1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. マージンコール: これは何なのか、どうすれば避けることができるのか
2023-06-08 ・更新

マージンコール: これは何なのか、どうすれば避けることができるのか

cover.png

お客様は、トレーダーにとって不愉快な驚きであるマージンコールについて聞いたことがあるのではないでしょうか。 そして、お客様には、それがどれほどお金にならないかも知らないでいてほしいのです。

マージンコールとは、ブローカーがトレーダーに対して、証拠金口座の値をブローカーが設定した最低残高まで引き上げるよう要求することです。 残念ながら、信用取引をしている人の中には、そのリスクについて全く理解していない人もいます。

しかし、マージンコールという不吉な響きがあっても、それを恐れて、飢えたトレーダーがポートフォリオにレバレッジをかけることを止めませんでした。 これは、トレーダー向け口座のトラブルを引き起こすこの言葉を単純化し、マージンコールとは何か、どうすれば回避できるかを考えてみます。 備えあれば憂いなしですからね。

要点

  • マージンコールは、トレーダーの口座の価値がブローカーの要求する証拠金維持レベル下回った時に発生します。
  • 取引口座に十分な資金がない状態で高レバレッジの取引を行うことで、マージンコールを引き起こす可能性があります。
  • マージンコールは通常、市場のボラティリティが高い時や予期せぬ市場の動きがある時に起こります。
  • マージンコールに対応するために、トレーダーはより多くの資金を入金するか、いくつかのポジションを決済することができます。
  • 取引者は、必要証拠金を理解し、ストップロス注文を使用し、ポジションを縮小し、取引戦略を明確に理解することで、マージンコールを避けることができます。

マージンコールとは

マージンコールとは、トレーダーの間で人気のある、購買力を高めて大きな取引をするための方法である証拠金取引のことを指します。 信用取引口座を開設することで、自己資金を使い、証券会社から資金を借りて特定の商品を取引する「信用取引」が可能になります。 信用取引は大きな利益をもたらすと同時に、大きな損失を拡大させることもあります。

「マージンを使うのは、マーケットが予想通りに動いたときで、マージンコールはひどいものだ」

マージンコールとは、証拠金口座で保有している商品の価値が下がったことを示すもので、トレーダーが注意しなければならない固有のリスクです。 簡単に言うと、マージンコールは、トレーダーの口座の価値がブローカーによって設定された必要なマージン維持レベルを下回ったときに発生します。

これは、どの証券会社でも、信用取引中にトレーダーが満たさなければならない最低維持条件があります。 証券会社によっては最低維持率が高く、30 – 40%も要求されるところもあります。 FBSでは、トレーダー向けに最も利便性の高い条件を提供するため、最低証拠金の40%を要求しています。

マージンコールを誘発する要因

マージンコールは様々な要因で引き起こされますが、最も一般的な理由は、高いレバレッジで取引し、口座の資金が不足している場合です。 トレーダーがレバレッジを使用する場合、実際にはブローカーからお金を借りて大きなポジションを持つことになります。

しかし、レバレッジは、市場のボラティリティが高いとき、経済の不確実性が高いとき、または価格が急激に変化したときに、トレーダーにとって不利に働き、決定的な損失を出して、口座の価値を急速に低下させることがあります。

また、間違った不十分な取引戦略がマージンコールを誘発することもあります。

マージンコールが発生した場合

マージンコールは通常、市場のボラティリティが高い時や、急激な値動きの時に発生します。 ニュース、イベント、経済報道などの要因で、市場が急に動くことがあります。 しかし、マージンコールはいつでも発生する可能性があります。

高レバレッジを使用し、損失をカバーするための十分な資金がないトレーダーは、不安定な市場の時間帯にマージンコールを受ける可能性が高くなります。

マージンコールに対応する方法

トレーダーはマージンコールを受けた場合、直ちに対応する必要がありますが、指定された期日(一般的に2~5日程度)までに対応する必要があります。

マージンコールに対応するために、トレーダーには2つの選択肢があります。

  1. 口座に追加資金を入金する。 より多くのお金を入金することで、口座の価値を高め、必要な証拠金維持水準を上回るようにすることができます。
  2. いくつかのポジションをクローズする。 一部の注文を決済することで、全体のリスクを軽減し、さらなる損失を防ぐことができます。

マージンコールが発生した場合、トレーダーは追加資金を入金するか、口座で開いたポジションの一部を決済するかのどちらかを選択しなければなりません。 そうでない場合、ブローカーはあなたの残高をコンプライアンスに戻すのに十分なポジションを、時には予告なしに決済することができます。

マージンコールを受けたトレーダーは、ブローカーに連絡して、期日と可能な解決策を確認することができます。 また、FBSは24時間365日、多言語対応のカスタマーサポートで、お客様のご質問にお答えしています。

frame.png

マージンコールを回避する方法

信用取引の概念やマージンコールの仕組みを理解していないと、口座が噴火するようなショックを経験することになるでしょう。

しかし、トレーダーはこの有害な出来事を防ぐことができます。 ここでは、マージンコールを回避するためのポイントをご紹介します。

  • 明確に理解した上で取引する。

信用取引をする前に、お客様が本当に信用取引を必要としているのか、よく考えてみてください。 お客様には、信用取引、ボラティリティ、取引戦略の意味を理解していただき、リスクマネジメントの手法を適用することで、コストのかかる失敗を減らしていただきたいと思います。

  • お客様が注文する前に、必要な証拠金について学ぶ。

すべての詳細を知ることで、お客様は適切なレバレッジを選択し、取引をカバーするために十分な資金を確保することができます。 さらに、定期的に注文と証拠金残高を監視しましょう。

  • ストップロス注文やトレーリングストップを利用する。

このような注文は、お客様の損失を制限し、口座の価値が必要な証拠金維持水準を下回らないように制御することができます。

  • 一度に入るのではなく、ポジションでスケールする。

スケーリング・インとは、小さく始めて着実に拡大することです。1つのミニオーダーを開き、価格が有利に動くとストップロスを変更しながら追加していきます。 このように、お客様はリスクを軽減し、適切なレバレッジを選択することができます。

これらのヒントと、しっかりとした戦略、そして絶え間ない学習により、お客様は取引においてマージンコールを回避することができます。

マージンコールの計算方法:計算式&例

例えば、あるトレーダーが2万ドルの信用取引口座を持っていて、XYZ株を1株あたり50ドルで500株買うことにしたとします。 注文費用は合計で25000ドル(1株50ドル×500株)となります。

ブローカーの必要証拠金が50%だとすると、トレーダーは12500ドル(25000ドルの50%)を頭金にし、残りの12500ドルをブローカーから借りて購入を完了する必要があります。

XYZの株価が1株あたり40ドルに下落した場合、注文総額は2万ドル(1株あたり40ドル×500株)となり、トレーダーの信用口座の初期残高と同じになります。

しかし、トレーダーは、株を購入するために借りた12 500ドルをブローカーにまだ借りています。 投資価値が必要証拠金の50%を下回ったため、トレーダーはブローカーからマージンコールを受け、必要証拠金の水準まで口座を戻すために追加の資金または証券を入金します。

マージンコール額を計算するために、ブローカーは前の例と同じ計算式を使用します。

マージンコール額 =(口座内の有価証券の現在価値×必要証拠金)- 口座残高

この場合、マージンコール額は、以下のようになります。

マージンコール金額 =(20,000ドル×50%)- 12,500ドル

マージンコール金額=$10 000 - $12,500

マージンコール金額 = -$2,500

したがって、トレーダーはマージンコールに対応し、XYZ株のポジションを維持するために、2 500ドルを追加入金する必要があります。 トレーダーがマージンコールを満たせなかった場合、ブローカーは未払い債務をカバーするために、一部またはすべてのオープンオーダーを清算することがあります。

信用取引はどれだけリスクが高いか

信用取引になると取引はリスクが高くなります。 利益を増幅することで、損失も増幅することがあります。 レバレッジを使用すると、市場が不利な方向に動いた場合、トレーダーの口座がすぐになくなってしまいます。 さらに、マージンコールは、急速に変化する市場においてストレスとなり、管理することが困難になる可能性があります。

信用取引をしたい人は、しっかりとした相場観とリスク許容度が必要です。 これは、信用取引を始める前に、そのリスクをよく検討することが必要です。

まとめ

信用取引は有利な取引方法であり、潜在的な利益を増やすことができますが、より高いリスクを伴います。 信用取引を希望するトレーダーは、市場、信用取引、リスク許容度を理解する必要があります。 また、マージンコールが発生した場合に対応するための追加資金も必要です。 トレーダーはマージンコールを受けた場合、速やかに要件を満たし、証券を清算しないようにする必要があります。

  • 603

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera