オミクロン株は市場を脅かしていますが...

オミクロン株は市場を脅かしていますが...

2021-12-09 ・更新

変異株であるオミクロン株のニュースがされてから、1931年以来である、ウォール街で最悪のブラックフライデーをもたらしました。 新たな株は、市場と経済にどのように影響するでしょうか? インフレや利上げとの関係はどのようなもので、そしてそれらにはどのような影響を与えるのでしょうか?

オミクロンの市場への影響は何でしょうか?

かつて市場は、合理的かつ論理的に反応しました。 新たな伝染性のある変異株の発見、及び幾つかの政府による新たな渡航禁止令は、世界経済の強い不確実性を生み出しました。 市場では、2020年後半以来見られなかった強い売りが見られました。

投資家は、コロナウイルスが消えることはないけれども、制御できるであろうという新たな常態を受け入れましたが、新たな株が発生してしまい、利益を得るのは避けられませんでした。

初期の報告によりますと、オミクロン株は伝染性が高く急速に広がりますが、軽度から中等度の症状で、致命的ではない可能性があります。 もしそうであるならば、それは市場にとってプラスになる可能性があります。オミクロン株が大きな脅威ではないということを確認できれば、これは株式市場の落ち込みを買える機会となります。 (特に、経済の再開に関連している株式価格)

オミクロンは経済でどのように影響するでしょうか?

オミクロン株の影響は、どれほど深刻かによって異なってきます。 ゴールドマン・サックスは第3四半期のデルタ株のように、2022年に世界のGDPが0.4%減少すると予想しています。

銀行アナリストは、オミクロン株と経済が進む可能性のある4つの方法を特定しました。 ”誤警報”シナリオでは、オミクロン株はデルタ株よりも急速に拡散せず、経済的影響は最小限となっています。 “欠点” シナリオでは、オミクロン株はデルタ株よりも急速に広がりますが、それはそれほど致命的なことではなく、適度な経済的影響があります。 ”深刻なマイナス面”のシナリオでは、オミクロン株はデルタ株よりも伝染性が高く、致命的であることが判明しており、封鎖の波と大規模な景気後退に繋がりました。 最後のシナリオである”上向き”シナリオでは、オミクロン株はデルタ株よりも速く拡散しますが、致命的ではないため、少しの打撃を受けても、世界経済は拡大する可能性があります。

オミクロン株は、厳しいプロセスと利上げに影響を与えるでしょうか?

オミクロン株は、主要な中央銀行が金利引き上げをすることについて、下さなければならなかった最も重要な決定から僅か数週間で世界を襲ってきました。 Fedは、現在よりも速いペースで債券購入を削減することによって、景気刺激策を撤回するプロセスを早める可能性がありました。 イングランド銀行は、金利引き上げをする可能性がありましたが、欧州中央銀行はユーロ圏での緊急債券購入を減少させる方法を計画していました。

中央銀行は、ユーロ圏で最も高い米国でここ30年間での最高値に到達し、英国で10年間の最高値に跳ね上がった野生のインフレ制御をするために競争しています。

それにも関わらず、オミクロン株は、中央銀行に状況変化の中で予想すべき利上げのタイミングと利上げの程度に疑問を投げかけるように促すかもしれません。 市場は、来年に中央銀行が、金利引き上げを始めることを期待しており、既に値を付けています。

Fedは何をしますか?

連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、”最近のCovid-19症例の増加とオミクロン株の出現は、雇用と経済活動に下振れリスクをもたらしており、インフレの不確実性を高めている”と述べました。 更に、”ウイルスに対する懸念が高まった場合、人々の働く意欲が低下し、労働市場の進展が遅くなります。そしてそれは、サプライチェーンの混乱が激化する可能性にも繋がります”と言いました。 従い、オミクロン株は、FRBが今月の会合で政策を変更するのを防ぐことが期待されています。 オミクロン株の出現は、金利の引き締めと引き上げに関する意思決定を複雑にさせました。

オミクロン株は、インフレとサプライチェーンの危機にどのように影響するでしょうか?

オミクロン株のインフレへの影響は、これまでのところ不明確で曖昧となっています。 2つを達成することはできますが、それらは完全に反対なので、そのうちの1つだけが発生します。

1つ目は、オミクロン株がインフレを更に上昇させるということです。これによって、サプライチェーンのボトルネックが生産に影響を及ぼして、商品やサービス価格が上昇するので、現在の懸念が高まる可能性があります。 封鎖をして経済が減速した場合、成長と生産は再び低下、そして供給クランチは悪化し、インフレは更に長く続くことでしょう。

先進国は、オミクロン株から直接的な打撃を受けることはないかもしれませんが、別のものから打撃を受ける可能性があります。 発展途上国におけるワクチンの不平等分布の影響で、これらの経済は、主要な経済のように回復していません。 発展途上国は、世界経済にとっては不可欠なサプライチェーンの中核となります。 従って、ワクチン接種のペースが遅い場合、開発途上国の経済活動復活を妨げてしまい、サプライチェーンを阻害するので、世界経済の安定に危険をもたらします。 オミクロン株の発見とワクチン接種ペースの鈍化が続く中、商品と原材料は引き続き不足し、これによって、西側諸国の必需品の価格が更に押し上げられる可能性があります。

2つ目は、消費者の信頼が弱まって、人々が感染を恐れて家にいる影響で、需要が再び減少するので、オミクロン株に対する懸念が高まるにつれ、インフレが低下するというものです。 これによって、工場やサービスプロバイダーへの圧力が軽減されて、価格とインフレが低下します。

取引を開始する

同様

No results found.

最新ニュース

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

調子が絶好調

データ収集通知

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera