1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 興味深い取引事例:FBSのトレーダーは、グローバル銀行が失敗したところで生き残った
2023-05-29 ・更新

興味深い取引事例:FBSのトレーダーは、グローバル銀行が失敗したところで生き残った

最近は歴史的な出来事が取引で起こりました。

この事例は非常に驚くべきことであり、間違いたくブログに投稿する価値があります。最悪のタイミングで開始された取引注文の例をチェックしてください。これは、中央銀行を揺り動かしたショックの途中で生じ、多くの外国為替ブローカーを忘却のかなたへ追いやられました。市場は崩壊し、人々は破産しましたが、当日はFBSで注文した男性は勝ち抜きました。

どうしてそうなったのですか?最初は背景となる話を見てみましょう。

経験のあるトレーダーは2015年1月に発生したユーロ/スイスフランの大暴落を覚えているかもしれません。見たことがない人が以下の厳密な描写を確認できます。

chart wth.jpg

スイス政府の予測可能性と高い評価は、スイスフランがお金のために「安全な場所」であると投資家に信じさせました。しかし、投資家がスイスフランにもっと頼りにしたら、通貨の価格が劇的に押し上げました。 

問題は、高いフランがスイス経済に大きな痛手を与えることです。なぜなら、スイスは海外販売に大きく依存しているからです。たとえば、商品およびサービスの輸出はGDPの約70%を占めています。 

フラン安を保つためには、スイス国立銀行(SNB)は、スイスフランの対ユーロの上限、1ユーロ=1.20フランを維持しました。 

SNBは約束を守り、ユーロ/スイスフラン為替レートのバランスを取るため、追加の百万フランを発行しました。また、ユーロに対してフランを安く保つために、外国為替市場で無制限に通貨を売りました。

しかし、一番面白いことは1月15日に発生しました。その日、SNBは突然ユーロ買い・スイスフラン売りの介入を終了すると宣言しました。これにより、投資家がパニックに陥り始めました。 

フランは急騰しました。 

スイス株式市場は崩壊しました。 

弊社のトレーダーの一人が、ショックの直前に4つの注文を開きました。

取引を始めた直後にその状況を見ていると想像してみてください。 

Screencast by unknown Japanese trader

しかし、良いことは、開いた注文のサイズが小さかったから、取引を続けるために十分なマージンがありました。そして、「スワップフリー」口座で取引していたので、一日中注文を開いたままにしていました。 

これはFBSの歴史における最長の取引になりました。 

最近、ユーロ/フランは1.2を回復しました。つまり、FBSのトレーダーの開いた注文が歴史上最大の市場崩壊を生き残り、ほとんど損失を免れることができるように長く続きました。 

blog case pic.jpg

残念ながら、この口座の所有者は1月15日以来ログインしていないようです。誰も彼を非難しませんが、同時に彼がこの驚くべき回復を見るチャンスを失ってしまいました。そうしないと、彼は間違いなくこの幸運な口座で取引を続けますね。

その話の教訓(もしあれば)は、「安全な場所」を信じておらず、いつも取引口座を確認する必要があるということです。 

興味深い取引事例をご存知でしたら、コメントでお知らせください。または、お気に入りのミームなどをお送りください。楽しみにお待ちしています。

有益な取引となりますように!

  • 1730

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera