1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 取引におけるアンカリング
2023-05-29 ・更新

取引におけるアンカリング

cover (1).png

私たちは、考えなしに軽率な決断をしてしまうことがあります。 「根拠があって行動した」と思っていても、最終的には残念な結果になってしまうのです。 これは、アンカリングが原因の一つです。 アンカリングは、私たちの意思決定プロセスに影響を与え、私たちの行動に対する認識を混乱させる可能性があります。

これは、アンカリング・バイアスとは何か、その原因は何か、なぜ危険なのか、どうすればアンカリング・バイアスが取引に影響するのを防げるのかについて学ぶことができます。

アンカリングとは?

アンカリング・バイアスとは、人が提示された情報を、さらに意思決定を行う際の主要なポイントとして受け入れてしまうことで起こる心理的バイアスのことです。 この“アンカリング”は、たとえその情報が今回の件とは無関係であったとしても、後に出てくる可能性のある他のデータを覆い隠し、問題に対する考え方に影響を与えます。

アンカリング・バイアスは、トレーディングにおいて広く懸念される問題です。 アセットを取得するために費やした価格と比較して、現在の価格が公正でない、あるいは満足できるものでないと考えるトレーダーは、損をしているポジションを保持することはまれではありません。

アンカリングが起こる原因とは?

アンカリングは、オファーする側が望む決断をさせるために、意図的に使われることが多いのです。 これは、例えば自動車販売店などで、売り手が最初に提示した価格よりも、買い手が最終的に納得する価格が低くなってしまう場合に用いられる戦略です。 買い手はいい買い物をしたと思って帰ります。 実は、これは売り手側の計画的な行動だったのです。 実際の車両価格よりも高い初期価格を設定することで、買い手が現状を冷静に分析できないことを利用しています。 買い手は、もっと情報があれば(例えば、他の販売店を訪問して価格を比較すれば)もっと良い提案があったかもしれないと気づいたとしても、結局、その時点でより有利だと思う選択肢に決めてしまいます。

しかし、アンカリングは、無意識のうちに、最初に入手した情報を唯一の真実で信頼できる情報源として、最終的な判断材料にしてしまうことでも起こります。 例えば、欲しい車の平均価格が1万ドルであることを知ると、8500ドルという価格はその車に潜在的な問題があることを意味していると考え、購入費用を節約する機会を逃してしまうかもしれません。

1096-03.png

アンカリング・バイアスが取引や投資に与える影響について

取引や投資に関して言えば、アンカリング・バイアスは本当に人を欺くことができます。 トレーダーや投資家が誤った財務判断を下し、実際の価値よりも高い金額で資産を購入したり、可能な限り低い金額で売却したりすることがあります。 アンカリングは、トレーダーや投資家が誤った財務判断をする主な原因の1つです。

例えば、お客様が会社の成長率や業績などのファンダメンタルズを調べずに100ドルで株を買ったとしたら、それ以上の値段で売ることはできないかもしれませんし、全く稼ぐことができないかもしれません。 株の価格が100ドルを割り込み、下がり続けると、お客様は手放すのが惜しくなり、価格が戻るのを期待して保有し続けるかもしれません。 しかし、100ドルという初値は誤差の範囲だったのかもしれません。 それを知らずに、お客様は最初に見た価格にアンカリングしてしまい、過大評価で購入してしまったのです。 このようなことは、金融市場で働く多くの人が経験していることですが、彼らは、このようなアンカリングを意識して取引を成功させることを妨げているわけではありません。

過去の価格、金融指標、販売量、高水準などがアンカリングの代表的なものです。 そのようなものを、金銭的な判断をする際の焦点として使用することは、最終的に失望を招くことになります。

取引におけるアンカリング・バイアスの原因

アンカリングがトレーダーを苦しめる理由は様々です。 ここでは、トレーダーが意識的であれ無意識であれ、負けポジションを約束させてしまう主な原因を紹介します。

経験不足

初心者が取引の道に踏み出すとき、把握しなければならない情報の多さに圧倒されるかもしれません。 市場データの解釈や評価方法を学ぶのに時間がかかります。 だから、最初に得た情報だけで判断してしまいがちなのです。 しかし、それが関連性を持つかどうかは全く別の問題です。

確証バイアス

誰もが自分の意見や信念を持っています。 これは、多くのトレーダーが、市場に対する既存の予想に合致する情報を信じがちである理由です。 その際、特にトレーダーの見解や嗜好と矛盾するデータがあると、客観的に情報を評価することが難しくなります。 そのため、アンカリングを熱心に受け入れてしまい、後に残念な結果をもたらすような決断をしてしまうのです。

感情移入

トレーダーが自分の取引に愛着を持つことは珍しいことではありません。 自分にとって好ましい方向に価格が動くことを期待し、応援し始めるのです。 しかし、ポジションに感情移入することは、マーケットを客観的に分析し、手持ちのアセットに最適な判断を下すことができなくなることを意味します。

リサーチ不足

アンカリングの罠にはまるもう一つの方法は、平均的な予測や一人のアナリストの意見に基づいてすべての取引を決定することです。 トレーディングでは、一つのテーマを多角的に研究し、様々な意見を聞く必要があります。 一つの情報源からの情報、特に平均的な見積もりを額面通りに受け取ることは、お客様の取引に影響を与えうる他の状況を考慮することを妨げることになります。

1096-02.png

トレーディングにおけるアンカリング・バイアスを回避する方法

アンカリングは、トレーダーや投資家にとって危険な因子です。

取引や投資においてアンカリング・バイアスを回避するためには、以下のような戦略の活用を検討するとよいでしょう:

  • ニュースをチェックする。 市場のニュースを追うことで、時代遅れの情報にアンカリングすることを避けることができます。 FBSを利用すれば、お客様は最新の取引ニュースをどこよりも早く知ることができ、金融市場の絶え間ない変化の中で、より良いナビゲーションを行うことができます。
  • 長期的な成果を重視する。 目先の利益しか考えず、現在の価格にアンカリングするのは簡単です。 しかし、長期的な成果を重視すれば、市場で起こりうる価格変動も考慮しやすくなります。
  • 戦略を練る。 よく練られた取引戦略は、アンカリングを避けるための一連のルールやガイドラインをお客様に提供することができます。 システムが確立されていれば、お客様は感情に流されることなく、客観的な判断ができるようになります。
  • 複数のソースを確認する。 複数のソースから異なる意見を聞くことで、アンカリングを避け、新しい取引を開始する際に偏見を持たないようにすることができます。
  • 集中力を保つ。 集中力を保ち、自分の思考に注意を払うことで、お客様がアンカリング・バイアスの犠牲とならないようにすることができます。 感情を解放し、ストレスを緩和するために、瞑想をしてみてはいかがでしょうか。

アンカリング・バイアスを上手に利用する方法とは?

アンカリングには、お客様のお役に立てる使い方があるのです。 もしお客様が何かを売ったり、転職のための給与交渉をしたりするのであれば、最初は高い金額を提示することができます。 そうすることで、相手の心にアンカリングが生まれ、お客様の次のオファーが相手にとってお得に聞こえるようになります。

まとめ

アンカリングは、取引をする上で非常に破壊的なものです。 自分のバイアスをどう扱うか、さまざまな情報源をどう使うかを学ぶことで、お客様はより成功したトレーダーになり、市場をよりよく理解できるようになります。

  • 555

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera