1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 株価の大暴落時に予想されること
2023-08-30 ・更新

株価の大暴落時に予想されること

cover (1).png

株式市場は、投資家が上場企業の株式を売買する機会を提供するという、世界経済の中でも重要な役割を果たすものです。 一方で、株式市場には変動がつきものであり、起こりえる最悪の事態が株価の大暴落です。

このサイトでは、株価の大暴落の性質と影響について探り、実際に発生した大暴落の例を学びます。そして、投資家としてそのような状況に直面した場合に取るべき手段についてご説明します。

株価の大暴落とは

株価の大暴落とは、株式市場全体の価値が突然激しく下落することです。 大暴落の発生中、株価は急落し、しばしばパニック売りが誘発されて投資家の信頼が失われます。 影響は広範囲にわたり波紋を広げますが、このことと市場の調整とは事情が異なります。

市場の調整は通常、株価が直近のピークから少なくとも10%下落したときに起こる正常な現象です。 対照的に、株価の大暴落は比較的にまれなケースであるため、事前に備えておくことが重要です。

株価の大暴落の原因

株価の大暴落の原因はさまざまです。 経済低迷による経済の弱体化、投資家がアセットの本来の価値を大幅に超えて価格を押し上げる投機的バブル、戦争や政情不安などの地政学的イベント、その他多くの理由が考えられます。 大暴落の可能性を高める条件はいくつかありますが、そのタイミングと深刻さは依然として予測不可能です。

大暴落のおおよその期間

株価の大暴落の期間は、その背景となる原因や投資家の信頼がどれだけ早く回復するかによって大きく異なります。 数日から数週間と比較的短期間のものから、数か月から数年にわたる長期間のものもあります。

記録上、最も短期間の大暴落は1987年10月19日に起こったブラックマンデーです。この日1日で、ダウ工業株30種平均は22%以上急落しました。 しかし、市場はその損失のほとんどを1年以内に回復しました。

一方、歴史上最も長期間の暴落は、1929年に始まり1932年まで続いた世界恐慌です。 この期間中、株式市場は長期間にわたって下落し、その価値の90%近くを失いました。

主な株価の大暴落とその長期的影響

1929年のウォール街大暴落

原因:株式の過大評価と広範な市場投機。

影響:金融の崩壊、経済の混乱、大規模な雇用喪失。

1987年のブラックマンデー

原因:米国の金融セクターにおける規制と監視の不足。

影響:主要な株価指数の深刻な下落、投資家の信頼の喪失、金融市場の不安定性。

1989~1992年の日本のアセット価格バブル

原因:ぜい弱な金融システム、企業ガバナンスの弱さ、不動産と株式への投機的な投資。

影響:「失われた10年」として知られる長期間にわたる経済停滞。

1997~1998年のアジア金融危機

原因:パニック売り、過大評価された通貨とアセットバブル、高い外国債務と借入。

影響:大幅な通貨の切り下げ、株価大暴落、経済の低迷。アジア市場の一部はこの期間に相当な価値を失いました。

2000年~2002年のドットコムバブルの崩壊

原因:インターネット関連企業への投機的な投資とテクノロジー株への過剰な投資。

影響:多くのインターネット関連会社スタートアップの崩壊と投資家の多額の損失。

2008年の金融危機

原因:米国住宅市場の崩壊とサブプライム住宅ローン危機

影響:ダウ・ジョーンズやS&P500などの主要な株価指数が大幅に下落し、多くの金融機関が債務超過や破綻寸前の状態に直面した世界的な金融危機の発生。

これら、そしてここに記載していないさまざまな歴史的暴落によって、何百万人もの投資家が多額の資金を失い、経済への打撃は甚大なものでした。 政府や中央銀行は、金融市場を安定させ広範囲にわたる銀行破綻を防ぎ、経済成長を促すために異例とも言える金融政策措置 (金融機関の大規模な救済、財政刺激パッケージ、金利引き下げ、量的緩和など)を取ることを余儀なくされました。

投資ポートフォリオに与える影響

市場が落ち込むと、株式が値下がりすることがあります。 暴落時にパニックに陥って保有株を売りに出した投資家は、この損失を抱え込む可能性があり、市場が安定した後に投資を回復することが難しくなります。

株価の大暴落時の、投資の最悪のシナリオは以下の通りです。

  • ポートフォリオの大幅な価値下落:深刻な市場の低迷により、投資ポートフォリオ全体の価値が大幅に下落する。
  • 退職後の貯蓄の損失:株式市場に多額の投資をしている退職金口座が大きな損失を被る可能性があり、長期的な資金計画が危険にさらされる。
  • マージンコールと強制売却:マージンで借りた資金を使って株式を購入した投資家は、マージンコールに直面する可能性があり、債務を返済するために不利な価格でアセットを売却せざるを得なくなる。

株価の大暴落の際に取るべき行動

冷静さを保つ

市場の暴落は不安を引き起こします。冷静さを保ち、慌てて感情にまかせた決定をしないことが非常に重要です。

投資を売却しない

市場暴落時に投資を売却することは、紙上の損失を実際の損失に変えてしまうことになりかねません。 長期的な投資戦略に切り替えましょう。

市場の暴落を「買い」の好機と捉える

潤沢な資金がある人にとって、市場の暴落は、値下がりした優良アセットを購入するチャンスです。 株取引をしている人にとっては、価格変動は売買をするチャンスでもあります。

専門家に相談する

見通しや戦略について助言してくれる金融アドバイザーや専門家にアドバイスを求めてください。

分散投資をする

さまざまなアセットの種類に投資を分散することで、市場の低迷時のリスクを軽減することができます。

まとめ

株価の大暴落は、経済や個人投資家に広範囲な影響を及ぼしかねません。 不安に駆られたとしても、歴史が示すように、市場はいずれ回復します。 暴落の性質を理解して冷静さを保って慎重な判断をすることで、投資家はこうした難局に立ち向かい、長期的な経済的安定と成功を築くことができます。

FAQ

史上最大の株価の大暴落は?

1929年のウォール街大暴落です。 この暴落は大恐慌の始まりとなり、歴史上で最も厳しい経済的な低迷期の1つをもたらしました。 その経済の荒廃と長期にわたる影響から、この暴落が史上最大の重要な株価の大暴落とされています。

暴落に備えるためにはどう投資することが望ましいですか?

最良の方法は、暴落の影響を軽減するために、バランス良く分散されたポートフォリオを維持することです。 債券、貴金属、デリバティブなど、さまざまなアセットの種類に分散投資を行いましょう。

株価の大暴落が起こりやすい時期はありますか?

株価の大暴落はいつでも発生する可能性があり、一般的には予測不可能とされています。 市場の動きは、経済状況、地政学的なイベント、投資家心理、市場センチメントなどさまざまな要因の影響を受けます。 そのため、暴落の時期を予測することは容易ではありません。

  • 621

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera