1. FBS >
  2. ブログ >
  3. ラテンアメリカ諸国における危機。2019年にアルゼンチンに何があったのか?
2021-10-11 ・更新

ラテンアメリカ諸国における危機。2019年にアルゼンチンに何があったのか?

1.gif

ラテンアメリカの通貨、特にアルゼンチンペソが最近非常に不安定になり、市場に注意している多くのトレーダーが急激な変化に気付きました。現在、アルゼンチンペソは激しい上下動を伴う急落を経験しています。ボラティリティの高い通貨にとっても値動きが速すぎます。そのようなジェットコースターの原因は何でしょうか?

ラテンアメリカ経済の特徴性:背景

大半の経済学者と専門家によると、インフレと通貨の切り下げの原因は政治です。1990年代のジンバブエの経済危機、2010年代のベネズエラの経済危機、1929年のウォール街大暴落さえも、重要な政治基盤を背景にあります。 

ラテンアメリカ諸国は、しばしばインフレーションの大きな影響を受けています。しかし、理由は何ですか?経済学者アンドレ・A・ホフマンはいくつかの理由を挙げました。ホフマン氏は、国の歴史的発展が現在の発展状況の重要要因の一つであると考えています。したがって、ラテンアメリカ諸国の現状の二つの重要要因は次のとおりです。 

  1. ほとんどのラテンアメリカ諸国の経済は、一つの一次産品輸出に依存しています。通常、それらはコーヒー豆、トウモロコシなどの農産物と銀などの天然資源です。
  2. 歴史を通して、ラテンアメリカ諸国には厳密かつ明確な経済戦略がなく、ほとんどの場合、時の勢いで動いていました。さらに、通常、これは、外国投資と政治的影響への依存も含みました。

ラテンアメリカ諸国の輸出品目は、食品やコーヒー豆、穀物、食肉、鉱物性燃料など一次産品が中心となっています。依然として輸出製品の大部分は農産物です。たとえば、アルゼンチンの全輸出に占める農産物シェアは52%、コロンビアのは約39%となっていますOECに基づく)。したがって、厳しい経済問題の最も簡単な理由は、洪水と干ばつ、雨などの影響です。つまり、不作は経済に深刻な打撃を与える可能性があります。 

ラテンアメリカ諸国は独立しており、植民地とはみなされていませんが、それらの経済は外国投資と密接に関連しています。たとえば、メキシコへの主な海外直接投資国は米国です。2018年に米国は123億ドル(メキシコ経済への全投資の39%)を投資しました。したがって、投資量の減少、またはその可能性さえも、通貨の安定性に深刻な影響を与えることができます。 

2.jpg

2019年8月~9月のアルゼンチン:何が起こるのか?

2019年8月12日、アルゼンチンペソはわずか数時間で約30%急落し、一時1ドル=65ペソと最安値を更新しました。ブエノスアイレス証券取引所の代表的指標であるメルバル指数(MERVAL)は31%下落しました。国債も同じでした。これにより、アルゼンチンの通貨、株式、債券はすべて同時に急落し、経済は9年ぶりに完全に崩壊しました。

最初に頭に浮かぶのはもっともらしい説明は、政治的な理由です。実際は、それは一連の不愉快なイベントでした。それらのイベントの一つまたは二つだけであったら、ペソは生き残ったでしょう。しかし、すべてを組み合わせると、経済危機を引き起こす重要な要因になりました。 

考えられる原因を見てみましょう。最初に、予想通り、政治です。8月11日に、10月のアルゼンチン大統領選挙の予備選挙が行われました。しかし、このイベントは意外な方向に進みました。マウリシオ・マクリ現大統領の約32%得票率に対し、クリスティナ・フェルナンデス・デ・キルチネル前大統領が後援したアルベルト・フェルナンデス元首相の得票率は47%になりました。 

アルゼンチンの選挙制度によると、予備選挙は大統領選挙の最終結果にあまり影響を与えませんが、マクリ氏の大きな遅れを見せています。これは、投資家、特に2014年にクリスティーナ・キルチネル政権下で引き起こされた債務不履行を覚えている人々にとって、深刻な鳴り響く鐘となりました。 

その結果、予備選挙は投資家に次の印象を残しました。国の将来の進路は不透明であり、確実性なければ、投資もありません。 

3.jpg

同時に、アルゼンチンまだ食料危機にあります。2018年は半世紀に1度の干ばつに見舞われ不作となりました。これは、輸出品の大部分が食品と農作物である国に甚大な経済損失が引き起こされます。今年、農家はよりよい作物を予測していますが、深刻な干ばつはすでにアルゼンチンの農産物輸出量を減少します。結果として、経常収支は赤字幅が拡大し続けいます。これにより、他の理由は、農作物の減少と輸出量の減少です。

4.jpg

また、ペソが安定しなかったもう一つの理由は、予備選挙で敗北した後のマクリ氏の声明となりました。マクリ氏は自国債務や国際通貨基金(IMF)との合意で再交渉する計画を発表しました。また、国の拡大していく金融危機を封じ込めるために他の深刻な対策をとりましたが、失敗したそうです。ペソは再び25%下落しました。 

IMFはアルゼンチンにすでに560億ドルを融資しましたが、マクリ氏は投資の支払いを増大するために更に約54億ドルを要求しました。そして、IMFは「こうした困難な環境の中でアルゼンチンとの関係を継続する」ことに同意しましたが、彼の勝利に疑問があります。結局、マクリ氏は必死に避けようとしていたことをし、IMFからより多くの金融支援を求めました。アルゼンチン国民は、マクリ大統領が危機を克服することを期待していたので、予備選挙であまり支持しませんでした。したがって、第3の理由は、政治家への期待の失敗でしょう。 

5.png

次は何が来るのか?

クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル元アルゼンチン大統領は、2014年に国を深刻な危機と債務不履行に陥りました。クリスティーナ・キルチネル元大統領は、ネスター・キルチネル(夫)が大統領在職中に亡くなった後に大統領になりました。キルチネル夫婦の政権下では、インフレ率は最大となり、腐敗はラテンアメリカ諸国にとってさえ耐え難いものになりました。したがって、投資家がキルチネル氏が戻ってくるのを見るのに不安を感じたのも不思議ではありません。

マウリシオ・マクリ氏などのビジネスマンによる経済政策は、IMF以外の投資家を引き付けましたが、市民を引き付けませんでした。これらの政策は、アルゼンチン人の生活の質も経済成長のスピードも上昇させませんでした。そしてそれは、債務不履行に陥ったクリスティーナ・キルチネル氏はマクリ氏よりアルベルト・フェルナンデスの副大統領首相としてより多くの支持を得ることになりました。 

ほとんどの経済学者は、アルゼンチンペソがさらに下落すると予想しており、この予想は決して明るくないです。おそらく、野党候補は投資家の必要な支援を得られず、国の債務は高い水準にとどまる可能性があります。

トレーダーにとってどういう意味があるのか?

アルゼンチンペソ、ブラジルレアル、トルコリラは、ボラティリティの高いため、深刻な上昇下降を繰り返します。これらの通貨の為替レートの激しい変化は、市場にも重大な変化を引き起こし、トレーダーはそれから大きな利益を得るチャンスがあります。政治状況に目を光らせ、ファンダメンタル分析を慎重に使用すれば、通貨のジェットコースターでお金を稼ぐことができます。

FBSで取引する

  • 1075

絶好調

データ収集通知

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera