1. FBS >
  2. ブログ >
  3. 仮想通貨がトップテクノロジー関連株より投資対象として優れている理由
2020-06-05 ・更新

仮想通貨がトップテクノロジー関連株より投資対象として優れている理由

Cryptocurrencies_blockchain.jpg

長年にわたり、株式が最も収益性の高い資産であると考えて株式市場に投資しました。しかし、仮想通貨の出現は新たな投資時代をスタートさせました。仮想通貨は投資に大きな利益をもたらす可能性がありますが、同時に大きな価格変動や他のリスクもあります。 

人々はにICOに関わるリスクについて話しますが、ゴールドマン・サックスやJPモルガンなどの大手金融機関はこの分野への投資について検討しています。 

JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン会長兼最高経営責任者(CEO)は、以前のように仮想通貨に批判的な見解を述べなく、ビットコインを「詐欺」だと呼んだことを後悔しています。

ダイモン氏はインタビューで「ブロックチェーンは本物だ」と述べました。そして、「デジタルの円やドルを誕生させることが可能だ」と指摘し、ICOについては、「個別に検証する必要がある」とコメントしました。「ビットコインに対する私の感じ方は、これが本当に重要なものになった時に政府が感じるのと同じものだ」と述べ、「他の人とちょっと意見が違う」と続けました。

否定的な予想がありましたが、ビットコインは相場8周年を迎え、1 BTC/1万ドルの上昇を続けています。一方、FAAMGは、テクノロジーバブル崩壊が大きな可能性を秘めています。

状況を良く理解するためには、FAAMGグループを含む及び仮想通貨を含む最大のテクノロジー関連株について解説しましょう。

Cryptocurrencies_faawg.jpg

最大のソーシャルメディア「エンパイア」であるFAAMGについて聞いたことがありますか?

FAAMGは、Facebook(フェイスブック)、Amazon(アマゾン)、Apple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)、Google(グーグル)の5社の頭文字をつないだ呼称となっています。最近FANGグループはNetflix(ネットフリックス)を除きましたが、AppleとMicrosoftを付け加えて新しいFAAMGグループに進化させました。それにより、ハイテク業界で優位的な地位を占める5社の株式を購入することができます。

ここ数年間、ハイテク業界はウォール街の投資家にとって主要セクターになります。シリコンバレーではスタートアップの急増は、投資にとってこのセクターを大変魅力的な投資先になっています。AppleとMicrosoftのような業界リーダーが登場したとき、ほとんどのスタートアップ企業は安定したストック・オプションとなりました。

しかし、荒い値動きの1日は、その成功にもかかわらず、それらの企業が完全に完全に安全な投資というわけではないことを示しているかもしれません。ところで、一部の専門家は、FAAMGがとても人気を得たので、テクノロジーバブル崩壊が大きな可能性を秘めています。1997年~2001年に起こったドットコムバブルを覚えていますか? 

このITバブルは、何千人もの投資家にとって悪夢となり、5兆ドル以上の損失をもたらしました。崩壊は、不採算や実績のないビジネスモデルへの非合理的な投資と無謀な投機の結果でした。この崩壊のため、Pets.comやWebvanなど、魅力的な投資対象先が倒産に追い込まれ、閉鎖されました。最も幸運な企業が生き残りましたが、大きな損失を苦しんでいました。たとえば、シスコシステムズの株価は86%以上下落し、クアルコムは時価総額の大部分を失いました。

すべての投資家はドットコムバブルの事例を常に頭に入れておくべきです。大きな収益拡大でさえ、高額の株式を別の金融危機から守ることはできません。実際、世界の最優秀企業は落下する可能性が最も高いです。したがって、FAAMG株に投資することには注意を払うことをお勧めします。FAAMG株が永遠に上昇すると考えるのは浅はかです。

仮想通貨の特徴は何ですか?

現在、仮想通貨は21世紀の最もエキサイティングな資産であると言われます。この分散型デジタル通貨は、非常に興味深く野心的なブロックチェーン技術に基づいています。これは、公正なデジタル決済チャネルが必要な人に優れた選択肢を提供します。 

2010年以来、ビットコインは約173回(2017年だけには93回)消えると予測されています。重要なのは、諸困難にもかかわらず、成長し続けるビットコインは仮想通貨市場の大スターです。 

BitGoのソフトウェアエンジニアとBitcoin.infoの作成者、ジェイムソン・ロップ氏(Jameson Lopp)は、ビットコインについて非常に楽観的です。なぜなら、仮想通貨が急速に普及しており、継続的に改善されるからです。

「Blockchain.infoの試算によると、2017年にビットコインで約3,750億ドル(変化できる出力を除く)、1秒あたりに1万2000ドルが取引された。」

「2017年にビットコインの平均取引高は、4000ドルから8万ドルに上昇した。」

為替レートが1300%以上上昇に伴い、ビットコインの時価総額は2300億ドルに達し、マネーサプライM1(現金+預金)によって世界第19位の通貨にランクインしています。 

ビットコインや他の仮想通貨が長期にわたる影響を与えるものであると多くの専門家は言います。5年~10年で、ビットコインとトップアルトコインは必ず使用されると信じています。

Cryptocurrencies_5.jpg

投資すべき仮想通貨TOP5:

  1. ビットコイン。最初と最大の仮想通貨この高度で確立された「プラットフォーム」は、取引手数料がほぼゼロであるため、金融市場だけでなく、デジタル契約の代わりや他の革命的な目的で仮想通貨を使用することを可能にします。
  2. リップル。ベンチャーキャピタルの電気マネーリップルの開発社はOpenCoinと呼ばれています。5月に当社はベンチャーキャピタルで200万ドルを受け取りました。また、OpenCoinからRipple Labsへの進化も当社の追加的な資金拠出になり、300万ドルをもうかりました。
  3. ライトコイン。ビットコインの8400万枚が上限となっていますライトコインの時価総額が78億ドルであり、時価総額ランキングで2位または3位になります。ランキングは、 リップルを仮想通貨とみなすかどうかによって異なります。
  4. ピアコイン。環境に優しいコインマイニングの際にビットコインのように大量の電力を必要としないため、長期的に環境を壊さず利用可能な、地球に優しい仮想通貨であると言われています。
  5. マスターコイン。仮想通貨取引のプラットフォーム開発者は、ユーザーの通貨を支援し、ユーザー独自の通貨作成のためにマスターコインを使用することができると主張しています。

つまり、仮想通貨は巨額の利益をもたらす可能性があります。誰もが仮想通貨に投資を考えてみたくなる統計的事実があります。たとえば、2013年にビットコインに1000ドルを投資すれば、今日は40万ドル以上を持つと想像してください。素晴らしいですね。

今すぐ試してみる!

  • 1021

データ収集通知

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
00:30:00後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera