1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. エド・スィコータはコンピュータトレードの先駆者
2023-05-29 ・更新

エド・スィコータはコンピュータトレードの先駆者

過去数十年にわたって外国為替市場が信じられないほど変化した、というのは秘密でもなんでもありません。技術進歩は良い方向へ取引を変えましたが、この進歩を支援する人々を知る者はほとんどいません。外国為替取引にITソリューションをもたらした有名なトレーダーであるエド・スィコータ氏について聞いたことがありますか?彼の資本利益率は、ウォーレン・バフェット氏、ジョージ・ソロス氏、ウィリアム・J・オニール氏との比較されます。彼は間違いなく最も優れたトレーダーのひとりになっていました。

エドワードアーサースィコータ氏は1946年には1946年8月に生まれましたが、幼い頃に家族と米国に移住しました。スィコータ氏の父親は株式相場師としての自分自身を試み、最終的に息子の最初の取引の指導者になりました。

エド・スィコータ氏はオレゴン州ポートランドで5歳で初めての取引をしました。父親は彼に金色のメダリオン、販売促進小品を贈りました。そして彼はそれを隣家の子どもに5枚の拡大レンズで交換し、まるで通過儀礼に参加したかのように感じました。また、エド・スィコータ氏は早期に技術分析に興味を持ち始めました。9歳の頃には、彼のベッドルームが中古ラジオやテスト機器、オシロスコープでいっぱいでした。スィコータ氏は波形を生成して表示するのが好きでした。13歳のときに、父親は株式を購入する方法を教え、価格がボックスの最上位を突破したときに買い、最下位を突破したときに売るべきだと説明しました。それはエド・スィコータ氏の開始点になりました。

1969年MITでS.B.の電気工学の学位を取得しました。ある日彼は技術者のリチャード・ドンチャン氏によって書かれた記事を読んで、興味をそそられました。ドンチャン氏は分散型で簡単な5日間と20日間の移動平均システムが相当な利益率をもたらせることを実証しました。エド・スィコータ氏は自動金を生み出す機械に魅了されました。そのため、近所のコンピューターサービス店でブロックタイムを買って、ウォールストリートジャーナルからのカードを登録して夜を過ごしました。その後、ドンチャン氏の結果を再現し始めました。エド・スィコータ氏はパラメーター設定を変更しようとしましたが、他の組み合わせも有効であることがわかりました。また、長期平滑化はうまく機能し、取引コストは短期間のシステムで下がるように見えることに気が付きました。それは、将来取引のグルがテクニカル分析を初めて体験した物語です。

エド・スィコータ氏は1970年代初めに大手証券会社に就職し、取引キャリアを始めました。スィコータ氏は、先物市場でお金を管理するための商業化された最初の取引システムの1つを開発しました。スィコータ氏は週末に取引システムをテストするために会計処理用のマシン、IBM 360/65を使いました。彼はカードを登録し、FORTRAN 4でバッチジョブ入力を行いました。スィコータ氏は約半年間で、8種類の商品についての10年分のデータを、4つの簡単なシステムを使って約50通りの組み合わせについてテストすることができました。

結局、仲介会社の経営陣はスィコータ氏の研究に基づいて製品を開発しました。しかし問題だったのは、シグナルに対する態度や手数料収入を増やしたい上司との考え方の違いにより上手く行かなくなり、成果報酬型のポジションに移ったことだった。エドワード氏は、会社の最良の戦略が顧客のためにお金を稼ぐことだと言いました。販売ではありません!その上、上司はシステムから生成された手数料の10%をスィコータ氏に与えることを拒否しました。結果として、エドワード氏は会社を辞めました。

23歳でエド・スィコータ氏は自分のファンドを作ることになります。彼は1万~2万ドルを持つ6つの口座で取引を行いました。例えば1988年中頃には、5000ドルで始めた顧客の口座は25万パーセントを超えるまでになっていました(その期間引き出されたお金を含めて計算すれば、理論的には数百万パーセントになっていました)。それは本当に驚異的な結果です。しかし、その結果は10年以上の取引に及んでいることを覚えておいてください。これは偶発的なものではなく、幸運な連勝でもありません。

エド・スィコータ氏はルールを信じる人です。 彼がしていることはすべて、自分のために概説した厳格な取引ルールに基づいています。そのおかげで、うまくいかない時にも平静を保つことができました。

スィコータ氏が最も大事にされた5つの取引ルール:

1. 損切り

資本を守ることは、トレーダーの主要な仕事となります。お金を稼ぐことは二番目です。 取引損失を利用してください。それは、相場があなたの取引の考え方を無効にする瞬間に損失を受けることを意味します。

間違えて相場があなたの好きに向かうことを期待する場合は、すでに失われてしまっています。取引損失を利用する最善の方法は、計画を立てることです。小いポジションと組み合わせれば、他の外国為替トレーダーより何光年も先まで行くでしょう。

2. 利喰いはじっくり

取引は、70%または80%の勝率を有する目的としていません。それは、決定が正しいときにあなたがどれくらい得るか、間違っているときにどれくらい失うかということになってしまいます。

2人の同じような成功した市場プレイヤーは存在しません。各プレイヤーは、市場、テクニカル分析やファンダメンタル分析、さらにはリスク管理についても、独自のスのタイルと意見があります。しかし、彼らはすべて一つのとても重要なルールを共有しています。彼らはすべて、利益率に対して非対称リスクが必要です。言い換えれば、利益がリスクを大きく上回らなければなりません。そして、非対称リターンを達成する唯一の方法は、利喰いはじっくりと考えることです。

3. ポジションは小さく保つ

取引中に感情を抑える最高方法の1つは、ポジションを小さく保つことです。 1つの取引にあまりにも多くのリスクを抱えていると、恐怖と欲求を開発するでしょう。

流動性の純資産の10%以下に投機してください。取引で投機的な資本の1%以下にリスクを押さえるようにしてください。これは、純資産と比較して、売買勘定の変動を小さく保つ傾向があります。取引ごとのリスクは、口座残高の1%以下でなければならないことに注意してください。これにより、お金を失わなく、気後れせずに、続落記録に耐えることができます。

しかし、エド・スィコータ氏は流動性の純資産のパーセンテージも定義しています。これには、現金及びすぐに現金化することができるその他の資産が含まれます。彼のルールに従って、(個人取引口座を使用して)流動性の純資産の10%以下で投機することができます。

それは可処分所得で取引の理解させるため、重要です。言い換えれば、家賃や水道光熱費、食料品、またはその他の必需品のために必要としないお金を危険にさらします。

4. 躊躇なくルールに従う

エド・スィコータ氏は取引ルールが不可欠であると強調しています。お金をどのくらいリスクできるか、損失中に何をすべきかを定義するルールであろうとも、取引ルールは成功にとって非常に重要です。

これらの限界は、取引を除いて人生のあらゆる面にあります。取引をするとき、リスクをどのくらい与えるか、または売買するかどうかは誰も教えてくれません。それはすべてあなた次第です。これは取引ルールが重要なである理由です。ルールは、多くの限界を持たない世界で規律ある取引を続けるのに役立ちます。

5. ルールを変えるべき時を知る

エド・スィコータ氏は、どうしてルールに従うこととルールを変えることのバランスが重要であるかをとても良く説明しています。

時々彼はテクニカル分析から完全に切り離されています。たまには、強い感情に基づいてシグナルを無視することもあります。時々、ただ終了することもあります。彼が創造性を果たさないなら、それはある爆発になるかもしれません。現実的な環境をたたくことは、成功のキーポイントとなる取引の寿命を延ばすように思われます。つまり、よく直感に従うことは自分の取引ルールに従うことと同じくらい重要です。

間違いなくエド・スィコータ氏は最も成功したトレーダーの一人です。彼は値動きのトレーダーではないかもしれませんが、スィコータ氏から学べることは本当に貴重です。 実際にこれをテストしてみませんか?

今すぐ取引する!

  • 7323

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera