1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 外国為替取引の歴史
2023-05-05 ・更新

外国為替取引の歴史

cover.png

今やFX取引は、信頼できるPCと安定したインターネット環境があれば、どの家庭でも利用できるようになりました。 しかし、為替が決して新しいものではないことをご存知の方は、それほど多くはないでしょう。 実は、人類最初の文明が貨幣を使い始め、互いに貿易関係を築いた古代から存在していたのです。

この記事では、何世紀にもわたる為替の進化と、現代の外国為替取引が具体的にどのように発展し、私たちが知っているようになったのかについて、お客様をご紹介します。

初期の歴史

通貨は、約5,000年前にメソポタミア人によって発明された「シェケル」が最初とされています。 それ以前は、物々交換が主な交換手段でした。 動物の皮や塩、香辛料などは需要が高く、他の商品と交換するための媒体として利用されていました。

そして、紀元前700年頃、複数の国の人々が金(時には銀)を使って最初の貨幣を作り始めました。 これらの初期の通貨は、取引に統一性と標準性をもたらし、経済の形成に貢献しました。

1228-03.png

最初の外国為替市場

時代が進むにつれ、世界各地に自国通貨を使用し、近隣諸国と貿易を開始する国が次々と誕生しました。 長い間、外国為替取引に特化した独立した機関を作ろうという大きな試みはなかったのです。 しかし、17世紀にはアムステルダムにヨーロッパ初の外国為替市場が開設されました。 この市場は、オランダ王国とイングランド王国の通貨の取引に重点を置いており、通貨ペアの為替レートを安定させるのに役立っていました。 その後、外国為替市場や外国為替取引は世界中に広まり始めました。

金本位制の盛衰

やがて、金貨の流通量が少なくなり、日常取引に金貨や銀貨を使うことができなくなりました。 そのため、政府は紙幣を受け取った人に一定額の金や銀を支払うことを約束する紙幣を導入するようになりました。

しかし、この紙幣は、政府の命令によって貴金属の価値と結びつけられることがなければ、本質的な価値を持ちません。 ある国が勝手に紙幣を大量に刷ると決めたら、自国の通貨価値の下落につながりかねません。

それを避けるために、世界の多くの国がいわゆる金本位制を採用することにしたのです。 この基準により、各国政府は自国通貨の価値を一定量の金に結びつけることができました。 例えば、金1オンスの価格が1,000ドルと設定されていた場合、1ドルの価値は金1オンスの0.001に相当します。 このため、一国が印刷できる紙幣の量は、その国が保有する金の量に制限されていました。 この基準は物価の安定を保証し、政府がマネーサプライを拡大することができないため、インフレを抑制することができました。

為替に関しては、通貨の価値と金との新しい関係によって、異なる通貨同士を結びつけることが容易になりました。 金1オンスを買うのに必要な通貨の量がそれぞれ異なるため、為替レートの指標として機能するようになったのです。

19世紀末には、世界中の工業国の大半で金本位制が採用されていました。 国際貿易を促進するためのより良い条件を整え、産業革命を促進したのです。

しかし、第一次世界大戦が始まると、各国が負担する経費が金準備を大きく上回ったため、実際の金準備がどんなに多くても、金本位制の制限を無視してお金を増刷するようになりました。

1930年代末、第二次世界大戦が本格化すると、国が不景気になると金本位制は維持できないことが明らかになりました。

1228-02.png

ブレトンウッズ体制:国際取引史に新たな1ページを刻む

第二次世界大戦が終息に向かうと、軍事行動の影響を直接受けた国々は、なかなか立ち直ることができないでいました。 1944年、世界各国の代表がアメリカのブレトンウッズで会議を開き、「ブレトンウッズ協定」に調印しました。 この出来事は、国際金融関係の強化を目的とした新しい国際経済システムの基礎を築きました。

新制度は部分的に金本位制に基づくものであったが、当時アメリカが世界最大の金準備を保有していたため、米ドルの価値のみが金の価値(1オンスあたり35ドル)に固定されました。 この制度を利用する残りの国(米国を除く43カ国)は、その代わりに自国通貨を米ドルに固定し、最大1%の乖離を許容することになります。 もし、ある通貨の価値が許容範囲を逸脱し始めたら、国は米ドルを買ったり売ったりしてそれを修正しなければなりません。

このシステムは、世界市場に必要な安定性を提供し、為替レートの変動を最小限に抑えるのに役立ちました。 また、米ドルが世界の基軸通貨となるきっかけとなりました。

ブレトンウッズ体制は1970年代まで数十年続き、世界中で流通しているドルの数が、アメリカの金準備の供給量を上回り始めたのです。 このため、1971年にアメリカのリチャード・ニクソン大統領が一時的に運用を停止し、1973年には完全に崩壊してしまいました。

フリーフローティング方式

ブレトンウッズ体制の終焉をきっかけに、通貨価値が金価格に縛られることなく自由に変動するフリーフローティング・システムが台頭してきました。 これは、不換紙幣という概念に基づく新しいシステムで、その価値はいかなる商品にも裏打ちされず、それを発行する政府によって裏打ちされます。

自由変動制では、通貨の価値は、その国の安定性や経済力に応じて変化し、また、外国為替市場での需要と供給の水準も反映されます。

金本位制が廃止されたとはいえ、すべての国が自由変動制を新しい規範として受け入れたわけではありません。 例えば、中国は最近まで自国の通貨である人民元を米ドルに固定していました。 現在、中国の中央銀行は人民元の変動を許容しているが、為替レートがその日の中間値より2%上昇、または2%下降した場合に介入しています。

しかし、自由変動制は世界の大半を占め、外国為替市場の自由度を高め、政府の介入から安全を保つことができるようになりました。

インターネット時代

インターネットは、世界中の何十億もの人々を結びつけた、まさに技術進歩の驚異です。 新しいデジタル環境が整ったことで、中央銀行や大手金融機関だけでなく、外国為替市場にもアクセスできるようになりました。 複数のオンライン取引プラットフォームが誕生したことで、FX取引は、現在リテールトレーダーと呼ばれる個人の間で広がり、人気を博すようになりました。 ブローカーを利用することで、以前は一般の人が参加できなかったFXに参加できるようになりました。

このように、外国為替取引の歴史は古く、人類の文明の始まりにさかのぼります。 多くの激変を経て、FX取引はようやく、利益を得ようとするすべての人が利用できるようになりました。 この機会に、FBSでFX取引の歴史に自分の足跡を残してください!

  • 423

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera