エリオット波動論のトランケーション

エリオット波動は、値動きの波の繰り返しを識別することに基づくテクニカル分析のグラフィック手法の一種です。 この方法によると、波には種類があり、ある条件下では切り捨てのような現象が現れるという。

トレーディングにおけるトランケーションとは

多くのインパルスでは、エリオット波動の第5波は第3波の極限を超えるが、時には第5波が第3波の終点に達しないこともあります。 この現象をトランケーションまたはトランケートウェーブと呼びます。 つまり、時には第5波が弱く、第3波の終盤に到達せずに終了することもあり得るのです。 このような状況は、インパルスの第5波終了斜線で起こり得ます。 先行する斜めの第5波が切り下がることは、可能であっても稀なことです。 通常、切り下げは強い第3波の後に起こります。 トレーディングプラットフォームでは、さまざまな種類の波の動きを追跡することができます。

トランケーションの実例

下のチャートでわかるように、波((i))の上昇インパルスがあり、波(iii)で大きく伸びているのです。 波(iv)はフラットなパターンとして終了(次回の記事で検証する予定)。 また、波(iv)の終点から5波の値動きがあり、その後に下落しています。 したがって、波動((i))の第5波は切り捨てられたことが判明しています。

第5波でのトランケーション、画像1

トランケート波の種類

トランケートエリオット波動には、2つのタイプがあります:

インパルス波

インパルス波は、トレンドの方向を決定する個別の方向性のある相場の動きであり、最も一般的な駆動波のタイプです。 インパルスでは、第4波は第1波の領域と重なりません。

ダイアゴナル波

ダイアゴナル波とは、1つまたは2つの修正形が存在するためにインパルスにならなかった運動パターンを表します。 対角三角形は、インパルス波と同様に、対向するどのサブウェーブも最後にアクティブになったサブウェーブの大きさ以上にロールバックできないことが大きな特徴です。

リーディングダイアゴナル波とエンディングダイアゴナル波という区別があります。 エンディングダイアゴナルは、第5波の代わりに展開する特殊な波で、過去の第3波の動きは、エリオットが表現したように、“速すぎて、遠すぎた”のです。

トランケーションの認識方法

リアルタイムの波数計算でトランケーションを認識するのはなかなか難しいので、いくつかのコツを紹介します:

1. 多くの場合、第3波が巨大なインパルスでは、トランケーションが形成されます。 したがって、そのような場合は、第5波が失敗する可能性に注意する必要があります。

2. 同時に、第4波の終点から5波の値動きをする場合は、常に選択肢があるのです。 しかし、相場は第3波の終わりを越えて動くことはありません。 このような場合、5波動の値動きは5波動の1波であったり、5波動そのものであったりします。 ここで重要なのは、この第4波以降の5波の値動きがどうなるかです。もし局所的な3波の修正があれば、第5波が継続される可能性が高いです。 しかし、その代わりに5波の値動きが形成された場合、5波目の切り下げを覚悟しなければいけません。

3. 下のチャートでわかるように、第3波が巨大でなくても、切り捨てに直面することがあるのです。 ここで波((3))は波((1))より少し多いが、波((5))は第3波の安値を更新することができませんでした。 このようなケースは、通常、大きなトレンドが息切れしているときに起こります。 念のため申し上げておきますが、リアルタイムでトランケーションを見極めようとするのは非常にリスクが高いので、5波動の値動きが反対方向に形成されたときだけ想定すればよいのです。

第5波でのトランケーション、画像2

4. 次の例では、トランケーションが少ない状況を示しています。 波動((v))の高値は波動((iii))の終点よりも狭い範囲で低くなっています。 その後、5波動の下落が到来し、切り捨てが行われたことが確認されます。 波((iii))が長く、トランケーションの可能性が指摘されていることに注目です。

波形のトランケーションが小さい

5. また、エンディングダイアゴナルパターンの第5波も同様に切り捨てられる可能性があります。 すでにご存知のように、多くの場合、終値の対角線はジグザグに構成されているので、このパターンのトランケートされた第5波は、インパルスのような5波の値動きではなく、ジグザグのように形成される可能性があります。 インパルス波と同じ理屈なので、エンディングダイアゴナルの拡大でトランケーションが発生するのはよくあることです。 拡大ダイアゴナルの第3波は通常、第1波よりも長いため、市場は疲弊し、第5波は単に第3波の終点に到達するのに十分な強さを持ちません。

エンディングダイアゴナルパターンの波形の切り出し

6. もうひとつ、対角線展開でトランケーションを見分けるコツがあります。 第5波がジグザグであることから、このパターンのC波は終了斜線になる可能性があります。 したがって、第5波Cのダイアゴナルの終点が第3波の極限に達しない場合、トランケーションになる可能性がそれなりにあるのです。 この状況の一例が下図にあります。 ダイアゴナルの上辺からプルバックがあり、大規模な弱気ラリーにつながりました。

拡大対角線におけるトランケーション

ボトムライン

エリオット式によれば、インパルスやエンディングダイアゴナルの第5波はトランケーションができます。 5つ目の切り捨てられたエリオット波動の形は、影響を受けません。 インパルス波ではインパルスまたはダイアゴナル、ダイアゴナル波ではジグザグとしてトランケーションが形成されます。 リーディングダイアゴナルの第5波で打ち切られることは極めて稀です。 逆方向の5波動の値動きでトランケーションを確認する。

よくあるご質問

  • FBSで稼いだお金を引き出す方法

    手続きはとても簡単です。 ウェブサイト上の出金ページ、またはFBS個人エリアの財務セクションにアクセスし、出金を選択します。入金に使用したのと同じ支払いシステムで、稼いだお金を引き出すことができます。様々な方法で口座に入金した場合、入金額と同じ比率で同じ方法で利益を引き出してください。

  • 口座の開設方法

    弊社ウェブサイトの右上にある口座開設 ボタンをクリックして、FBS個人エリアに進んでください。取引を開始される前にプロフィール確認を行ってください。次はEメールと電話番号を登録し、ご本人確認を行って頂きます。こちらの手順はお客様の資金の安全性と個人情報保護を保証します。全ての確認が済み次第、お好みの取引プラットフォームへ進んで取引を開始できます。 

  • 取引を始める方法

    18歳以上であれば、FBSに登録をして外国為替を始めることができます。取引するためには、証券取引口座と市場においてのアセットについての知識が必要です。  無料の教材を通して基礎を学んでからFBS口座の作成し、取引を始めましょう。デモ口座を利用して仮想のお金で取引試すこともできます。準備ができ次第、実際の市場に参入して取引で成功しましょう。  

  • レベルアップボーナスを有効にするには?

    FBS個人エリアのウェブ版、又はモバイル版でレベルアップボーナス口座を開き、最大140ドルのボーナスを無料で獲得できます。

最新ニュース

CPIを前にUSDは変な動きをする

米国は8月10日15:30 GMT+3にインフレ率およびコアインフレ率(US CPIおよびコアCPIとも呼ばれる)を発表する予定です。

NFPの発表: USDにワンモアパンチ?

米国労働統計局は、8月5日15:30 GNT+3に、月平均時給、非農業部門雇用者数(NFP)、および失業率を発表します。

英国引き締めを加速

イングランド銀行(BOE)は、8月4日14:00 GMT+3に、公定歩合を発表し、金融政策に関する声明を発表する予定です

各国の決済システムで入金可能

団結力を感じよう

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

フェイスブックでフォローしてください。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera