27.12.2018

お金について5つの感動的な物語

限界を壊してトップに登り詰めた、自力で出世したトレーダー

banner-mozaika.jpg

新年は、新しい目標を設定し、計画を立ち、インスピレーションを再充電する機会です。成功の物語よりも、もっとインスピレーションを与えることができるものはないでしょう?外国為替市場はすべての人が何でもできる場所です。ここでは、違った背景を持ったにもかかわらず、成功した有名なトレーダーの印象的な物語を5つお読みください。

エド・アーサー・スィコータ:取引システムの先駆者

seikota.jpg

スィコータ氏は5歳で初めての取引をしました! オランダからアメリカに移住した移民家族の子供は、金色のメダリオンを隣家の子供に5枚の拡大レンズに交換しました。

スィコータ氏は取引システムの先駆者として知られています。1970年代初めにトレーダーになってから、金を生み出す自動機械とテクニカル分析の考えに魅了されていました。

取引システムのメカニカルアルゴリズムを開発し、交換取引でコンピュータプログラムを使用し始めました。そして顧客の口座で出した利益は今までは記録されています。1972年から1988年にかけてコンピューターで上げた利益は、25万%を超えるまでになりました。つまり、スィコータ氏の顧客が5000ドルを投資して1500万ドルを獲得しました。それは幸運な例ではありません。それは安定したアルゴリズムの効果でした。

「使っている取引ルールは、1. 損切りは早く、2. 利食いはじっくり、3. ポジションは小さく、4. 躊躇なくルールに従う、5. ルールを変えるべき時を知るということです」エド・スィコータ

エド・スィコータ氏についてお読みください

インゲボルガ・ムーズ:億万長者のおばあちゃん

moots.jpg

エド・スィコータ氏は5歳で初めての取引をしましたが、ムーズさんは外国為替市場の年齢層の代表者となっています。ある祖母はパイを焼きますが、他のは取引して億万長者になります。

少なくとも15年前、インゲボルガ・ムーズさんは平凡な未亡人でした。しかし現在、96歳の億万長者であり、ドイツで最も有名な人の一人です。

ムーズさんは貧しい家庭で生まれ、苦しい貧困から逃れようとするためには17歳で結婚しました。ムーズさんの夫がとても貪欲で、各マークで苦しんでおり、妻にお金をほとんどあげませんでした。彼は、Ingeborga Mootzさんが頭が悪く、あまり働けないことを信じて、いつも彼女をそれについて思い出させていました。その生活を75歳になるまで続けました。しかしある日、我慢の限度を越えたムーズさんは「私は仕事を許可しなければ、株式市場で取引するだろう!」 と言いました。嘘をついていませんでした。

ムーズさんの夫が死亡した後、夫が生涯をかけた1000株を見つけました。すぐに重大な決定を下し、脅かすことなく、全てを危険にさらしました。それは正しい決定でした。取引の初めの8年間は、エネルギッシュなおばあさんは50万ユーロ以上を獲得しました!

ムーズさんがガジェット、取引シグナル、インターネットを使用しない取引スタイルでトレーダーの間でよく知られています。必要な情報のすべては朝刊から手に入れます。この戦略を使ってどうやって億万長者になったのか興味があれば、『Borsenkrimi』または『Stock market detective』を参照してください。

「安く買って高く売る」インゲボルガ・ムーズ

インゲボルガ・ムーズさんについてお読みください

ナシーム・タレブ:市場のブラックスワン

taleb.jpg

このトレーダーは、外国為替取引世界で最も興味深く賛否両論を呼ぶ説、ブラックスワン理論、またはほとんどありえなく無作為な事象の理論を作り出しました。

レバノンのギリシャ正教徒の重鎮的一族で生まれ、パリ大学を卒業してタレブ氏はトレーダーのキャリアを始めました。しかし、統計を学ぶほど金融システム全体が爆発できるダイナマイトのケグであると確信しました。

『ブラック・スワン』という本を書くことで有名になりました。タレブ氏によると、市場に重大な影響を及ぼす事象は、ほとんどすべて予測できません。 多くのリ スク管理者は、将来を予測するために過去を使っていますが、過去は将来発生できる出来事の理由を与えません。たとえば、1000日間給餌されて感謝祭のメインディッシュになったターキーは、1001日後に殺されるとは考えていませんでした。1001日目に殺されたのは、ターキーにとってはブラックスワンですが、肉屋さんにとっては普通のことです。したがって、政府機関や企業が使用する伝統的なリスク管理は役に立ちません。この理論は、2008年の金融危機の背景に人気になりました。

トレーダーとしてタレブ氏の戦略は、無作為な事象で利益を得ながら危機から投資家を守ることに基づいているため、いくつかのジャックポットを当てました。たとえば、1987年10月19日のブラックマンデーではダウ工業株30種平均が22.6%下落した後、タレブ氏は4000万ドルの利益を出しました

「歴史の流れは無作為な事象に支配されることは知っているが、その事象がどうなるか分からない」ナシーム・タレブ

ナシーム・タレブ氏についてお読みください

ジョージ・ソロス:イングランド銀行を潰した男

soros.jpg

ソロス氏は、おそらく時代を超えた最も有名なトレーダーの一人です。ハンガリー系ユダヤ人であるソロス氏は、ナチス・ドイツ占領を辛うじて生き残りました。学びながら、ソロス氏は鉄道駅で貨車の積み込みの重労働をし、夜はウェイターをして授業料を稼ぎました。

ニューヨークに移り、いくつかのウォール街の証券会社で働いた後、金融天才の実生活が始まりました。そして1992年にイギリス政府の為替介入に対抗してイギリスの通貨ポンドへ空売りを行い、一晩で10億ドル以上とも言われる利益を獲得しました 。この一件により、「イングランド銀行を潰した男」の異名を得ました。

また、ソロスは世界一の慈善家としてもよく知られています。立派な億万長者は、世界中の100ヵ国以上で支部、パートナー、プロジェクトのネットワークを持ているオープン・ソサエティ財団を設立しました。

2018年、フィナンシャル・タイムズ紙がソロス氏を「2018年今年の人」として選びました。フィナンシャル・タイムズ紙は、ソロスの成果だけでなく、哲学者や慈善家としての価値観にも基づいて決定されたと述べています。

「ビジネスマンになる前は、私も人間だったんだ」ジョージ・ソロス氏

ジョージ・ソロス氏についてお読みください

リチャード・デニス:ピットの王子様

dennis.jpg

デニス氏の物語は、今日も意欲的なトレーダーを元気づけられる取引の伝説となります。リチャード・デニス氏は、驚くほど豊かで、天才であり、商品市場の先駆者としてよく知られています。

シカゴの南側に非常に貧しいアイルランド系カトリック家庭で生まれました。17歳からデニス氏はシカゴ商品取引所でフロアトレーダーとして働き始めました。そして、23歳で1600ドルを借りて、約10年の商品相場で2億ドルを稼いだ と言われます。

また、タートルズの実験(トレーダーを募集して、2週間にわたり育成)で有名になりました。実験が5年後に終わったとき、報道によると育成されたタートルズの総利益は1億7500万ドルでした

デニス氏はトレンドトレーダーです。彼は、トレンドを見つけて、徐々に高くなるレバレッジでトレンドの方向性にポジションを置くことが好きです。そうすると、幸運な例ではできるだけ多くのお金を稼ぐことができます。

「ポジションを取るときは、理由があるために置いており、理由がなくなるまでにそれを保有する必要があります」リチャード・デニス氏

リチャード・デニス氏についてお読みください

貧乏から金持ちに。これは誰にでも成功談になります。

すべてのトレーダーは異なる物語があります。しかし、全人の共通点は、浮き沈みを経験するにもかかわらず、結局は成功するということです。すべての取引成功談の士気は同じです。自分をあきらめない限り、それはまだ終わっていません。 2019年はベストトレーダーのリストに新しい名前を追加し、そのうちの一人があなたになりますように!

  • 471
  • 0
折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera