取引においてのジグザグとフラットパターン

推進波と違って、修正波はもっと複雑でトリッキーな構造となっています。 それらは、シンプルで複雑な修正パターンです:

  • ジグザグ
  • フラット
  • ダブル / トリプルジグザグ
  • ダブル / トリプルスリー
  • トライアングル

最初の2つは(ジグザグとフラット)、単純なパターンであり、複雑な修正のかたまりです。 今回は、ジグザグパターンとフラットパターンを検証していきます。

取引におけるジグザグパターンとは?

ジグザグパターンは、価格がジグザグの形に動くことを表しています。 つまり、ほぼ平行な2本の線をジグザグになるように繋げた線のことです。 それは、いわゆる”修正波”と呼ばれるもので、状況に応じて強気、弱気、横ばいの動きになります。 この記事の後半では、取引をする上で出会うかもしれない全ジグザグパターンと、それを取引プラットフォームで識別する方法について説明します。 

他の修正パターンと同様、ジグザグは3つの波に細分化されており、それらはA-B-Cと表示されます。

下向きジグザグインジケーター

ジグザグパターンの主なルール

  • ジグザグは、3つの波に細分化されます。
  • 波Aは、常にインパルスかリーディングダイアゴナルです。
  • 波Bは、どのような修正パターンもあり得ます。
  • 波Cは、常にインパルスまたはエンディングダイアゴナルです。
  • 波Bは波Aより短いです。
  • 波Cは波Bより長いです。
  • 波Aと波Cは推進波で、波Bは修正波です。

多くのトレーダーは、価格には波があると考えています。 ジグザグは、最も重要な価格波動の一つであり、ほとんど全てのインパルス波(5つの波動を含むインパルス)の後に見つけることができます。 これらのルールを覚えるのは一見大変そうに見えますが、慣れると徐々に取引が上達していきます。

また、修正波を見極めるための取引ツールであるジグザグ・インジケーターを設定することも可能です。 

ジグザグインジケーターの計算式

上級トレーダー向けの複雑な計算式から始めて、よりシンプルなバージョンに移行します。 

ZigZag (HL, %change = X, retrace = FALSE, LastExtreme = TRUE)

If %change >= X, plot ZigZag

場所:

HL = High-Lowの値動き

%変化 = % で  価格 の最小移動量

レトレース = 直前の動きのリトレースメントもしくはピークから谷までの絶対的な変化

LastExtreme = 複数の期間で 極値が同じ場合、極値は最初の観測値または最後の観測値となります。

この式は、独自のジグザグインジケーターを設定する必要がある場合に便利です。 ジグザグインジケーターの動作を理解したいだけという方は、以下のヒントを参考にしてください。  

  1. スタートポイント(スイングハイまたはスイングロー)を選択する。
  2. 価格変動率(%)を選択する。
  3. 開始点とは異なる次のスイングハイまたはスイングローを特定する => % 値動き。m
  4. 開始点から新しい点までトレンドラインを引く。
  5. 新しい点とは異なる次のスイングハイまたはスイングローを特定する => % 値動き。
  6. トレンドラインを描く。
  7. 直近のスイングハイまたはスイングローを繰り返す。

">" は「大なりイコール」を意味します(例:X => 5 は 「X 大なりイコール 5」) 。

ジグザグインジケーターをインストールするには、MQL5ウェブサイトからダウンロードし、MetaTraderにカスタムインジケーターをインストールする方法のチュートリアルに従うことが必要です。

ジグザグインジケーターの制限

ジグザグは、相場の後に動いているテクニカル指標が、今度は相場の前に出てくる遅行性のテクニカル指標です。 つまり、ある動きが終わりかけている時に、突然ジグザグインジケーターが線を引くこともあります。 従って、この指標と他の強力なテクニカル指標を併用することにより、今後の動きをいち早く察知することができるかもしれません。 そのような指標として、フィボナッチリトレースメントがあり、トレーダーがサポートラインとレジスタンスラインの可能性をマークするのに役立つツールになります。 MT4におけるテクニカル指標を読んで、その機能を理解することを忘れないでください。 

トレーディングにおけるフラットパターンとは? 

フラットパターンは、修正波が3つに細分化され、A-B-Cと表示されますが、構造は異なります。 これは、トレンドに逆行する修正パターンです。 このパターンは、それまでのトレンドのリトレースメントとなる傾向があり、フラッグパターンのように見えることもあります。 また、あるときは、価格の進展よりも横ばいの時間が長い、単純なレンジのように見えることもあります。

チャートパターンの種類

下のチャートからわかるように、B波とC波の長さによって、3種類のフラットパターンがあり’ます。

レギュラーフラット: B波がA波とほぼ同じ(90%以上)、Cの波がBの波と同じになる傾向があります。

エクスパンドフラット: B波はA波より長く、C波はB波より長い。

Running Flat: B波はA波より長いが、C波はB波より短い。

フラットパターン

フラットパターンの主なルール

  • フラットは3つの波で構成されています。
  • A波は、三角形以外の修正パターンが考えられます。
  • B波はどのような修正パターンもあり得るが、多くの場合はジグザグです。
  • 波Cは、常にインパルスまたはエンディングダイアゴナルです。
  • B波の長さはA波の90%以上です。
  • C波は通常、B波と同等かそれ以上の長さです。
  • 波Aと波Cは推進波で、波Bは修正波です。

ジグザグパターンとフラットパターンの実例

下向きジグザグパターン

チャートは波動(ii)の単純なジグザグとa波とc波のインパルスを示しています。 これが、ジグザグの最も一般的な構造になります。 また、波(ii) の後に形成されたリーディングダイアゴナルにも注目しましょう。 その模様はジグザグのエンディングを確認しました。

 ジグザグをダウンロードする

a波の先行斜め上向きジグザグ

エリオット波動パターンは、暗号資産通貨を含むすべてのマーケットで形成されます。 下のイーサリアムのチャートでは、3つのジグザグを見つけることができます。 一番大きいのは波(ii) です。 ご覧のように、(ii) の波(a) はリーディングダイアゴナルパターンです。 波ii(右側)は、同じ構造のジグザグです(波((A)) はリーディングダイアゴナル)。 もうひとつのジグザグは、波b(チャート中央)であり、その波((A)) は波((C)) よりもはるかに長いです。 そのような不釣り合いなことが起こることもあるわけで、今、あなたが直面できることは何なのかを知ることです。

A波の先行斜め上向きジグザグ

((c))波の後方斜め上向きジグザグ

また、C波に後方斜線を持つジグザグも可能で、次のチャートでこのケースを見ることができ’ます。  ここの波((a))はインパルスですが、波((b))の後に波((c))のエンディングダイアゴナルがあります。 すでにご存知のように、終了斜線は、動機波の最後の波(インパルスの波5やジグザグのC波)の位置で形成される可能性があります。

C波の先行斜め上向きジグザグ

下向きのジグザグと先・後方斜め線

下のチャートは、ジグザグの動機波が、先行する対角線と後方する対角線のように形成される珍しいケースを表しています。 対角線は縮んでいる方が一般的ですが、広がっている構造もあり得ます。

上向きのジグザグで千号ダイアゴナルと後方ダイアゴナル

ジグザグをダウンロードする

次のチャートにあるように、ジグザグの波Cが速い動きをすることもあります。 波(a)の構造は単純ですが、波(c)はたった3本で構成されています。 これは通常、ニュースや政治的な出来事が値動きに影響を与える場合に起こります。

ジグザグをダウンロードする

レギュラーフラットパターン

下のチャートでは、b波がフラットパターンになってい’ます。 波((B)) の長さは波((A)) の約0.9なので、これはレギュラーフラットとなります。 しかしながら、波 ((C)) はかなり速いです。 もう一つ面白いことがあります。 波 ((A)) と波 ((B))には、2つのジグザグがあります。 最初のパターンは、波(A) が拡大するリーディングダイアゴナルとなっており、これはとても珍しいです。 次のジグザグは、((B))の波動(A)の先行対角線が収縮しており、この方が一般的です。

レギュラーフラットパターン

レギュラーフラット、エンディングの対角線がC波の場合

フラットパターンのC波は、次のチャートに示すように、エンディングダイアゴナルになる可能性もあります。 波(b)は波(a)よりも短いので、レギュラーフラットとなります。 しかしながら、波(c) のエンディングダイアゴナルは、波(a) の高値下で終わり、それがランニングフラットの終わり方です。 このように、実際の市場では、フラットパターンの種類によって、いくつかのバリエーションが存在し’ます。

C波の先行対角線上にあるレギュラーフラット

エキスパンドフラットパターン

最後のチャートは、拡大したフラットパターンの完璧な例です。 波((B)) は波((A)) よりもはるかに長く、波((C)) の終わりは波((B)) の安値を更新しています。 その後の波((1))の強気インパルスは、フラットなパターンが終わったことを確認するものです。

エキスパンドフラット

まとめ

フラットパターンやジグザグパターンを識別することは、そのようなパターンの多くのバリエーションを知る必要があるため、初心者のトレーダーには難しいかもしれません。 これらのパターンは一見複雑に見えるかもしれませんが、これを理解することによって、トレーダーは世界の市場構造をより良く理解することができます。 なので、これらのパターンは、様々な取引手法に役立つことでしょう。 また、ROCインジケーターAaronインジケーターのチュートリアルをご覧になっていただき、取引について更なる理解を深めてください。 

よくあるご質問

  • FBSで稼いだお金を引き出す方法

    手続きはとても簡単です。 ウェブサイト上の出金ページ、またはFBS個人エリアの財務セクションにアクセスし、出金を選択します。入金に使用したのと同じ支払いシステムで、稼いだお金を引き出すことができます。様々な方法で口座に入金した場合、入金額と同じ比率で同じ方法で利益を引き出してください。

  • 口座の開設方法

    弊社ウェブサイトの右上にある口座開設 ボタンをクリックして、FBS個人エリアに進んでください。取引を開始される前にプロフィール確認を行ってください。次はEメールと電話番号を登録し、ご本人確認を行って頂きます。こちらの手順はお客様の資金の安全性と個人情報保護を保証します。全ての確認が済み次第、お好みの取引プラットフォームへ進んで取引を開始できます。 

  • 取引を始める方法

    18歳以上であれば、FBSに登録をして外国為替を始めることができます。取引するためには、証券取引口座と市場においてのアセットについての知識が必要です。  無料の教材を通して基礎を学んでからFBS口座の作成し、取引を始めましょう。デモ口座を利用して仮想のお金で取引試すこともできます。準備ができ次第、実際の市場に参入して取引で成功しましょう。  

  • レベルアップボーナスを有効にするには?

    FBS個人エリアのウェブ版、又はモバイル版でレベルアップボーナス口座を開き、最大140ドルのボーナスを無料で獲得できます。

最新ニュース

CPIを前にUSDは変な動きをする

米国は8月10日15:30 GMT+3にインフレ率およびコアインフレ率(US CPIおよびコアCPIとも呼ばれる)を発表する予定です。

NFPの発表: USDにワンモアパンチ?

米国労働統計局は、8月5日15:30 GNT+3に、月平均時給、非農業部門雇用者数(NFP)、および失業率を発表します。

英国引き締めを加速

イングランド銀行(BOE)は、8月4日14:00 GMT+3に、公定歩合を発表し、金融政策に関する声明を発表する予定です

各国の決済システムで入金可能

団結力を感じよう

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

フェイスブックでフォローしてください。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera