ドル/円 金/米ドル ポンド/円 テクニカル分析 2019/08/10

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■ドル/円を日足で分析すると

約1カ月半107円~109円のレンジで推移していたドル円ですが8月に高値109.31円を付けた後から大幅に下落し大陰線が形成されたことで、翌日にはさらに下落し、107円も割り込み週末の金曜日に、今年の二番底を更新しました。

これはトランプ大統領が中国への追加関税第4弾を発動すると発表したことが要因です。

また、7月の雇用統計は良好でしたが、米中貿易戦争の行方に対する不安からドル円はさらに下落し、106円半ばまで下落しました。

さらに週末の金曜日は7月米卸売物価指数(PPI)コア指数が予想を下回ったことで2番底を更新しました。

この状況で利下げが行われたらさらに3円ほど下落し、102円~100円まで下落すると推測します。

金/米ドル テクニカル分析

■金/米ドルを日足で分析すると

5日に1ドルあたり7元台と11年3か月ぶりの安値となったことでトランプ大統領が批判し、両国の対立が激化するとの見方が広がったこと、米経済指標も冴えない内容であったことからレジスタンスラインの1452$をブレイクし上昇しました。

オシレーター系のRSIも70台で推移していること、1489$で下値がささえられていることから下値は堅く、今後ドル安が進めば再び、1500$台まで上昇する可能性があると推測します。

ポンド/円(GBP/JPY) テクニカル分析

■ポンド/円を日足で分析すると

5月に高値 146.51円を付けてからは下落基調が継続し、約4カ月で134円まで下落し、さらに続落し今年の最安値を更新し127円まで下落しました。

今週の大きな下落な要因としては、4-6月期英GDP速報値が-0.2%となり、マイナス成長となったことを手掛かりに、ポンドは下げ幅を拡大しました。

今後、このまま続落した場合、2016年10月1日に付けた安値 124.78円を目指す可能性があります。

同様

毎週の市場見通し:11月2日~6日

先週、多くの通貨ペアが9月の安値に達しました。今週は、新米国大統領が発表するNFP、いくつかの中央銀行が金利設定があります...そしておそらくBrexitでなんらかの進歩があります。ハロウィンはまだ続いているようですね。

最新ニュース

毎週の市場見通し:11月23日~27日

毎週のビデオでは、EUR、USD、GBP、金、石油価格の長期、中期、短期のトレンドを分析するための実践的なアプローチを採用しています。

ウィークリー市場の見通し:11月16〜20日

今週が私たちに何をもたらすか見てみましょう!このビデオでは、主要な市場イベントについて説明し、EUR / USD、AUD / USD、GBP / USD、および金の新たな分析を行います。

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

データ収集通知

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
00:30:00後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera