1. FBS >
  2. FBSブログ >
  3. 常識は取引の罠
2023-03-13 ・更新

常識は取引の罠

cover.png

取引は利益を生むこともあれば、リスクを伴うこともあるのはご存知だと思います。 多くの初心者トレーダーは、計画や戦略を練らずに市場へ参入し、多くの失敗をしているのです。 彼らがしている大きな間違いは、一般的な知識を盲信し、それだけで十分な利益を得られると考えてしまうことです。

今回は、取引における常識、それがトレーダーにどのような不利益をもたらすのか、彼らが陥りやすい罠、そしてそれらを回避するためのヒントについて解説します。

要点

  • 一般的な知識には、今までの戦略、パターン、ツール、ソフトウェアなど、初心者トレーダーが学習リソースから得ることができる基本的な情報が含まれます。
  • トレーダーが市場状況を分析しリスク管理をせずに、完全に信用してしまうと、罠に陥ってしまうことがあります。
  • 取引でよくある罠は、市場の状況を分析しすぎること、プランなしに取引すること、オーバートレード、1回の取引に全資金を投入すること、リスク管理が不十分なこと、などが挙げられます。
  • トレーダーは、現在の市場状況にさらに注意を払い、詳細なリスク管理計画を立て、自分の予測だけに頼らずに取引戦略を変更することで、これらの罠を避けることができます。

一般常識とは

初心者トレーダーが取引前に学ぶ情報は、全て常識的な情報です。 これには、様々な戦略、パターン、インジケータ、その他様々なコースや初心者向けのガイドからピックアップすることができるヒントが含まれます。

この情報は重要であることは否定できません。 しかしながら、初心者トレーダーは将来の値動きを予測するために頼るパターンや戦略は、市場が自分にとって有利に動くことを保証するものではないことを理解せず、それを紛れもない事実として受け入れてしまうのです。 しかし、なぜこのようなことが起こるのか、みていきましょう。

一般常識が取引の罠になるのはなぜか

常識が取引の罠になる理由は複数あります。

市場の動きは予測できるという、一般的な考え方に大きく依存しています。 しかし、実際にはそうではありません。 主に取引資金が限られた個人トレーダーが利用しています。 なので、彼らの取引判断が市場の動きに影響を与えることはあまりありません。 しかしながら、市場に影響を与えるのは、莫大な資本を持つ大手金融機関の意思決定となります。 資産価格の動きを実際にコントロールしているのは彼らで、どんな常識も彼らの動きを予測できるわけではありません。

もう一つの理由は、トレーディングとは本来、同じ市場環境から利益を得ようとする買い手と売り手の対立であることです。 どちらかが勝てば、もう一方は負けることになります。 同じ戦略やツール、パターンを見ているのに、その知識が一方を助け、もう一方を罠にはめるのです。

これは、トレーダーが成功する上で一般的な知識を実際に適用する能力に起因するものではないことを示すものです。 これは、多くのトレーダーが決断をする際に見落としている、他の要因や行動によって左右されます。

trading_trap_1200x675_1_cover.png

取引でよくある失敗と罠

分析しすぎ

初心者が取引について学び始める時、まずどこを見ればいいのかがわからないことが多いと思います。 そして、様々な取引ソフトやシステム情報を見て、それらを全て自分の取引戦略に組み込もうとしてしまいます。

つまり、取引スタイルによって適したツールが異なるということを理解していないのです。 すべてのトレーディングソフトを一度に使うと、圧倒されて疲れてしまい、トレーダーが良い戦略を立てることが難しくなります。 また、異なるツールは相反する結果をもたらし、トレーダーをさらに混乱させ、将来の損失につながることもあります。

計画性や規律の欠如

取引計画をすることは、初心者が戦略を守って、自分の目標や経済的能力を理解するのに役立ちます。 何の準備もなく手探りで取引すると、トレーダーが予期せぬ市場の動きに直面した時に、大きな損失をもたらす可能性があります。 また、明確なプランがないまま取引をすると、トレーダーは感情に流されてしまい、ギャンブル的な思考に陥りやすくなります。

オーバートレード

多くのトレーダーが取引で安定した利益を上げることができない主な理由として、最初から取引をしすぎるという傾向にあるのが挙げられます。 オーバートレードは、トレーダーに多くのスプレッドや手数料コストを蓄積させるだけでなく、資金を早く使い果たす原因となる大きな問題です。 トレーダーはオーバートレードだけでなく、全損失をする前にペースを落として、念入りに練られた戦略を使う必要があります。

リスク管理の不備

トレーダーの中には、自分が損をする可能性はないと思い、それに応じた計画を立てない人がいます。 しかし、取引する上で負けることは必ずあり、この可能性を無視することは良くありません。 もし、リスク管理戦略を準備するのが大変と思う人は、自分が失っても大丈夫な金額以上のリスクを取引しないことが大事になってきます。

お金を管理しない

実際のお金を使った取引は、どんなに賢明なトレーダーでも集中力が欠けます。 現実のお金が絡んでくると、すぐに行動したくなるという衝動に駆られ、持っているお金を全て使ってしまいがちになります。 しかし、取引には考え抜かれた計画とスキルが必要になります。 取引金額を制限しないと、やがて悪いことが起きます。

取引の罠を避けるためのヒント

ここでは、このような取引の失敗や罠を避けるためのヒントを紹介します:

  • 最悪の事態を想定しておく 自分の戦略に自信があったとしても、市場が自分に有利に動かない場合に備えて計画を立てておくことが重要です。
  • 予測は当てにしない 人気のある指標でも完全に信用することはできません。なので、値動きをよく見て、自分の予想が当たらなそうな場合は素早く行動するようにしましょう。
  • 取引プランを作っておく 取引計画を立てることで、財務状況を把握することができ、感情に流されず、軽率な判断を避けることができます。
  • オープンマインドでいること もし、市場の動きが自分の予想と乖離していた場合は、それに応じて戦略を調整し、資金を貯めるようにしましょう。
  • パニックにならない ある決断から別の決断へと飛び移るよりも、一つの戦略を貫く方が取引をする上で良いのです。 絶対に必要だと、それが確信に変わったときに計画を変更し、それに集中しましょう。

まとめ

一般常識は、初心者トレーダーが取引の基本を理解するのに役立ちます。ですが、初心者向け講座で学んだことだけを頼りにするのはよくありません。 自分の予測に固執せず、実際に市場がどのように動いているかに注意を払いましょう。そして、リスク管理をしっかり行うことで、最も一般的な取引の罠や間違いを避けることができます。

  • 412

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera