外国為替ニュース

収益性の高い取引のための重要な情報更新

RBNZミーティング

ニュージーランド準備銀行(RBNZ) は、8月の会合で政策金利を据え置きました。グレーム・ウィーラーRBNZ総裁によれば、とりわけ国際的な見通しに多くの不確実性が残っており、 それに応じて金融政策に関してはかなりの期間、緩和的になる可能性があります。さらに、ウィーラーRBNZ総裁は中央銀行がNZドル為替レートの下落を望むと強調しました。また最近、ニュージーランド政府が経済成長率見通しを引き下げています。 

米全国産業審議会からの国消費者の信頼感

米消費者信頼感は、夏季には強いと思われます。 7月の消費者信頼感指数は16年ぶりの高水準となりました。 現在、トランプ政権の政治問題やグローバルなリスクがこの状況を変えたかどうかを確認する時間です。 全国産業審議会は9月26日17時00分(MT時間)に9月の指数を発表する予定です。 

カナダの消費者物価指数(CPI)および小売売上高

カナダのインフレ率は、今年追加の利上げする可能性を見積もるためにCPIの発表を使用している外国為替トレーダーにとって非常に重要であると考えられています。 カナダ銀行は、価格に対する要求を見送る限りは、金利引き上げを続けると予想されています。

日本銀行の会合及び記者会見

日本銀行も9月の中央銀行のマラソンに参加します。日本銀行は、2%のインフレ目標の達成時期を確定し、当面の金融政策を引き続き継続すると予想されています。日本銀行の声明は9月21日6時50分 (MT時間) に出す予定です。そして、9時30分 (MT時間) に記者会見は開始されます。 

米・小売売上高

小売売上高は、完成品の消費財に対する需要を測定し、米GDPに直接影響を与える主要なマクロ経済指標を表しています。そのため、この指標の発表は、金融市場に大きな注目を集めています。 

イングランド銀行の会議

前回のイングランド銀行会合後、英ポンドは積極的に売却されました。 8月には、イギリス中央銀行は政策金利0.25%を変更していなかったです。7月に英中銀金融政策委員会の3委員は利上げを票決しましたが、8月に0.25%の政策金利の据え置きを6対2で決定しました。公社債の購入額も同水準に維持されました。 

欧州中央銀行会議と記者会見

トレーダーらは、9月または10月に2兆3000億ユーロの債券購入計画の縮小を発表すると予想しているため、欧州中央銀行からのコメントに対して非常に注意を喚起しています。 だからこそ、9月7日の欧州中央銀行会合が注目を集めています。

カナダ銀行の会議

カナダ銀行は9月6日17時00分(MT時間)に金利決定を発表する予定です。 カナダ中央銀行は、7月の会合で政策金利を0.50%から0.75%に25ベーシスポイント(bp)引き上げました。結果として、カナダドルの為替レートが大幅に上昇しました。カナダ経済状況はは良好で、年末まで金利引き上げの可能性が高いです。 同時に、カナダの隣国である米国と、カナダの家計の借金拡大のせいで、リスクが発生する可能性があります。

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。