米国経済の減速は、どのように良いことなのか? 

米国経済の減速は、どのように良いことなのか? 

2022-08-01 ・更新

悪いニュースは、2022年の米国経済が2四半期連続で減速し、テクニカルリセッションに突入したことです。 これは、2四半期連続の国内総生産(GDP)縮小です。 しかし、良いニュースとしては、経済の減速は、米国がインフレとの戦いに勝利するために必要なことかもしれないことです。

米国経済はパンデミックからの回復を再開し、消費者の貯蓄の消費と市場に投入された景気刺激策に支えられ、経済成長は猛烈な勢いで回復しています。 しかし、この非常識な支援が物価を強く押し上げ、強い需要と控えめな供給でインフレは制御不能になりました(9.1%、40年ぶりの高水準である)。

USeconomy.png

FRBの利上げは需要減退に役立ちましたか?  

2022年3月以降4回、うち2回は75bpの連続利上げを行い、インフレ率を目標の2%に戻そうとしたFRBの介入が、今、経済に反映されているのです。 米国の中央銀行は、借り入れをより高くすることで需要とインフレを冷やすために、お得意の手段である金利に頼っているが、経済を不況に陥らせる危険性があります。

急激な利上げの成果が出始めているようです。 米国経済は2四半期連続で0.9%縮小し、物価上昇に伴う個人消費の鈍化、投資・経済活動の低下、住宅市場の低迷など、景気の低迷を反映しました。 パウエルFRB議長は、深い不況に入ることなくインフレ率が下がるチャンスを与えるために、需要が「持続的に」下がることを望んでいると述べました。

パウエルは、米国経済は今不況ではないと考えているが、経済が減速しており、インフレを回復させるためにはもっと減速する必要がありそうだと認めています。 連邦準備制度理事会は、過去40年間で最も高いインフレとの戦いにおいて、たとえそれが経済の縮小と雇用市場の鈍化を意味するとしても、簡単にはいかないと述べました。

米国経済の減速は、どうして良いことなのでしょうか?

景気が減速すればするほど、インフレ圧力は低下し、物価は落ち着きます。 その結果、FRBは積極的な利上げを緩和し、今後の会合で小幅な利上げに向かうと思われます。 危険なのは、経済が縮小する中で、需要が激減し、経済が後退に追い込まれることです。

米国経済の縮小は、FRBの利上げに影響を与えるでしょうか?

GDPの減少がFRBの利上げサイクルに影響を与えることはないと考えています。 というのも、エコノミストも一国が不況に陥っているかどうかを測るのに使う、減速の証拠がまだ米国の雇用統計や解雇者数の増加に現れていないからです。 失業率は3.6%と安定し、大流行前の水準から最も低い水準となりました。

今度の労働市場のデータは、リセッションに向かうか否かを判断する最高の材料になるでしょう。 ジェローム・パウエル氏は、米国経済が景気後退に陥っているのか、それともその入り口にいるのかという疑問を退け、米国企業が毎月35万人以上の雇用を増やし続けていることから、労働市場の強さを主張しました。

ログイン

同様

最新ニュース

各国の決済システムで入金可能

団結力を感じよう

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera