エンディングダイアゴナルパターン

前の記事では、リーディングダイアゴナルがあることを発見しました。それはインパルスまたはジグザグの始まりとして機能します。 今日は、インパルス(5波)またはジグザグ(C波)のトップストーンとして機能するパターン、つまりエンディングダイアゴナルパターンについて詳しく調べましょう。

エンディングダイアゴナルパターンの主なルール

  • このパターンは5つの波に細分化されます。
  • 2波は1波の始点を超えることはありません。
  • 3波は常に1波の終点を抜けます。
  • 4波は通常、1波の終点を超えます。
  • 5波はほとんどの場合、3波の終点を抜けます。
  • 3波は最短ではありません。
  • 2波はトライアングルまたはトリプルスリー構造にはなりません。
  • 1波、3波、5波はジグザグのように形成されます。

 エンディングダイアゴナルパターン

ご覧の通り、リーディングダイアゴナルとの主な違いは、エンディングダイアゴナルの推進波はジグザグ構造のみであることです。 しかし、時々私たちはいくつかの複雑な構造に直面することもあります。ですが、一般的にエンディングダイアゴナルはジグザグで構成されています。 エンディングダイアゴナルの推進波のポジションには、ダブルジグザグがあることもあります。しかし、全修正パターンを通過する際に、このトピックについて少し後で取り上げる予定です。

モデルタイプ

エンディング・ダイアゴナルには、収縮型(contracting)と拡張型(expanding)の2つのバリエーションがあります。 収縮型のエンディングダイアゴナルでは、一般的に最初の波が最も長くなりますが、拡張型のパターンでは通常、最初の波が最も短くなります(いずれの場合も、3番目の波は最短ではありません)。 また、リアルタイムの波のカウントでは、拡張型エンディングダイアゴナルは収縮型よりもリスクが高いと考えられています。

下のチャートでは、第5波のポジションに収縮型のエンディングダイアゴナルがあります。 ご覧の通り、波(i)が最も長く、全推進波がジグザグで構成されています。 下方のダイアゴナルからの反発は、波(i)での上昇トレンド形成につながりました。

第5波の位置に収縮型のエンディングダイアゴナル

ただし、収縮型のエンディングダイアゴナルの場合は、時々第3波が最も長くなることがあります。 正直に言うと、これは‘エリオット・ウェーブ入門’という本のルールには反するものですが、このようなケースは市場でよく起こるため、私たちは何に直面する可能性があるのかを知る必要があります。

次のチャートは、第5波における収縮型のエンディングダイアゴナルを示していますが、パターンの第3波は第1波よりも長く、第5波よりも短いです。 つまり、最も長い第3波とダイアゴナル上の収縮があるということです。

第5波における収縮型のエンディングダイアゴナル

エンディングダイアゴナルについて、もうひとつ知っておくべきことがあります。 下例のように、価格が第1波と第3波からのラインに到達できないこともあります。 このパターンの第1波が最も長くなります。(第3波が最も短くなることはありえません) このパターンは、より大きな第3波の第5波の位置で形成され、その後下降の修正波(波((iv))) があり、さらに上昇のインパルス波(波 ((v))) が続きました。

FXチャート ユーロ スイスフラン

収縮型のパターンにおいても、第3波が最も長くなる場合がありますが、第1波と第3波の間に引かれたラインが第5波によって触れられないこともあります(次のチャートをご確認ください)。

最も長い第3波を持つ収縮型のパターン

ここには、下のチャートに拡張型のエンディングダイアゴナルがあります。 ご覧の通り、第1波が最も長いことがわかります。 また、第5波はパターンの上側に達していません。 この手のエンディングダイアゴナル上ではよくあることです。

チャート上のエンディングダイアゴナル

拡張型ダイアゴナルに関する例がもう一つあります。 この第5波もパターンのボトムラインに達していませんが、ダブルジグザグのように形成された波(iii)を見てください。 この修正フォーメーションについてはまた別の記事を掲載しますが、今はただ、終了斜線の推進波が単なるジグザグでないこともあることを覚えておいていただきたいです。

拡大型ダイアゴナルの例

まとめ

エンディングダイアゴナルは、インパルスまたはジグザグの終わりを示すものです。 このパターンは、ジグザグまたはより複雑な修正形成から構成されています。 エンディングダイアゴナルの後の修正の期間は、パターンが全体の波のカウントのどの位置にあるかによって異なります。

よくあるご質問

  • 口座の開設方法

    弊社ウェブサイトの右上にある口座開設 ボタンをクリックして、FBS個人エリアに進んでください。取引を開始される前にプロフィール確認を行ってください。次はEメールと電話番号を登録し、ご本人確認を行って頂きます。こちらの手順はお客様の資金の安全性と個人情報保護を保証します。全ての確認が済み次第、お好みの取引プラットフォームへ進んで取引を開始できます。 

  • 取引を始める方法

    18歳以上であれば、FBSに登録をして外国為替を始めることができます。取引するためには、証券取引口座と市場においてのアセットについての知識が必要です。  無料の教材を通して基礎を学んでからFBS口座の作成し、取引を始めましょう。デモ口座を利用して仮想のお金で取引試すこともできます。準備ができ次第、実際の市場に参入して取引で成功しましょう。  

  • FBSで稼いだお金を引き出す方法

    手続きはとても簡単です。 ウェブサイト上の出金ページ、またはFBS個人エリアの財務セクションにアクセスし、出金を選択します。入金に使用したのと同じ支払いシステムで、稼いだお金を引き出すことができます。様々な方法で口座に入金した場合、入金額と同じ比率で同じ方法で利益を引き出してください。

最新ニュース

インバランス取引戦略

この記事では、ボリューム、テクニカルインジケーター、価格パターンが不要な取引戦略を紹介します。 お客様に必要があるのは、プライスアクションに注意を払うことだけです。 イムバランスに関するチュートリアルへようこそ。

モメンタム取引戦略

この記事では、MACD+RSI取引戦略について説明し、FX市場で取引機会を特定するためにどのように効果的に利用できるかを解説します。

ウィリアムズ氏の戦略

ビル・ウィリアムズ氏は、最も人気のある以下のマーケット指数の生みの親です: オーサムオシレーター、フラクタル、アリゲーター、ゲーター。

各国の決済システムで入金可能

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera