1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. FX取引の利益を押し上げる経済カレンダーの活用方法
2023-08-25 ・更新

FX取引の利益を押し上げる経済カレンダーの活用方法

cover.png

取引で利益を得るためには、市況をしっかり分析できる必要があります。 しかし、アセットの動きに影響を与える可能性のあるイベントについて学ぶことも、市場の技術的特徴を分析することと同様に重要なことです。 テクニカル分析ツールの包括的な概要は数多くありますが、トレーダー (特に初心者) はファンダメンタル分析を怠りがちです。

トレーダーが一連のイベントを把握するためのツールとして、最も重要なツールの1つが経済カレンダーです。 この記事では、経済カレンダーの仕組み、含まれている情報、そして取引でのその活用方法について見ていきます。

CREATIVE-2439 _1200x675_2 (1).png

経済カレンダーとは

どの価格チャートを見ても、価格は常に変動していることがわかりますが、 特にボラティリティが大きく、激しく上下してチャートにギザギザの線を形成することがあります。 通常の取引時間内に一定レベルのボラティリティがあることは普通ですが、度を超した不安定さは、ほとんどの場合が外部要因によって引き起こされます。

こうした要因には、特定のアセットに対するトレーダーの関心に影響を与えることが見込まれるイベント、または予期しないイベントが考えられます。

トレーダーのアセットへの投資意欲に影響を与える可能性のある特定のイベントを予期することは不可能です。 これらのイベントには、地政学的な出来事、自然災害、その他の予測不可能なものが挙げられます。 資金が危険にさらされるかもしれないとトレーダーを不安にさせる出来事が世界で広範囲に発生すると、トレーダーは敏感に反応し、結果として市場に影響を与えることになります。

しかし、市場価格は予定されたイベントによっても影響を受けることがあります。 経済リリース、企業の決算発表、公式声明などによって金融市場は大きく変動し、関係するアセットの収益力に影響を与えます。 予定されたさまざまなイベントは年間を通して行われるため、自分に関係がありそうな発表をすべて覚えておくのは容易ではありません。 ここで活躍するのが経済カレンダーです。

経済カレンダーは、多くのアセットの価格変動に影響を及ぼす可能性が高い今後のリリース予定を示しています。 そのため、ファンダメンタル分析には欠かせないツールです。

テクニカル分析を頼りにし、その計算に自信があったとしても、経済リリースに沿っていなければ取引戦略を狂わせることにもなりかねません。 経済カレンダーは経済活動に関するニュースについて通知するため、経済の現状を明らかにし、トレーダーが次のステップを計画するための情報源となります。

経済カレンダーの仕組み

オンラインにはこのツールの数多くのバージョンがありますが、おそらくそのほとんどが、複数の列で構成された表形式のカレンダーでしょう。

calendar.png

FBS経済カレンダー

標準的なカレンダーには、アセットに影響を及ぼす可能性のある関連イベントの種類、そのイベントの日時、最終記録値 予測値 および実績値が表示されます。 場合によっては、経済カレンダーはリリースがアセットに与える影響の程度についてもトレーダーに通知します。

経済カレンダーは過去に記録された経済活動のアーカイブとしても活用でき、 数年分のデータを閲覧して、特定のイベントが過去に金融市場にどのような影響を与えたかを検証することができます。

経済カレンダーに含まれるデータ

経済カレンダーは、さまざまなリリースに関する幅広いデータを網羅しています。 しかし、トレーダーがイベントのすべてを把握する必要はありません。 経済カレンダーに表示される経済活動のうち、一体どれが自分の選択した取引戦略に関わってくるかを前もって把握できるようになることが大切です。

  • 中央銀行の意思決定。 各国の中央銀行は、自国の金融政策の運営と貨幣の安定供給の役割を担っています。 国が経済的な問題に陥ると、中央銀行は金利を変更します。 金利の変更は、世界市場における自国通貨の価値やその他の経済的側面に影響を与えます。
  • インフレ率。 インフレは、世界中のあらゆる国に影響を及ぼす非常に深刻な問題です。 その影響は、雇用、消費者の購買力、通貨価値など、その国の経済のさまざまな側面におよびます。 国が発表するCPI (消費者物価指数) とPPI (生産者物価指数) に注目することで、高インフレを特定できます。 現在のインフレ率を知ることで、その国の金融政策方針に関する洞察を得ることができ、じっくりと取引戦略を練ることができます。
  • 失業率。 失業率は、その国の労働市場の現状を示すものです。 これらのレポートは、労働力人口のうち就業意欲のある失業者の数を示しています。 失業率が高いということは、就職先が不足しているということです。 つまり、失業率の高さは経済の低迷や差し迫ったインフレの兆候と考えられます。
  • GDP (国内総生産)。 GDPは、国内で生産され、市場で販売されるすべての商品とサービスの合計金額を計算することで、その国の国内生産を測定する指標です。 GDPは四半期ごとに報告されるため、通貨の上昇を予期できるかどうかを把握するために、あらゆる国の包括的な経済活動を追跡することができます。
  • PMI (購買担当者景気指数)。 この指標は、その国の製造業活動の現況を示します。 PMIの値が50以上であれば、その国の経済は成長していて、自国の通貨レートに好影響を与えていると判断できます。
  • 小売売上高。 小売販売率は、その国の経済活動と安定性を見る上での主要な指標です。 小売売上高が高いと経済が上向きであることを示しますが、売上が減少している場合は、一般的にその国の経済に問題があることを示しています。 最終的には、この情報はその国の通貨価値に影響を及ぼします。
  • 企業の決算報告。 一般的な経済データとは別に、各企業が予定している公表についての情報も見つけることができます。 例えば、すべての企業は四半期ごとに最新の利益に関する決算報告を公表します。 これらの発表は企業のビジネスの成功に直結しているため、株式トレーダーや投資家にとって非常に重要です。

ご覧の通り、経済カレンダーにはさまざまな経済リリースやニュースが掲載されており、上記に挙げたものはその一部にすぎません。 経済カレンダーを有利に活用するには、どのイベントが優先する取引アセットに関連しているかを時間をかけて調査する必要があります。

経済カレンダーを使うメリット

経済カレンダーの読み取り方を知ることは、非常に有益なスキルです。 経済カレンダーのメリットと、そのメリットがトレーダーとしての成功にどのように役立つかを見てみましょう。

  • 認識。 経済カレンダーを利用しない場合、重大な発表がありマーケットに影響を与えたときに、不意を突かれる可能性があります。 近々発表されるニュースを把握しておけば、起こりうる影響を事前に予測することができます。
  • より良い計画。 自分のなかで明確なルールを設定して取引計画を立てたとしても、 重要な経済イベントが発生すると、その計画は役に立たなくなるかもしれません。 しかし、それらのイベントを把握し、市場にどのような影響を与えるかを事前に知っていれば、新たな展開に対応する追加戦略やルールを準備することができます。
  • 包括的な分析。 テクニカル分析によって現在の市場センチメントをより良く理解できる一方で、ファンダメンタル分析は、市場センチメントがいつ、どのように変化するかの洞察を深めることができます。 さまざまな種類の市場分析ツールを組み合わせることで、信頼性の高い取引戦略を打ち出すための多くのデータを得ることができます。

経済カレンダーを使った取引は慎重に行ってください。 イベントが予期せぬニュースをもたらし、価格が予想に反して変動した場合、不安定な相場に巻き込まれるリスクがあります。 1つの戦略に固執せず、起こりうるすべての事態を常に想定しましょう。

FX取引での経済カレンダーの活用方法

FX取引は各国の通貨の為替レートに直結しています。 したがって、その国の経済状態に関連し、その国の通貨の価値に影響を与える経済リリースやニュースは、FX市場にも影響を与えることになります。

主要な戦略

多くのFXトレーダーは、どのリリースが希望の通貨ペアに影響を与えるかを判断するためにFXカレンダーを使用しています。 一般的に、トレーダーは通貨ペアに影響を与えるイベントが発生した際に、主に2つの行動を取ります。回避と価格変動の資本化です。

大きな経済ニュースは常に金融市場に動揺をもたらすため、多くのトレーダーはそのような発表があると取引を控えようとします。 そういったニュースから利益を得ようと多くのトレーダーが市場に参加すると市場のボラティリティは上昇し、確実なエントリーポイントやエグジットポイントを見つけることが難しくなるためです。

また、ボラティリティの上昇は短時間の値動きを利用した取引で利益を得ること (スキャルピング) を好むトレーダーも引き寄せます。 このような戦略は非常に高いリスクを伴うため、初心者のトレーダーにはおすすめできません。

注目すべき経済リリース

これまで述べてきたように、FXトレーダーは地域経済や世界経済の状況に関するニュースやイベント (中央銀行の発表、インフレ率の報告、労働市場やGDPデータ、コモディティ価格や供給量の変化など) に細心の注意を払う必要があります。

世界の主要通貨、特に米ドルに関するニュースをフォローすることも不可欠です。 米ドルは長年にわたって世界の基軸通貨として受け入れられてきたため、米国の経済状況はすべてのFX市場やその他の種類の金融市場に影響を及ぼす可能性があります。

複数のツールを組み合わせて使用する

取引の成功のためにファンダメンタルズを知ることはとても重要ですが、市場を分析するために複数のメソッドを使用することもまた重要です。 経済カレンダーを活用して取引を行う際には、テクニカル分析ツールを使って市場とその可能性についてより詳細な情報を得ることも忘れないでください。

まとめ

取引は非常に難易度が高いものの、多くのスキルが求められるやりがいのあるビジネスです。 入念に練った取引計画を立てていたとしても、業界の最新情報に無関心だと損失を出すこともありえます。 経済カレンダーは、取引したいアセットに関連する今後のイベントを把握するのにとても便利なツールです。 簡単に使える経済カレンダーは、特定のイベントがいつ予定されているか、それが金融市場にどのような影響を及ぼす可能性があるかを表示してくれます。 FX取引の利益を増やすために、当社ウェブサイトまたはMetaTrader内の「表示」–「ツールボックスを追加」–「カレンダー」をクリックして経済カレンダーをチェックし、ツールキットに組み込みましょう。

FAQ

経済カレンダーとはどのようなものですか?

経済カレンダーとは、将来発表される経済リリースの予定を表示している重要なファンダメンタル分析ツールです。 カレンダーに表示されるすべてのイベントは、多くの取引アセットの値動きに高い確率で影響を及ぼします。

FXトレーダーとして経済カレンダーのどの部分に注目すべきでしょうか?

FXトレーダーは、地域経済や世界経済の状況に関する経済リリースやニュースに注目する必要があります。 このようなイベントには、中央銀行の発表、インフレ率の報告、GDPデータ、コモディティ価格、金融指標などが含まれます。

初心者です。経済カレンダーをどう使えば良いですか?

初心者の方でも、取引を理解するために経済カレンダーを活用することができます。 特定のイベントの後に価格がどう変動するかに注意し、対象アセットを限定して不安定な市場を避けましょう。

FX戦略をさらに強化するためには、経済カレンダーをどのように活用すればよいですか?

関心のあるアセットや値動きの可能性についてより多くの情報を入手し、計画的な手順を組み立てる有効なツールとして経済カレンダーを活用しましょう。

  • 306

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera