ドル円 ユーロドル ポンド円 テクニカル分析 2019/05/05

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

04月24日に112円台半ばまで上昇しましたが連休前のポジション調整もあり、NY市場では111.38円まで下落し円は主要通貨に対して全面高の展開でした。

連休中の先週は、高値を切り下げながら推移し5月1日には111.05円まで下落し一時反発しましたが先週末の金曜日は111.08円でクローズされました。

また、週末の金曜日は米4月ISM非製造業景況指数が予想を下回ったため大きく下落しています。

来週からの動向としては、月曜日は連休最終日ということもあり、相場が不安定なため様子見ですが111円を割り込むか否かが重要になります。

ユーロドル(EUR/USD) テクニカル分析

ユーロドルを分析すると

4月26日に1.1109$まで下落しましたがそこから反発し3日間続伸し1.1200$を回復し、翌日にはさらに続伸し移動平均線のSMA50手前の1.1265$まで上昇しましたが、パウエル議長が会見で、米国経済の成長が依然健全なペースで続いており、雇用も強く、低インフレも「一時的」との見方を示すとドル買いが強まりユーロドルは反落し、1.1200$を割り込みました。

また、週末の金曜日は1.1133$まで下落していましたが米4月ISM非製造業景況指数が予想を下回ったことでドル売りが加速しユーロドルは反発し1.1200$台を回復しています。

今後の動向としては、1.1200$台を維持できるか否かが注目されます。

ポンド円(GBP/JPY) テクニカル分析

ポンド円を分析すると

大型連休前の4月26 金曜日には143.76円まで下落したポンド円でしたが、翌週からは反発し4日間連続で陽線が形成され続伸し145円台を回復しました。

また、先週の金曜日に、英中央銀行のカーニー総裁が「英国が合意ある離脱を実行できれば、利上げを実施する」と述べたことから、ポンド買いが強まり、146円台を回復し先週末の金曜日は145.32円でクローズされました。。

今後の動向としては、147円を回復する可能性も出てきましたが146円を割り込んでクローズされた場合、下落へと転換する可能性もあるので注意が必要です。

同様

最新ニュース

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

データ収集通知

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
00:30:00後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera