イングランド銀行の会議

イングランド銀行の会議

イングランド銀行は、英ポンドの主主要な原動力となる英国の金融政策を担当しています。その理由で、取締官の会議は英国通貨にとって非常に重要です。 

最後の会議では、金融政策委員会は全会一致で0.25%の超低金利を保有し、量的緩和政策を継続することを承認しました。イングランド銀行が2017年のGDP予測を1.4%から2.0%に急上昇させたにもかかわらず、企業投資と消費者心理のリスクが強調されました。結局のところ、英国経済はBrexitの影響を受けていないとの懸念から、多くのトレーダーは中央銀行からの激励のコメントを期待していました。しかし、イングランド銀行総裁であるマーク・カーニーは、取締官の次の動きが金利の引き上げになることを確認しないことで投資者を失望させました。その結果、取引コミュニティは、中央銀行の立場が変わったかどうかを知りたいと考えています。

魅力的なプロモーション

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。