Bitcoin

ビットコイン

Bitcoin  は何でしょうか?

1990年代後半、ノーベル賞受賞エコノミストのミルトン・フリードマンは、電子通貨  の早期の上昇を予測しました。 サトシ・ナカモトという知られていない人が20年前にビットコインのコンセプトを発表し、「ピア・トゥー・ピア電子式キャッシュシステム」として説明されました。それは、ビットコインのロードマップを作成したwhite paper  に記載された考えに基づいています。現在でも、これは最も分かりやすく正確な説明です。
現在、ビットコインは、世界的な暗号通貨と電子決済システムであり、中央機関や仲介人を要しないユーザーによる初の分散的電子通貨としても知られています。 ユーザーの観点から見ると、ビットコインは、自分のビットコイン・ウォレットを提供し、ユーザー間でビットコインを送ったり受け取ったりするモバイル・アプリやコンピュータ・プログラムにすぎません。ほとんどのユーザーにとっては、これがビットコインの仕組みです。
2017年4月末現在、ビットコインの時価総額は200億ドルを超え、毎日数億ドル相当のビットコインが取引されています。 その人気は、他の通貨の問題を解決するため急激に増加しています。電子的に発行され、電子管理されており、商品やサービスを購入したり、世界のどこにでも送金できます。ビットコインは、世界的に受け入れられる最初の電子通貨です。ビットコインは、両替も最低額制限もなく、銀行口座が必要ありません。そのため、ビットコインを使う個人や企業が急速に増えています。これには、レストラン、アパート、法律事務所など一般的な企業や人気のオンラインサービスが含まれます。
ビットコインが物理的な通貨ではありません。取引履歴は、クラウド内やペーパーウォレットに保管されています。これは、電子ウォレットに格納された情報、開鍵暗号と秘密鍵のコピーを含む文書を意味します。ビットコインは、銀行や政府によって発行されたり発行されたりすることはなく、商品として実質価値がありません。ビットコインは、 legal tender  ではないにもかかわらず、人気が高く、Altcoins  と呼ばれる他の仮想通貨の販売を開始しました。 2106 

Bitcoin  の分析

ビットコインはまだ技術と経済の最先端の実験です。 それはデジタルキャッシュ、cryptocurrency 、国際決済ネットワーク、インターネットのマネーとして知られていますが、何と呼ぶにしても、ビットコインは誰もがお金を使用し、理解する方法を変える革命です。 
ビットコインの残高を確認するためには公開鍵暗号と秘密鍵が必要になります。公開鍵暗号と秘密鍵は、数学的なencryption  アルゴリズムによってリンクされた数字と文字の長い文字列です。 
秘密鍵は、その名前が示すように、プライベートに保たれ、所有者がその名前でデジタルファイルに署名するために使用されます。 公開鍵は、秘密鍵と数学的に関連しており、デジタルファイルが実際に秘密鍵で署名されていることを検証します。 さらに、この公開鍵は、所有権を認証したい人々間で共有することができます。

ビットコインのしくみ

ビットコインは peer-to-peer  通貨であり、仲介人なしでビットコインを送受信できるシステム上で動作します。 簡単に言えば、ファイアット通貨は、取引を検証するために、銀行やビザなどの支払処理装置に依存しています。 これは、送信された支払いが実際に受け取られたかどうかを確認する方法です。 しかし、ビットコインのトランザクションは、ビットコインのブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていきます。 この情報は永久的であり、 一 般に公開され、変更または削除することはできません。 すべての取引が記録されているため、これを見れば、取引の整合性を誰でも検証することができます。また、ビットコインが重複しないようにプログラムされているため、二重支払はほとんどありません。
新しいビットコインは、「マイニング」と呼ばれる競争と分散化の過程で生じます。 このプロセスは、個人が、そのサービスに対し、ネットワークから報奨を得るというものが含まれます。ビットコインの miners  は、専門的なハードウエアを使って取引を処理し、ネットワークを安全にし、それと交換にビットコインを得るのです。基本的には、計算上困難なパズルを解いて新しいblock  を発見し、それを blockchain  に追加し、少数のビットコインの形で報酬を受け取ることになります。2009年にブロックの報酬は50個の新しいBitcoinsでした。 しかし4年ごとに減少しています。 
ビットコインプロトコルは、新しいビットコインが固定レートで作られるようにデザインされています。これにより、 Bitcoin mining  は非常に競争の激しいビジネスになります。 より多くのマイナーがネットワークに加わると、利益を上げることがますます困難になり、マイナーは効率的に作業コストを下げる必要があります。
市場に出回るビットコインの合計数が2100万個になり、発行が完全に中止されるまで、新しいビットコインが毎年作られる数は、時間が経つにつれて自動的に半減します。その際、ビットコインのマイナーは、多数の小額取引手数料のみで、支えられることになるでしょう。 

ビットコインの値打ちは?

他の全てと同じように、ビットコインの価格は需要供給の法則によって決まります。供給は2100万個のビットコインに制限されています。そのため、ビットコインを使用する人が増えるにつれて、需要が増加し、固定供給量と合わせて価格が上昇することになります。世界でビットコインを使用している人がまだ比較的少ないため、伝統的な通貨パターンから見て、ビットコインの価格は日々大きく変動することがありますが、 より多くの人々が使用し始めると上昇し続けます。 たとえば、2017年4月にビットコインの価格は1223ドルとなりました。2016年後半から770ドル前後と大幅に飛躍しました。将来は、ビットコインに対する注目度の高くなる場合、この追加需要に対応するために、少なくとも数十万ドルの価値があるはずです。
また、ビットコインの価格は、マイニングネットワークの規模にも大きく依存しています。ネットワークが大きくなればなるほど、新しいビットコインを生成することがより困難になるので、コストがかかります。その結果、ビットコインの価格は生成コストが高くなるにつれて上昇しなければなりません。ビットコインのマイニングネットワークの総力は過去12ヶ月間で3倍以上に増加しました。
(ビットコインの詳細とリアルタイム価格については、Investopedia Bitcoin Center  ををお読みください)

ビットコインの発明者は?

ビットコインのアイデアは、匿名の人物であるサトシ・ナカモトによって概念化されました。 2008年5月には、ピア・トゥー・ピア型の暗号通貨であるビットコインに関するホワイトペーパーを共有しました。 サトシは、自分の身元を明かすことなく、ビットコイン仕様とコンセプトの証明を発表しました。ビットコインはコンピュータソフトウェアによって「マイニング」され、ユーザー間で直接転送され、第三者を要せずに公開分散元帳に記録されていきます。

サトシの前

メディアのスピンによると、ドン・キホーテ風の天才のサトシ・ナカモトが一人でどこからともなくビットコインを作成したと信じがちであるにもかかわらず、そのようなイノベーションは真空中では起こりません。すべての重要な科学の発見がどんなにオリジナルに見ても、以前の研究に基づいて作られていました。ビットコインには前兆もあります。例えば、1997年にアダム・バックがハッシュ・キャッシュを発明し、そしてウェイ・ダイがb-マネー、ニック・サボーがビットゴールド、ハル・フィニーが再利用可能プルーフ・オブ・ワークのコンセプトなどです。ビットコインのホワイトペーパー には、ハッシュ・キャッシュとb-マネーのほか、いくつかの研究分野にまたがるさまざまなものが掲載されています。

ビットコインに投資

デジタル通貨が通貨の未来の形だと信じているビットコインの支持者がたくさんいます。 その考えを支持する人は、ビットコインが世界中の取引のためのはるかに高速で手数料なしの支払いシステムであると考えています。 中央銀行のような中央機関は存在しないが、ビットコインを伝統的な通貨と交換することができます。 実際、ビットコイン/米ドルの為替レートは、潜在的投資家や通貨に興味のあるトレーダーを引き付けます。 確かに、ビットコインなどのデジタル通貨の成長の要因の一つは、金のような伝統的な commodities  とファイアット国内通貨の代替品として行動できることです。
2014年3月、 IRS  はビットコインを含むすべての仮想通貨については通貨としてではなく、property  として扱い、課税対象とする方針を決めました。capital  として保有されるビットコインの損益は、capital gains  または損失として実現されますが、 inventory  として保有されるビットコインは通常の損益が発生します。

ビットコインの入手方法

支払いとして受け取る

現金の代わりにビットコインで支払いを受ける人々もいます。実店舗を持っている場合は、単に「ビットコインを取扱う」という看板を表示して、多くのお客様があなたの申し出を引き受けるかもしれません。トランザクションは、QRコードやタッチスクリーン・アプリを介して、、必要なハードウェア端末またはウォレット・アドレスで処理することができます。オンラインビジネスではビットコインを簡単に受け入れることができます。クレジットカードや、ペイパル決済などのサービスにこの支払いオプションを追加するだけです。オンライン支払いにはビットコインマーチャントツール(Coinbase やBitPayなどの外部プロセッサー)が必要です。 

利払い

ビットコインを得るもう一つの興味深い方法は、それらを貸して、通貨で返済することです。 貸し出しは3つの方法で行うことができます。これは、知っている人に直接融貸出;ピア・トゥー・ピア型のネットワークにより取引、貸し手と借り手のペアリングを促進するウェブサイト;ビットコイン口座に一定の金利を提供する仮想銀行にビットコインを入金する方法です。そのようなサイトには Bitbond  や BitLendingClub  、 BTCjam  などがあります。 

ギャンブル

ビットコインも愛好家の気まぐれを満足させ、カジノで、オンライン宝くじ、ジャックポット、スプレッドベッティングなどのゲームを楽しむことができます。どんな種類のギャンブルや賭けの取り組みに適用される賛否両論・リスクもここでも有効です。
ビットコイン投資の危険性
ビットコインは通常の株式投資として設計されていませんでした(株式が発行されていない)が、2011年5月および2013年11月に急速に評価された後、投機的投資家が関心を集めました。したがって、多くの人々がmedium of exchange  としてではなく、投資価値としてビットコインを購入しています。しかし、ビットコインの保証値の欠如とデジタル性は、ビットコインの購入と使用がいくつかの固有のリスクを伴うことを意味します。Securities and Exchange Commission  (SEC )、Financial Industry Regulatory Authority  (FINRA )、Consumer Financial Protection Bureau  (CFPB )、その他の機関は多くの注意喚起を発しました。
仮想通貨のコンセプトはまだ斬新であり、伝統的な投資と比較して、ビットコインを担保する長期的な実績や信頼性履歴がほとんどありません。 ビットコインの使用増大に伴って、少しづつ認知度を上げてきています。それでも、8年後には(全デジタル通貨と同じように)開発段階にあり、まだ進化し続けています。 
つまり、リスク回避傾向のではありません。ビットコインに投資を検討している場合は、次のユニークな投資リスクを理解してください。
規制リスク:ビットコインは政府が認定した通貨にとってライバルになり、闇取引、資金洗浄、違法行為、脱税などに使用される可能性があります。 その結果、国家はビットコインの使用と販売を利用規制、制限、禁止することができます。ある国家はもう利用制限していますが、他のは様々なルールを導入しています。例えば、2015年にニューヨーク州金融監督局が、ビットコインを購入、売却、移転または保管する企業に対しfinalized regulations  して、本人確認記録し、コンプライアンス・オフィサーを雇用し、資本準備金を保守することが必要になりました。また、1万ドル以上の取引は記録して報告する必要があります。
セキュリティーリスク:ビットコイン交換は完全にデジタル化されており、仮想システムと同様に、ハッキング、マルウェア、および運用上の不具合のリスクがあります。泥棒がビットコインの所有者のコンピュータハードドライブにアクセスを得て、秘密暗号鍵を盗むと、盗難ビットコインを別のアカウントに転送することができます。ユーザーは、ビットコインがインターネットに接続されていないコンピュータに保存されている場合、またはビットコインアドレスと秘密鍵を印刷してコンピュータにはまったく置かなく、paper wallet  を使用することを選択した場合にのみ、そのような行為を防ぐことができます 。さらに、ハッカーは、ビットコイン取引所をターゲットにして、ビットコインが保存されている数千口座とデジタルウォレット  にアクセスすることもできます。 
保険リスク:一部の投資は、Securities Investor Protection Corporation  を通じて保証されます。通常の銀行口座は、管轄に応じて一定額までFederal Deposit Insurance Corporation (FDIC)を通じて保険がかけられます。ビットコイン取引所およびビットコイン口座は、いかなる種類の連邦制度または政府プログラムによっても保証されません。
不正利用リスク:ビットコインシステムは所有者を確認し取引を登録するために秘密鍵の暗号化を使用しますが、詐欺師は偽のビットコインを販売しようとします。 たとえば、2013年7月に米SECはビットコイン関連のポンジ・スキーム(Ponzi scheme)と呼ばれる詐欺師に対して法的手段を取りました。
市場リスク:ビットコインを通貨として扱う人が少なくなれば、これらのデジタル単位は価値を失い、役に立たなくなる可能性があります。ビットコインは、すでに多くの競争があり、ブランド認知とベンチャーキャピタル  のおかげで、次々と作られた100以上のデジタル通貨より大きくリードしていますが、より良い仮想コインの形での技術的な進歩がビットコインの安定を脅かす危険性は常にあります。
税務リスク:ビットコインはいかなる tax-advantaged  の年金口座にも含まれないため、投資を非課税にする良い、法的オプションはありません。
戻ります

2021-10-19 ・更新

よくある質問

  • 口座の開設方法

    弊社のウェブサイト上にある口座開設 ボタンをクリックして、パーソナルエリアに進んでください。取引前に、プロフィール認証をパスしてください。Eメールと電話番号、ID認証を受けてください。この手順はあなたの資本の安全性とアイデンティティを保証します。全ての確認が済み次第、好みの取引プラットフォームに進んで取引を始めてください。 

  • FBSで稼いだお金を引き出す方法

    これはとても簡単です。ウェブサイト上のWithdrawal ページ又はFBS パーソナルエリアのファイナンスセクションに進んでください。入金時と同じシステムを利用して、稼いだお金を引き出すことができます。様々な方法で清算勘定していた場合、入金された合計額の割合によってそれと同じ方法でお引き出しします。

  • 取引を始める方法

    18歳以上ならば、FBSに登録して外貨為替を始められます。取引するためには、証券取引口座と市場においてのアセットについての知識が必要です。 無料教材 と FBS口座の作成 で、基礎を学んでから始めましょう。デモ口座を利用して仮想のお金で試すことができます。準備ができ次第、実際の市場に参入して取引で成功しましょう。  

  • レベルアップボーナスを始動させるには?

    FBS個人エリアのウェブ版又はモバイル版でレベルアップボーナス口座を開き、口座に最大$ 140を無料で提供します。

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

調子が絶好調

データ収集通知

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera