1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. SMAとEMAの比較
2023-10-13 ・更新

SMAとEMAの比較

cover.png

移動平均線は取引戦略で頻繁に使用されるツールです。 正しく知識を持って使用すれば、とても有益なツールとなります。 このサイトでは、両者の違い、EMAの計算方法、取引上でのEMAの設定、EMAをベースにした戦略の使用について説明します。

SMA(単純移動平均線) とは

SMA(単純移動平均線) は、選択された価格範囲の平均値で描かれます。 この値は、指定された期間の終値の価格を合計し、その数を期間の日数で割ることで算出されます。

EMA(指数平滑移動平均線) とは

SMAは過去のすべての価格データを等しく重視しますが、EMAは直近の価格を重視します。 EMAは古いデータよりも現在のデータを重視するため、SMAよりも最新の価格変動に敏感に反応します。 そのため、トレーダーによってはEMAを移動平均線として好む傾向があります。

他にもSMMA(平滑移動平均線) とLWMA(線形加重移動平均線) という2種類の移動平均線があります。 両者の移動平均線の主な違いは、計算に使用されるデータの変化に対する感度にあります。

SMA(単純移動平均線) と EMA(指数平滑移動平均線)

SMAもEMAもテクニカル指標です。 両者とも過去のデータを使用して証券価格のスムーズなトレンドラインを生成するものですが、 この2つの違いはどこにあるのでしょうか。

EMAは直近の価格に大きなウェイトを置くのに対し、SMAはすべてのデータポイントに等しくウェイトを置きます。そのため、EMAはSMAよりも速く変動を反映することとなります。

分析に使用する最適な移動平均線は取引戦略によって異なりますが、 重要なことは、どの移動平均線も他の移動平均線より優れているわけではないということです。 たとえば、EMAは直近の値動きをより正確に表してトレンドの特定を素早くおこなえますが、SMAに比べると短期的な変動が大きくなります。

EMA(指数平滑移動平均線) の計算方法

EMAの計算は、SMAの計算より少し複雑です。

  • SMAを計算する。

SMA=一定期間中の終値の合計/その期間の日数

  • 前回のEMAの平滑化・加重係数の倍率を計算する。

倍率=2/(その期間の日数+1)

  • 現在の期間のEMAを求める。

現在の期間のEMA=(終値-前回の期間のEMA) *倍率+前回の期間のEMA

初めてEMAを計算する場合は、前回のEMAの代わりにSMAを使用することができます。

どんなに複雑そうに見えても、いまはコンピューターが移動平均線を計算してくれるので、自分で計算する必要はありません。

EMAの設定

EMAをMetaTrader 4およびMetaTrader 5のチャートに適用するには、「挿入」–「インディケータ」–「トレンド系」を選択します。 次に、“Moving Average”ボタンをクリックし、MAメソッドをExponentialに変更します。

また、EMAの期間や方法、色も選択することができます。

SMA Vs EMA_1200x675_2.png

経験豊富なトレーダーは、通常、終値にしたがってEMAを計算します。

8日EMAと20日EMAはデイトレーダーに人気があり、50日EMAと200日EMAは長期投資家に向いている設定です。

EMAを使った取引

1. EMAリボン戦略

トレーダーは、価格チャートに1本の移動平均線ではなく、複数の移動平均線をプロットした移動平均線リボンを見ることがあります。 一見複雑に見えますが、EMAリボンはチャートアプリケーショ ンで簡単に見ることができ、短期、中期、長期のトレンドの動的な関係を視覚化するシンプルな方法です。

トレーダーやアナリストは、移動平均線とリボンから、転換点、継続性、買われ過ぎ/売られ過ぎの状態、サポートとレジスタンスの領域、価格トレンドの強さを読み取ります。

移動平均線リボンを表示するには、さまざまな期間の長さの複数の移動平均線を価格チャート上にプロットします。 一般的な移動平均線のパラメーターは、8本以上で、2~400期間のものが使用されます 最もポピュラーなEMAリボンは、20~55期間のEMAを8本のラインで描いたものです。

すべての移動平均線がチャート上の一点に収束したとき、トレンドの強さが弱まり、反転を示唆している可能性があります。 移動平均線が扇形に広がって離れている場合はその逆で、価格がレンジ相場であることや、トレンドが強いもしくは強まっている可能性を示唆しています。

下降トレンドでは、短期の移動平均線が長期の移動平均線の下に交差します。 逆に、上昇トレンドでは、短期の移動平均線が長期の移動平均線の上に交差します。

移動平均のリボンは解釈が容易です。 指標は、移動平均線がすべて一点で交差したときに売買シグナルを示します。 トレーダーは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へ突き抜けたときに買い、短期移動平均線が他のすべての線を上から上へ突き抜けたときに売りを考えます。

SMA Vs EMA_1200x675_3.png

さらに、トレーダーはEMAリボンをサポートとレジスタンスレベルとして使用します。

  • 価格が上昇トレンド中に、ローソク足がEMAリボンを下抜けしてそのまま取引が終了した場合は売りシグナルとなります。
  • 価格が下降トレンド中に、ローソク足がEMAリボンを上抜けしてそのまま取引が終了した場合は買いシグナルです。

SMA Vs EMA_1200x675_4.png

重要:分析を容易にするために、移動平均の種類をリボン全体で統一 (EMAまたはSMAのみを使用) してください。

2. DEMA(2重指数平滑移動平均線戦略)

以下に挙げる戦略は、スイングトレーダーに最適なものです。 短い時間枠で2つのEMAを使用するとノイズが多くなる可能性があるため、戦略に最も適したH1時間枠を使用することをお勧めします。

ロングポジションを建てるための戦略:

  • 短期EMAが長期EMAと交差して上昇するのを待つ。
  • 他の確認事項(重要水準のブレイク) を待つ。
  • ストップロスは直近の高値または安値の後ろに置く。
  • 移動平均線の方向を追跡する。
  • 短期EMAが長期EMAを下方に交差するか、価格が目標値に達した後で、ポジションをクローズする。

SMA Vs EMA_1200x675_5.png

画像では、6月15日のAUDUSDのH1チャートに茶色の13期間EMAとオレンジ色の21期間EMAを適用しています。 オレンジ色の線が茶色の線と上向きに交差したときペアは上昇し始めました。 トレーダーは、レジスタンスレベルとして機能する直近の高値をブレイクアウトした後、ロングポジションを開始します。 そして、オレンジのEMAが茶色のEMAを上下逆さまに横切るようにポジションを閉じます。

SMA Vs EMA_1200x675_6.png

逆に、オレンジ色の線(短期EMA) が茶色の線(長期EMA) を下方に横切る場合、これは売りの取引を開始する機会を示す可能性があります。 短いEMAが長いEMAを上方にクロスしたときに、ポジションを閉じる必要があります。

3. EMAを動的なサポートとレジスタンスとして使用する

移動平均線は、サポート領域とレジスタンス領域を示すこともあります。 EMAの上昇は値動きをサポートし、EMAの下降は値動きのレジスタンスとなる傾向があります。 トレーダーは、上昇EMAに近づいたら買い、下降EMAに近づいたら売りの取引を開始する必要があります。 この戦略では、H1の25EMAが最も適しています。

SMA Vs EMA_1200x675_7.png

SMAとEMA:まとめ

戦略によって、トレーダーは異なる期間とタイプの移動平均線を好みます。 しかし、EMAは他の平均移動線よりも遅れが少なく、直近の価格をより重視するため、特によく使用されます。 EMAは、実際に効果的な多くの取引戦略で使用されます。EMAリボンはエントリーポイントを見つけたり、相場の反転を発見したりするための最も価値あるツールの1つです。

  • 5591

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera