジスタンス1(R1) = (PP x 2)–前日安値

レジスタンス1(R1) = (PP x 2)–前日安値

これは5ポイントシステムとして知られています。

通常、M30とより短期で取引するために、日足ベースのピボットを使用します。そのため、前日の高値、安値、終値を使います。値は毎日更新されます。

毎週のピボットポイントは、H1、H4、D1のチャートでの取引に使用されます。これらのレベルを計算するために、前週の高値、安値、終値が必要です。次週が始まるまでは値が変更されません。

同様に、毎月のピボットは週足チャートでの取引におすすめします。

ピボットポイントの指標は、先物取引、商品取引、株式取引、通貨ペアの取引で広く使用されています。オシリエーター系 とは異なり、これらのレベルは静的であり、トレーダーに事前に取引決定をするための時間を与えます。

ピボットポイントは、フィボナッチ・リトレースメント や移動平均線など、他の指標と組み合わせて使用することもできます。

戻ります

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera