1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 指値注文 vs 逆指値注文:概要
2023-05-29 ・更新

指値注文 vs 逆指値注文:概要

TRFNEW-1656 Limit Order vs Stop Order_ What's the Difference_.png

取引注文とは、トレーダーがマーケットプレイスやオンライン投資仲介業者(ブローカーなど)に対し、ある資産の取引を依頼することをいいます。 これが基本です。 この本質を理解できなければ、取引することはできません。

この記事では、専門用語を定義することができる株式や通貨、商品の主な注文の種類を考えてみましょう:ストップ、指値注文、逆指値注文。 これから、それらの違いや使い分けをお教えします。

初心者の場合は、注文の開閉方法を学ぶ前に読んでいただきたい用語集など、分析セクションに多くの有益な情報を見つけることができます。 では、始めましょう!

逆指値注文

逆指値注文には、その時点では入手することができない資産の指定価格があります。 それは、ブローカーが、あらかじめ決められたレベルに資産価格が到達すると、その資産を売買することを意味します。

逆指値注文とは?

もしかすると、負け取引を決済するための逆指値注文と、取引開始をするための逆指値注文が混同することがあると思います。 注文価格が利用可能になると、注文はトリガーされるようになります。 お客様がやるべきことは、逆指値を記載することだけです。 例えば、それは500ドル相当になります。 それが満たされた時に、注文が任意の市場価格にて執行されます。 もしもその価格の資産が市場に存在しない場合、注文が執行されることはありません。

逆指値注文は、資産売買に使用することが可能です。 逆指値注文は、現在の市場価格を上回る逆指値で執行されています。 逆指値売りは、トレーダーが指定した、現在の市場価格よりも低価格で執行されます。 このようなアプローチは、価格がレジスタンスやサポートレベルを壊している時に、最適なエントリーレベルを選択し、資産を購入、又は売却することができます。

逆指値注文の使用方法

これまで話してきたように、一般的に逆指値注文は、証券ポジションの損失を防ぐために使用されています。 逆指値注文の例を見てみましょう。

逆指値注文は、購入価格よりも10%低い価格で設定することができます。 つまり価格が下落すると、10%に相当する損失で資産売却をすることになります。

例えば、ある株を1株50ドルで買ったとしましょう。 この取引直後に、ストップロス価格を45ドルに指定し、ストップロス注文を出します。 株価が45ドルを下回った場合、自動的に売買が成立し、その時点での市場価格で売却されます。

ボラティリティが高い場合や急落した場合は、この価格が45ドルを下回る可能性があるということを念頭に置いておきましょう。 ブローカーはお客様の条件に合わせ、その時々の最適な市場価格を選択します。

逆指値注文は、成行注文と同様、任意の現在値で価格が指定したポイントに到達すると執行されます。 例えば、株価が逆指値を超え、下落し続けた場合は、指定したしきい値よりも低い価格で注文を執行することが可能です。 逆指値注文を設定し、指定価格に到達すると、その資産は逆指値価格よりも高い価格で買われることとなります。

買い取引では、次のような場合に逆指値注文を使うことをお勧めします:

  1. 以前に購入をし、現在所有している資産価格が上昇したので、下落する前にその価格差の恩恵を受けたいと考えている。
  2. 上昇トレンドが続くと予想されているが、相場が下落した場合に備え、資金を守り、価格が下落しすぎる前に売却したい。

逆指値が成立した場合は、設定した条件に最も近い価格で取引が成立します。しかし、指定した始終値とは異なる場合があることを理解しておきましょう。 シフトは現在の市場によって異なります。 つまり、逆指値注文が成行注文に移行するためのしきい値が存在します。

逆指値注文の最も重要な利点として、コストがかからないということが挙げられます。 お客様には、取引をする上で、通常の手数料をお支払いいただきます。 また、市場の継続的なモニタリングも必要ありません。 これは、投資資産を常に監視したくない場合にとても便利です。

また、感情に左右されず、投資判断をすることができます。 考え込むような投資判断から解放されるわけではありませんが、指値取引をすることによって、低リスクとなります。

TRFNEW-1656 Limit Order vs Stop Order_ What's the Difference_2.png

指値注文

株式における指値注文とは何か? 指値注文は指定した価格で執行されるので、逆指値注文と比較することができます。 しかしながら、これは指値と呼ばれるものなので、決定的な違いがあります。 取引価格は、指定された指値より不利になることはありません。

指値注文のバリエーションとして、テイクプロフィット注文があります。テイクプロフィット注文では、利益を得るために、正確な価格を指定します。 資産価格が指定した価格に到達しない場合は、テイクプロフィット注文は満たされません。

では、買い指値注文と買い逆指値注文の違いを詳しく見ていきましょう。

指値注文の仕組み

指値注文は、ブローカーが指値を下回らない価格、又は指値を上回らない価格で、それぞれ資産を売却、または購入することを可能とします。 逆指値注文と比較してみると、重要な違いが見えてきます。 逆指値注文は、逆指値に到達した場合に任意の市場価格で執行されます。 指値注文が指値以上の価格で約定するのに対して、これは有利なトレンドが発生する可能性が高く、より有利な価格で売買できる場合に使用される注文です。

例えば、ある資産を50ドルの価格で購入するとしましょう。 この値を指値に設定した場合は、市場価格が50ドルに到達した時点で注文が完了します。 ポイントに到達しない場合は、取引は実行されません。 そして、今の時点で利用可能な指値を設定することはできない、ということは明らかです。 現在の価格が、50ドル以下の場合に逆指値買いを使用することとなります。 このレベルまで価格が上昇すると、自動的に買い注文が開始されます。 50ドルまで上昇しない場合は、取引は実行されないでしょう。

指値注文の例

上記の内容で、少し戸惑いを感じましたか? 株の指値とは何か? 一緒に真相に迫っていきましょう。

例えば、すぐに株を買いたい(売りたい)としましょう。 最も適切な方法は、成行注文を出すことです。一般的に成行注文は、どの銘柄もその時点の価格で素早く執行されます。 150ドルに等しいとします。 又は、株価が100ドルに下落した時にだけ、お客様は、買いたいと思うかもしれません。 ここでは、指値を100ドルとした指値買い注文を出すことをお勧めします。 価格がこのポイントへ到達した場合、指値注文が執行されます。 しかしながら、価格が100ドルに到達しない場合、その株は買われません。

買い指値注文と買い逆指値注文の比較をすると、その違いが理解できると思います。 できるだけ高い値段で売りたい場合も、同じメカニズムとなります。 売り指値注文の例として、同じ場合を考えてみましょう。 できるだけ高い値段で売りたい場合は、現在の市場価格よりも高いところに置く必要があります。 この価格以上で注文が執行されます。

売り指値注文と売り逆指値注文を比較することによって、今お客様に何が必要なのかを具体的に理解することができます。 もうひとつ、理解すべき問題があります。 現在の市場価格が指定した指値に到達しても、注文が成立しない場合があります。 なぜなら、同じ株式を指値で取得しようとする注文が先行しているからです。 指値注文は、通常先着順で執行されます。

TRFNEW-1656 Limit Order vs Stop Order_ What's the Difference_3.png

逆指値注文について

指値注文と逆指値注文の違いが分かったでしょうか。 注文をしたことがない方は、注文の開閉方法を簡単に説明したガイドをご覧になることをお勧めします。 もうひとつの重要な注文形態を忘れてはいけません。 これは逆指値注文です。 これは、MetaTrader5プラットフォームでのみ利用可能となります。

定義はシンプルで、これまで議論されてきたものの特徴を組み合わせたものです。 逆指値注文を使用する場合は、買いたい資産の現在価格よりも高い価格、又は売りたい資産の現在価格よりも低い価格を指定するように提案されます。 指定した価格に到達すると、指値注文は自動的に指定した価格で発注され、その価格を逆指値価格と呼びます。 つまり、この注文タイプは逆指値注文のように見えますが、現在の価格が逆指値に到達すると、指値取引となり、逆指値価格(又はそれ以上)で取引が執行されることとなります。 これは価格をコントロールし、定められた範囲内で取引するのに最適な方法となります。

逆指値注文の仕組み

従って、この注文タイプには指定した価格に到達後、可能な限り、最適な市場価格で購入(売却)するための注文を出す逆指値注文と、指定した価格以上で資産購入(売却)をするための注文を出す指値注文があります。 有利な価格での売買成立を保証することで、損失を限定しています。

お客様は、ブローカーに送るための逆指値注文をする必要があります。 それはオーダーブックに表示され、実行を待ちます。 それは、設定された条件が満たされた時に起動することができます。 また、それはトレーダーが解約することが可能であり、有効期間が定められている限りは有効期限を延長することができます。 つまり、希望する資産価格がなく期間が1日であれば、注文は市場セッションの終了時に失効することになります。 しかし、それにはいろいろなオプションがあります。 注文をキャンセルしなければ失効しない無期限注文を設定することができます。

では、逆指値注文に伴うリスクについて触れておきましょう:

  1. 実行には何の保証もありません。 市場価格が株価指値に到達しない場合があります。 また、注文の待ち時間が長すぎることもあります。 他のトレーダーは、お客様が指値として設定した、利用可能な価格を利用することができます。
  2. 部分約定。 一定資産(株式)数で取引したい場合は、上記の理由で指値以上の株式が不足しているので、部分的に売買してもらう場合があります。 注文が開いたままになり、複数の手数料が発生することになるでしょう。 そして、取引にかかる費用が高くなります。

逆指値注文の例

簡単な例を挙げて説明します。 例えば、お客様が上昇トレンドを確信し、500ドルで株を買ったとしましょう。 この場合は、リスクを軽減するために、逆指値注文をすることをお勧めします。これは、市場価格が逆指値よりも低くなった場合に、これらの株式を売却することができるようにするものです。 それと同時に、株式を過小評価しないよう、取引の最低基準値である指値を設定します。

なので、逆指値価格を490ドルに設定し、指値価格を490.50ドルに設定しました。 その結果、株価が490ドルに到達し、下落を続けた際に注文が執行されるはずです。 しかしながら、価格が489ドル(逆指値価格以下)に下落した場合でも、その時点で490.50ドル(指値価格)で資産購入をする買い手がいなければ、この注文は執行されないことになります。 この例では、逆指値価格が指値価格とは異なります。 しかし、1つの注文にだけ同値を設定することができます。

まとめ

様々なオーダータイプを使い分けることによって、目的達成の見通しを立てることができます。 しかしながら、市場価格が逆指値価格や指値価格に到達しない場合は、注文が執行されないこともあり、利益は保証されません。

この記事で、より低リスクで取引するための概要を理解していただけたと思います。 買い指値注文と買い逆指値注文、逆指値注文と指値注文などの違いはお分かりいただけたでしょうか? 市場や業界のホットなニュースをいち早くお届けします!

  • 996

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera