MACD(移動平均収束/発散)

MACD(移動平均収束/発散)

MACDは、多くのトレーダーの武器として最も有力なテクニカルツールの一つです。この指標は、トレンドの強さと方向性を確認し、反転ポイントを見つけるために使用されます。

MACDとは「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で、直訳すると「移動平均・収束拡散取引手法」となり、2本の 移動平均線を用いることで、相場の周期とタイミングを捉える指標です。

設定方法

MACDはMetaTraderのデフォルトのインディケータに含まれているので、ダウンロードする必要はありません。チャートに表示するには、「挿入」→「インディケータ」→「オシレーター」をクリックして、「MACD」を選択してください。MACDはチャートの下側に別画面で表示されます。

通常の分析においては、短期EMA期間は12、長期EMA期間が26日で、シグナル(SMA)の平均期間は9日を利用する場合が多いです。しかし、取引スタイルや目標に応じて他のパラメーターを設定することもできます。たとえば、MACD(5、35、5)のほうがもっと敏感であり、週足チャートにもっと適しているかもしれません。

シグナルの平均期間を長くなると、クロス(交差)シグナル数が減り、ダマシシグナルを避けるのに役立ちます。しかしその場合、取引シグナルはよりも遅く発生します。

この指標はどの期間にも適用できますが、H1以上の期間を選択することをおすすめします。

MACDの仕組み

MACDの背後にある主な考え方は、短期の移動平均線(EMA)から長期の移動平均線を引くことです。このようにして、MACDはトレンドフォロー指標を勢いのある指標に変え、両方の機能を組み合わせます。

MACDには限界値がありませんが、ゼロラインがあり、その周囲に移動平均収束、発散、交差が発生する傾向があります。

移動平均が互いに近づくと収束が起こります。移動平均が互いに離れると発散が起こります。12期間のMAが26期間のMAを上抜けたら、MACDヒストグラムはゼロ線を超えます。一方、12期間のMAが26期間のMAを下抜けたら、MACDヒストグラムはゼロ線を下回ります。その結果、ヒストグラムのプラス値は上昇トレンド、マイナス値は落下トレンドを示します。

MetaTraderのMACDインジケーター

MACDの使い方

つまり、MACDが0を上回ると市場は強気になり、0を下回ると弱気になります。

MACDはトレーダーにシグナル線のクロスオーバー(交差)、買われ過ぎ/売られ過ぎレベル、センターライン(ゼロライン)クロスオーバー、発散のシグナルを与えます。

1. シグナル線のクロスオーバー

強気のクロスオーバーは、MACDが上昇してシグナル線を超えると発生します。MACDが低下して、シグナル線を下回ると、弱気のクロスオーバーが発生します。

MACDは、狭いレンジ相場で、トレンド発生時に効果的な指標となります。トレンドを把握して、このトレンドと一致しているMACDのシグナルだけ使用するのは良い取引戦略であるかもしれません。

下の図では、下降トレンドの場合はシグナル線とのマイナスのMACDクロスオーバーのみで取引する方が良いことがわかります。

MACDは強気トレンドと下降トレンドを指摘

2. 買われ過ぎ/売られ過ぎレベル

MACDをオシレーター系として使用することもできます。相場は常に平均値に戻り、速いMAは常に遅いMAに戻るというのは常識です。MA間の発散が大きいほど(より低いまたはより高いのはMACDヒストグラム)、相場は強気/弱気であり、MACDが0に戻る調整の可能性が高くなります。

結果として、相場が買われ過ぎ/売られ過ぎであるというサインとしてMACDの極端な高値/安値で取引することができます。MACDには上限も下限もないため、MACDレベルを視覚的に比較することによって、状態を判断する必要があります。ただし、このシグナルは、値動きまたは他のテクニカル指標からの確認を必要とするので、注意してください。

信号線との負のMACDクロスオーバー

3. ゼロラインのクロスオーバー

強気のゼロラインクロスオーバーは、MACDが0を超えてプラスになるときに発生します。これは上昇トレンドの確認として使用できます。 MACDが0を下回ってマイナスになると、弱気のゼロラインクロスオーバーが発生します。これは下降トレンドを確認するために使用できます。

ここではMACDは2つのMAシステムに類似した取引シグナルを与えます。取引戦略の一つは、MACDがゼロラインを上回ったときに買い(指標が0を下回るまでポジションを保持)、MACDがゼロラインを下回ったときに売る(指標が0を超えたとき取引を終了)ことです。ただし、このアプローチは強いトレンド相場の場合のみ有益です。ボラティリティがあり、横向きの相場では、このアプローチは損失につながる可能性があります。

買われ過ぎ/売られ過ぎのレベル

4. 発散

さらに、指標と価格の間の発散/収束に注意を払ってください。価格が低水準にあり、MACDヒストグラムが上げ渋ると、強気の収束が形成されます(買いシグナル)。価格が高水準にあり、MACDヒストグラムが下げ渋ると、弱気の発散が形成されます(売りシグナル)。

MACDゼロラインクロスオーバー

メリットとデメリット

MACDの最大の利点の一つは、それが同時にトレンドと勢いの指標であるということです。ただし、他のテクニカル指標と同様に、MACDは完璧ではありません。その主な欠点は、それが値動きよりも遅いシグナルを与えることです。さらに、MACDはすぐに使えるストップロスとテイクプロフィットを提供しません。

まとめ

MACDは有用なテクニカル指標です。MACDはさまざまなシグナルを生成し、取引システムの強固な基盤を表すことができます。ダマシのシグナルを除去するには、MACDを他のテクニカル分析ツールと組み合わせて使用してください。

よくある質問

  • 口座の開設方法

    弊社のウェブサイト上にある口座開設 ボタンをクリックして、パーソナルエリアに進んでください。取引前に、プロフィール認証をパスしてください。Eメールと電話番号、ID認証を受けてください。この手順はあなたの資本の安全性とアイデンティティを保証します。全ての確認が済み次第、好みの取引プラットフォームに進んで取引を始めてください。 

  • FBSで稼いだお金を引き出す方法

    これはとても簡単です。ウェブサイト上のWithdrawal ページ又はFBS パーソナルエリアのファイナンスセクションに進んでください。入金時と同じシステムを利用して、稼いだお金を引き出すことができます。様々な方法で清算勘定していた場合、入金された合計額の割合によってそれと同じ方法でお引き出しします。

  • 取引を始める方法

    18歳以上ならば、FBSに登録して外貨為替を始められます。取引するためには、証券取引口座と市場においてのアセットについての知識が必要です。 無料教材 と FBS口座の作成 で、基礎を学んでから始めましょう。デモ口座を利用して仮想のお金で試すことができます。準備ができ次第、実際の市場に参入して取引で成功しましょう。  

  • レベルアップボーナスを始動させるには?

    FBS個人エリアのウェブ版又はモバイル版でレベルアップボーナス口座を開き、口座に最大$ 140を無料で提供します。

最新ニュース

毎週の米国の雇用データ:USDの可能性

米国は、10月21日15:30 MT時間 (GMT+3)に、週単位の失業手当を公表します。 この指標は、前週の個人の新規失業保険加入者数を示しています。

英国のインフレ率がGBPを上昇させる可能性

英国は10月20日、09:00MT時間 (GMT+3)にインフレ率を発表します。

為替に大きな影響を与えるイベント: 米小売売上高

米国の小売販売は、10月15日15:30 MetaTrader時間(GMT + 3)に行われます。

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

調子が絶好調

データ収集通知

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

フェイスブックでフォローしてください。

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera