1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 投資と取引:主な違い
2023-04-06 ・更新

投資と取引:主な違い

cover.png

過去数十年の間に、多くの人々が取引や投資を通じて、金融市場から利益を得ることに関心を持ち始めました。 しかし、多くの初心者が投資や取引の本質を理解しておらず、中には2つの戦略の違いすら知らない人もいることが明らかになっています。

今回は、取引と投資とは一体何なのか、その違いは何なのか、そしてお客様にはどのような戦略が適しているのかをご紹介します。

要点

  • 取引と投資は、異なる戦略であり、異なる量の努力、時間、資本を必要とします。
  • 取引は迅速かつ安定した利益をもたらし、投資家は一定期間後に収益を得ることができます。
  • トレーダーは、短期的な価格変動を利用し、比較的短期間に資産を売買する傾向があります。
  • 投資家は、長期投資に資金を投入して価値を高めさせ、後日売却します。

投資と取引:主な違い

まずは基本的なことから始めましょう。

投資家とトレーダーの最も明確な違いは、保有期間、つまりポジションをオープンにしておく期間です。 投資家は長期的な価格変動から利益を得ることを目的とし、何ヶ月も何年も注文を持ち続けます。一方、トレーダー向けは短期的な価格変動を利用し、時には取引を開始してからわずか数時間、数秒で取引を終了します。

もう一つの大きな違いは、投資家やトレーダーが必要とする初期資金の大きさです。 投資で利益を得るにはかなりの時間がかかるので、一度に大きな金額を投資する方が合理的です。 しかし、取引では、莫大な資金がなくても取引を開始することができます。 その上、取引には多くのリスクが伴うので、短期間の取引に多くの資金をプールすると、トレーダーは大きな損失を抱えることになります。

しかし、初心者が最も興味を持つのは、取引や投資で得られる潜在的な利益の大きさです。 トレーダー向けは毎日少額で稼ぐ傾向があり、投資家は資産から長期的な収入を得ることを目指し、積極的に参加しようとしたり、計画的に利益額をコントロールしようとはしません。

投資と取引の主な違いがわかったところで、両者の仕組みをより詳しく見て、どちらが自分の目的や能力に合っているかを考えてみましょう。

1400-02.png

取引とは?

取引とは、株式、通貨、商品などの金融商品を短期間で売買する戦略のことです。 トレーダーは、資産を安く買い、高く売ることに重点を置き、短期の価格変動を利用します。 彼らは、安定した市場には興味がないのです。 実際、市場が不安定であればあるほど、トレーダーは各取引からより多くの利益を得ることができます。

トレーダー向けは時間が勝負なので、テクニカル分析や様々な指標を使って将来の値動きを予測し、素早く注文を出して値動きをキャッチして利益を得ようとする傾向があるようです。 また、トレーダー向けには、常に市場に目を配り、最適な取引機会を見極め、それを利用して利益を得ようとすることが必要です。

取引でもう一つ重要なことは、トレーダーが顕著な収入を得るためには、たとえ収入があったとしても、多くの努力をする必要があるということです。 トレーダーが捉えようとする価格変動は通常かなり小さいので、利益目標を達成するためには多くの取引を行う必要があります。 原則として、多くのトレーダーが取引で安定した収入を得るために、フルタイムの仕事をやめています。

取引の長所と短所

それでは、取引のメリットとデメリットについて見ていきましょう。 取引のメリットは以下の通りです:

  • 利便性。 トレーダー向けは、アセットを売買することに関しては簡単です。 金融市場での取引手続きは迅速かつ簡単で、お客様は数回のクリックで取引の開始と終了を行うことができます。 これは、トレーダーが最高のチャンスをつかむために時間との闘いになることが多いので、とても重要なことです。
  • 大きな利益。 お客様の利益は、お客様が取るべきリスクの大きさ、資本金、取引に選んだ資産の収益性、そしてお客様の戦略によって大きく左右されます。 しかし、仕事を辞めてフルタイムで取引に専念する機会を得たトレーダーは、本当に良い総利益を上げることができるのです。 また、取引では、好きな時にお客様の銀行口座に直接収益を引き出すことができます。
  • さらなる機会。 トレーダーは、市場が不安定なときや下降トレンドにあるときにも、落胆することはありません。 始値と終値の差に着目して投機するため、価格の変化から利益を得る方法を見つけることができます。 この差が大きければ大きいほど、得られる利益は大きくなります(もちろん、この差がお客様にとって有利であればの話です)。
  • レバレッジ。 トレーダーは、レバレッジを使って、自分のお金では買えない量の証券を買うことができます。 レバレッジは利益を飛躍的に増大させますが、それにはいくつかのアタッチがあります。

デメリットについては、トレーダー向けになることを決める前に、お客様に考えていただきたいことがあります:

  • 高リスク。 収益機会が増えれば、リスクも増えます。 取引はボラティリティの高い市場で短期売買を行いますが、価格がどこに行くかを正しく予測することは難しいです。 初心者向けには、一度の不運な取引で全資金を失うこともよくあることです。 さらに、レバレッジは利益を増やすことができる反面、トレーダーが抱える損失の額も大きくなり、時には多額の負債を抱えることになります。
  • 不安定な収入。 取引を仕事にするために正社員を辞めたトレーダーにとって、安定した収入を得ることは非常に困難なことです。 取引量によって左右されるのですが、たとえ取引計画に沿った取引ができたとしても、何度か失敗してしまうと、トータルの利益が減ってしまいます。
  • 時間がかかる。 取引で大きな利益を得ようとするならば、画面の表面で多くの時間を費やし、価格チャートを見て取引機会を探る必要があります。 これは、取引を職業にする人が多い理由です。

1400-01.png

投資とは?

投資とは、資産(株式、不動産、商品、金属など)を購入し、その価値が大きく上昇することを期待して長期間保有する長期戦略のことです。

トレーダー向けとは異なり、投資家は通常、ファンダメンタルズ分析を適用して、取得するアセットを探します。 長期的な利益を得ることを目的としているため、企業の現在の業績や収益、成長性などを知りたがります。 資産を購入したら、目標(退職金、大学の学費、家の頭金など)に左右されることなく、決められた期間、その資産をパッシブに保有することにこだわります。

投資家は資産を長期間保有する傾向があるため、短期的な市場の変動に影響されることはありません。 市場が何らかの災難に見舞われた場合、投資家は再び安定するまで待つ傾向があります。 しかし、リスクを最小限に抑えるために、投資家は分散投資を行い、異なる市場や業界の複数のアセットを1つのポートフォリオに組み入れる傾向があります。 そうすることで、万が一、投資先が計画通りにいかなかったとしても、収益に大きな影響を与えることがないのです。

投資の長所と短所

投資のメリットは以下の通りです:

  • インフレに勝つ。 お金は、インフレでどんどん価値を失っていきます。 今日100円で買えるものが、明日にはそれ以上の値段になります。 預金口座にお金を入れておくだけでは、物価の上昇を相殺することはできないでしょう。 これは、お客様がインフレを先取りしたいのであれば、投資が賢い選択となる理由です。 お客様の資産の価値が上がるので、将来、より高く売ることができます。
  • 長期的なリターン。 投資は、お客様が将来的にお金を確保するのに役立ちます。 投資は、すぐに利益を得てそれを使うのではなく、後々のために蓄えておき、時間をかけてお客様を豊かにすることができるのです。
  • 配当金。 配当銘柄に投資すると、お客様は企業の利益の一部を受け取ることができます。 これらの支払いを副収入として利用することもできますし、投資に回してポートフォリオをさらに拡大することも可能です。
  • 最小限の努力。 投資では、お客様はチャートを見たり、市場の動きを一つ一つ分析したりすることに時間を費やす必要はありません。 お客様に必要なのは、週に一度、あるいは月に一度、お客様のアセットがどうなっているか、ポートフォリオの何かを変更する必要があるかどうかを確認することです。 それ以外には、現在のライフスタイルを変えたり、仕事を辞めたりして収入を増やす必要はありません。

しかし、投資にもデメリットはあります:

  • スローリターン。 投資は辛抱が大事です。 アセットがお客様にとって十分な利益をもたらすだけの価値を持つようになるまでには、何年もかかることがあります。 その間、お客様が配当金を得られないと、収益も得られません。
  • リスク。 お客様が何かに投資しようと思ったとき、実は時間が経つにつれてその価値が下がっていく可能性があることを認識しておく必要があります。 株式のようにリターンの高い投資は、特定の企業の価値を左右する要素が多いため、リスクも高くなる傾向があります。 これは、定期的に市場の状況を把握し、お客様のアセットが期待したほどうまくいっていない場合は、他のものに置き換えたり、ポートフォリオに追加の投資先を見つけたりして、リスクの再分配を行う必要があります。
  • 機会費用。 アセットにお金を投資するということは、お客様がこのお金をアクティブファンドに入れないということです。 それを引き出してアセットを売却するのは時間がかかるので、緊急時に使うこともできません。 また、投資口座からお金を引き出してしまうと、せっかく積み立てた複利収益の一部や特典を失ってしまう可能性があります。

どちらが優れているのか?

このように、取引と投資は大きく異なる戦略であり、必要な労力や目指す結果も異なります。 どちらが良いかは、お客様の目的によって左右されます。

お客様は、安定した収入を得たいのか、それとも将来のある時点で利益を得たいのか、どちらでしょうか?

毎日数時間、画面の前で過ごす覚悟はできていますか? それとも、たまにしかアセットを確認しないお客様がいいのでしょうか?

お客様は、速いペースで仕事をし、たくさんのリサーチをするのが好きですか? それともお客様はのんびりした投資スタイルがお好きなのでしょうか?

取引は、投資よりも多くのお金をもたらす可能性がありますが、お客様にはより多くの時間と労力を必要とします。 さらに、取引によるリスクは投資によるリスクを上回るため、一つ一つの取引を慎重に調査し、取引計画を立てるのに多くの時間を費やす必要があります。

でも、結局、今の状況で何が必要で何ができるかは、お客様しかわかりません。

結論

取引も投資も、ユーザーにとってかなりの利益をもたらす可能性があります。 しかし、トレーダー向けも投資家向けも、お金を稼ぐまでの道のりには困難がつきものです。 何をするか決める前に、お客様の目標や期待値、手持ちのリソースが取引や投資に十分かどうかを見極めるのがよいでしょう。

  • 455

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera