1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. プロトレーダーになる方法
2023-05-29 ・更新

プロトレーダーになる方法

cover.png

プロトレーダーとは

トレーディングを学び、実際に取引で稼ぎ始めると、プロトレーダーになることを考え始めるかもしれません。 プロトレーダーになるためには、何が必要なのでしょうか。

プロトレーダーは、トレードをフルタイムの仕事にしています。 彼らは、金融やビジネスを理解し、その知識を活かしてお金を稼ぐ人たちです。 彼らは多くの時間をかけて現在の市場環境を分析し、得意とする資産に特化した取引戦略を開発し、それを実行して取引を成功させることで利益を得ています。 プロトレーダーは、1日のうちに取引を行う(デイトレーダー)、または数日のスパンで取引を行って(スイングトレーダー)います。 取引スタイルにはそれぞれ具体的な魅力があり、プロトレーダーは専門分野を選択することができます。

この記事では、トレーダーがトレーディングでキャリアを積むために必要な知識、期待される報酬、そしてトレーディングのプロとしてのキャリアが将来的に与える可能性について詳しく説明します。

重要なポイント

  • プロトレーダーは、トレーディングをフルタイムの仕事としており、会社に勤めるか自営業を営んでいる。
  • プロトレーダーは、金融市場の仕組みを理解し、成功するための独自の戦略やテクニックを身につける必要がある。
  • トレーディング業界は今後10年間で成長が見込まれており、今こそプロトレーダーになる絶好のチャンスである。
  • プロトレーダーとして安定的に会社に勤めることもできますが、自営トレーダーは自分の希望やニーズに合わせて仕事の環境を整えることができる。

CREATIVE-782-1.png

プロトレーダーになる方法

プロトレーダーになることを決断する前に知っておくべきことがたくさんあります。 プロトレーダーは、運や金融市場の仕組みに関する漠然とした理解に頼っているわけではありません。 彼らは、それぞれの取引について様々な角度から分析し、決断を下します。その点において、素人の個人トレーダーとは異なります。 会社を辞めてプロのトレーダーを目指す前に、次のことをしっかりと学んでください。

トレーディングの基本

基礎をしっかりと理解しなければ、プロとして取引を始めることはできません。 基礎知識は、既存の金融市場に関する情報、価格の動き、必要な取引ツールや指標、取引に必要な初期資金、チャートの種類、最適な取引タイミングなど多岐に渡ります。 インターネットや書店で、これらの情報を得ることができます。 トレーディングを理解するために必要なことがすべて書かれた、初心者向けの無料講座もあります。 また、FBSはガイドブックを用意しています。初心者から経験豊富なトレーダーまで、FXやトレード全般について日々勉強することができます。

高度な基本知識

トレーディングの基本を学んだ後は、その知識を広げていきましょう。 例えば、FXの取引をする際は、為替の相場やポイント、Fxの取引戦略など、役に立つ情報を学ぶ必要があります。 ある特定の市場について詳しく学ぶことで、その専門家になることができ、取引が容易になるでしょう。 トレーディングの基礎と同様に、高度な基礎知識については、ネットや書籍で情報を集め、興味のある市場についてより高度な講座を受講することができます。

トレーディング戦略およびテクニックの探究

次に、プロトレーダーが知っておかなければならないのは、取引戦略やテクニックであり、それを実際の取引にどのように適用するかということです。 例えば、価格チャートとチャートパターン、テクニカル分析ツール、強気と弱気のトレンド、およびそれらを使って成功する取引戦略を開発する方法についての学習です。

この場合、無料のオンライン教材には、一般的な戦略やテクニックが詳細に記述されていることが多いため、あまり役に立ちません。 より高度で効率的な戦略を学ぶには、プロトレーダーを探して、そのテーマについてレッスンやアドバイスを受けるのもいいでしょう(無料ではないですが)。 他のプロトレーダーのトレーディングを見て、その成功体験に基づいて自分の取引戦略を構築するのは一般的な方法です。

取引経験を積む

理論は取引を始めるにあたって多くの有益な情報を与えてくれますが、知識や経験は、実際の市場で取引することで得られます。 この時期に、最初の戦略やテクニックをテストし、何が自分にとって最も効果的で、損失を防ぎ、利益を増幅するために何を調整すればよいかを確認する必要があります。

ペーパートレーディングを検討する

実際のお金を使った取引は、特に取引を始めたばかりでは、非常にストレスを感じやすいでしょう。 事態が急に悪化し、利益はおろか、時には多額の負債を抱えてしまうこともあります。 そのために、いくつかの取引プラットフォームは、オプションとしてペーパートレーディングを用意しています。 ペーパートレーディングとは、初心者トレーダーが実際の市場の値動きを利用して、取引の練習をするための模擬取引です。 トレーダーは自分の資金をリスクにさらすことなく、現在の戦略やテクニックが実際の生活でどのように作用するかを確認することができます。

信頼できるブローカーを選ぶ

ブローカーは、トレーダーと金融市場を結びつけ、その市場において異なる当事者間で取引のマッチングと交渉を行う代理人です。 初心者はブローカーを利用して新しい取引戦略やテクニックを学び、自分の取引スタイルに取り入れることができます。

しかし、ブローカーを選択する前に、信頼できるブローカーであることを確認してください。 お金を預ける前に、信頼できる機関が規制しているかどうか、その信用度をチェックするようにしましょう。

全集中する

プロトレーダーになることを決めたら、他の仕事と同じように集中力とコミットメントが必要です。 常に価格変動を監視し、最適な売買のタイミングを見極めなければなりません。 トレードから目をそらせば、損失を出す可能性があり、高い成果は得られないでしょう。 したがって、取引を休暇と考えずに、すべての取引を確実に行うことに専念してください。

リスクマネジメントを理解する

取引は、特にレバレッジ取引や自己資金を使わない場合、リスクが高くなる可能性があります。 先を見据えて、リスクマネジメントの戦略を準備する必要があります。 リスクマネジメントとは、潜在的な脅威を特定して、その回避方法を見出すことです。 例えば、問題発生時に許容できる損失金額を決めること、取引に最適な市場を決めること、収益を確保するための目標株価と潜在的な損失に上限を設定するためのストップロス注文を行うこと、テクニカル分析ツールや指標を用いて将来の市場動向を予測すること、などが挙げられます。 取引にリスクはつきものですが、それにどう対処するかは自分次第です。

自分のポテンシャルを知る

また、取引に投資できる金額を検討することも重要です。 現在の財務状況に適した取引戦略を構築し、どの決定が現在財務的に実現可能なのかを知ることができます。 取引時間が長ければ長いほど、より多くの潜在的利益を期待できます。 長期間の目線を持つことで、落胆することもなくなります。

取引記録をつけてみる

成功しているプロトレーダーは、うまくいったかどうかにかかわらず、すべてのトレードを詳細に記録しています。 取引記録をつけることで、どの戦略やテクニックが成功し、もっと調整が必要な要素は何かを分析することができます。 最も一般的な内容は、各取引の日付、時間枠、ロットサイズ、売買価格、利益、損失、その他将来の参照に役立つと思われる情報です。

トレードを見直す

取引結果を見直すことで、どのような要因が成功につながったかを判断することができます。 成功した戦略の理由を把握することで、同じ戦略を他の取引に適用した場合により多くの利益を得ることができるかどうかを確認することができます。

学位取得を検討する

金融分野の学位を持っていることは、プロトレーダーになるために必要なことではありません。 それでも、金融市場がどのように動いているのか、取引を最適化するために何ができるのか、などを知ることができるため、非常に有用です。 さらに、学位を取得することで、プロフェッショナルな取引経験を拡大して、企業への就職を実現するための資格を得ることができるでしょう。

プロトレーダーの報酬

報酬は、大きく変動することがあります。 居住地や勤務先、経験、スキルによって異なりますが、アメリカのプロトレーダーの収入は5万ドルから16万ドルで、平均収入は9万1000ドルに達します。 プロトレーダーは固定給のほかに、最大25,000ドルのコミッションを得ることができます。 福利厚生の面では、一般的に保険、家族手当、有給休暇、フレックスタイム、在宅勤務の機会などを得られるトレーダーが多いです。

プロトレーダーの仕事観

トレーディング業界は、以前から需要が減少しているにもかかわらず、今後10年間で4-6%の成長が見込まれています。 プロトレーダーになろうと考えている人にとって朗報ですね。 今こそ、今後10年間でできるだけ多くのお金を稼げる絶好の機会なのです。

プロトレーダーとしてのスキル

もちろん、プロトレーダーがこの分野で成功するためには、特定のスキルが必要です。 以下の通りです:

  • 分析的思考
  • リサーチ
  • 記録
  • 忍耐力
  • 集中
  • 金融知識
  • 洞察力
  • ストレス耐性
  • 順応力

幸いなことに、これらのスキルは習得するのが難しいものではなく、基本的な実務経験を積んだ人であれば、すでにそのほとんどを備えており、トレーディングに応用してみることができます。

プロトレーダーとしての労働環境

プロトレーダーの労働環境は、自営業か会社勤めかで大きく異なります。

自営業のトレーダーは、自分のライフスタイルに合わせたスケジュールを組むことができます。 安定したインターネット接続環境があれば、世界中どこからでも、いつでも仕事ができます。 自営業の方はパソコンやノートパソコンが必要になり、生産性を上げるために追加の機器が必要な場合もあります。

企業で働くプロトレーダーは、通常、勤務時間が決められていますが、すべての企業に当てはまるわけではありません。 オフィス勤務や在宅勤務などを選べるでしょう。 自営業のトレーダーは職場環境をより自由にカスタマイズできますが、プロのトレーダーは有給休暇、病気休暇、ボーナスなど、職場から収入を得ることができます。

  • 611

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera