Engulfing

エンガルフィング

エンガルフィングのチャートパターンは、通常、トレンドの反転前に現れるローソク足のフォーメーションです。 このパターンは2本のローソク足で構成され、そのうち1本は小さく、2本目に完全に“飲み込まれ”ます。 エンガルフィング・パターンは、チャート上で見つけやすく、トレーダーが市場に参入する最適なタイミングを見つけるのに役立ちます。

1.png

2.png

この記事では、強気と弱気のエンガルフィング・パターンについて、いわゆる最後のエンガルフィング・パターンとは何か、どのように使用できるか、そしてエンガルフィング・パターンをトレードで使用する主な長所と短所について学びます。

強気の抱き線(包み線)

強気の抱き線は、下降トレンド中に発生するエンガルフィングの一種で、値動きの反転と上昇トレンドの開始を知らせるローソク足パターンです。

強気の抱き線は、2本のローソク足で構成されています。

最初のローソク足は赤いローソク足で、資産価格が始値を下回って取引を終了したことを意味します。 しかし、2本目のローソク足は緑色で、直前のローソク足の終値より安く始まり、直前の始値より高く終値がついたことを表しています。 1本目のローソク足が小さく、2本目のローソク足が大きく、1本目のローソク足と完全に重なっている状態です。 これは、価格が順調に下降しているにもかかわらず、買い手が押し戻しに転じ、資産の価格が反転して上昇を始めたことを示すものです。

トレーダーは、強気な巻き込みパターンを使って、ロングポジションを持つのに最適なタイミングを発見することができます。 また、ローソク足が何本か続いている場合、強気のエンガルフィングは信頼性が高いとされており、しばらく足踏み状態が続いた後、反転していることが分かります。 強気の抱き線は、上昇トレンドで発生した場合、トレンド確認指標として機能することもあります。

下のチャートでは、いくつかの強気な巻き込みパターンを見ることができます。 最初のものは、長い下降トレンドの後に発生し、値動きの反転を示唆するものでした。 2つ目の強気の巻き込みは、上昇トレンド中の後日形成され、上昇の値動きが継続することを確認しました。

3.png

弱気の抱き線

弱気の抱き線は、強気の抱き線の真逆のパターンです。 弱気の抱き線は、上昇トレンドの最中に発生し、下降トレンドへの反転の可能性を示すパターンです。

弱気の抱き線も、2本のローソク足で構成されています。 しかし、この場合、最初のローソク足が緑で、2番目のローソク足が赤です。 2本目のローソク足が前のローソク足より大きく、完全に飲み込んでいることから、売り手が市場を追い越し、価格を押し下げ始めたことがわかります。

トレーダーはこのパターンを使って、現在保有している資産を売却する最適なタイミングを探します。 弱気の抱き線は、安定したトレンドの中ではより信頼性が高く、不安定な相場では弱気の抱き線はあまり意味がなく、長期的な判断には当てになりません。

この図は、典型的な弱気の抱き線を示しています。 上昇トレンドが続いた後、緑の小さなローソク足が突然大きな赤いローソク足に飲み込まれ、その後すぐにトレンドが反転して下降に転じているのがわかります。

4.png

最後の抱き線

頻度は低いですが、もう一つの抱き線は、最後の抱き線です。 このパターンには、ラスト・エンガルフィング・ボトムとラスト・エンガルフィング・トップという2つのバリエーションがあります。

下降トレンドの底には、ラスト・エンガルフィング・ボトムが発生します。 このパターンは、より大きな巻き込む赤いローソク足が続く小さな緑のローソク足で構成されています。 先に述べたパターンとは異なり、ラスト・エンガルフィング・ボトムは赤いローソク足が先行することに注意してください。 このパターンは、トレンドの強気な反転を示す場合と弱気なトレンドの継続を示す場合があるので、反転を確認してから動いたほうがよいでしょう。

ラスト・エンガルフィング・トップは、全く逆で、上昇トレンドの頂点に現れます。 赤いローソク足とそれに続く大きな緑のローソク足が含まれています。 このパターンは、いくつかの緑のローソク足が先行します。 このパターンも反転の確認が必要なので、チャート上で見つけても慌てて判断しないようにしましょう。

エンガルフィング・パターンの利点

  1. 見つけやすく、解釈しやすい。 大きなローソク足が、それまでの小さなローソク足と色が違っていたら、直感的に値動きの方向が変わる合図と推測できます。 エンガルフィング・パターンは、チャート上の他のローソク足の中でも目立つので、初心者でも見分けがつき、有利に利用することができます。
  2. 他のインジケーターやツールとの併用も可能です。 エンガルフィング・ パターンは、すでに他のツールを使用しているトレーダーが、想定されるトレンドの反転の追加確認を必要とする場合に使用することができます。
  3. それらは比較的正確です。エンガルフィング・パターンはトレンドの反転を予測するのに良い実績があるので、一般的にかなり信頼できると考えられています。

エンガルフィング・パターンの欠点

しかし、100%正確なものはありません。 このような不安定な相場では、エンガルフィング・パターンがあまり役に立ちません。 また、エンゴルフィング・パターンの2本目のローソク足がかなり大きくなることがあり、目標株価やストップロスを置く際にトレーダーを惑わせることがあります。

最終的な感想

エンガルフィング・パターンは、最も見つけやすいトレンド反転のローソク足パターンの1つです。 特に初心者の方にとっては、市場に参入する最適なタイミングを見つけるのに最適なツールです。 エンガルフィング・パターンは通常、かなり正確ですが、それはまだ成功した取引の意思決定を行うために他の方法や指標を適用することが有用です。

戻ります

2022-12-29 ・更新

よくあるご質問

  • 強気のエンガルフィング・ローソクとは?

    強気のエンフルフィング・ローソク足パターンは、下降トレンドの底で発生し、値動きの反転の可能性を示唆するチャートパターンです。 このパターンは、小さな赤いローソク足と、その前のローソク足と重なる大きな緑のローソク足からなり、強気の反転の開始を知らせます。

  • 弱気のエンガルフィング・ローソクとは?

    弱気のエンガルフィング・ローソク足とは、上昇トレンドの頂点に現れ、現在のトレンドの反転の可能性を示唆するチャートパターンです。 弱気の抱き線(包み線)は、2つのローソク足が含まれています:小さな緑のローソク足と、先行する要素を飲み込み、新しい弱気トレンドの始まりを告げる大きな赤いローソク足です。

  • エンガルフィング・ローソクとは?

    エンガルフィング・ローソク足は、トレンドが反転する前に現れるチャートパターンです。 エンガルフィング・パターンは、2本のローソク足で構成され、2本目のローソク足が1本目より大きく、完全に飲み込んでしまうパターンです。

各国の決済システムで入金可能

団結力を感じよう

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera