VSA分析はどのようなシグナルを提供できるのか?

VSA分析はどのようなシグナルを提供できるのか?

取引をよく理解している場合、ファンダメンタル分析とテクニカル分析の基本を知っているでしょう。一般的に言えば、ファンダメンタル分析は「相場がなぜ動くのか」という質問に答え、テクニカル分析は「価値動きがいつ起こるのか」ということを探しています。ただし、ファンダメンタル分析とテクニカル分析法の両方を組み合わせた分析の種類を知らない可能性があります。このアプローチはVSA(出来高分析)と呼ばれ、株のトレーダーによって広く使用されています。ここでは、外国為替取引にVSAを適用する方法を紹介します。

 VSAとは何ですか?

VSAは、15歳の時に株式投資を始めたリチャード・D.・ワイコフ氏によって発明されました。20世紀の終わりに、トム・ウィリアムズ氏がワイコフ氏の分析を改善し、独自の方法論を開発しました。「Master the Markets」の本ではトム・ウィリアムズ氏はボリューム(出来高)と終値に関連した価格差(スプレッド)の重要性を述べました。

それで、VSAとは何でしょうか?VSA(出来高分析)は、ローソク足のスプレッドとボリュームに基づく分析の一種です。VSAは最大手(プロトレーダー、金融機関、銀行、マーケットメーカー等)が外国為替市場で生み出す需要と供給力の差を見つけようとします。彼らの行動を理解する方法を知っている場合、その方法は市場に参入するための良いシグナルを与える可能性がります。

 VSAの要素

需給のバランスを見つけるためには、3つの主な変数を決定する必要があります。その変数は次のとおりです。

- ローソク足の出来高(ボリューム)

- ローソク足の安値と高値(レンジ)

- 終値

pictires_1-01.jpg

出来高は市場分析の重要な要素であるにもかかわらず、通常、初心者によって過小評価されています。出来高は取引量を示し、価格のレンジは出来高に対する動きを示しています。

これらの要素に基づいて、トレーダーは市場の状態を理解することができます。ワイコフ氏によると、市場が4つの在の市場の状態があります。

- アキュムレーション(市場のプロトレーダーが売られ過ぎの状況で卸売価格で買う時期)

- マークアップ(相場が上昇する時期)

- ディストリビューション(市場のプロトレーダーが買われ過ぎの状況で小売価格で売る時期)

-マークダウン(相場が下落する時期)

pictires_1-02.jpg

 知る限りでは、リチャード・D.・ワイコフ氏は株式投資にその分析を使いましたが、外国為替のトレーダーはそれを適用することができますか?確認してみましょう。

外国為替取引にVSAの適用方法について

VSAが外国為替市場で使用できるかどうかについてトレーダーの間で大きな議論が存在します。その理由は、外国為替市場が株式市場とは異なり、分散型市場であるからです。その結果、実際の出来高は利用できません。しかし、それぞれのローソク足で観測された出来高を追跡することによって市場を分析することもできます。

MT4では、チャートを右クリックして「出来高」を選択するだけで出来高を表示にします。または Ctrl+L でも同じ操作が可能です。

 VSAの基本的なモデル

VSAには数多くの異なる解釈があり、初心者トレーダーにとって理解するのは難しいと思います。ここでは、トム・ウィリアムズ氏によると、VSAの最もよく使用されるモデルのいくつかを紹介します。そのモデルは、プロトレーダーと取引するのに役立つことができます。

強気のローソク足と強さのサイン:

第一のモデル:普通サイズの強気のローソク足。終値は高値に近いです。出来高は15日~20日間の平均より高く、そして最も重要なのは、前のローソク足より長いです。

このモデルは、需要が増加しており、上昇が続くことを示しています。

1.png

 第二のモデル:強気のローソク足または弱気のローソク足(強気のローソク足はより強いシグナルを与えます)。安値を更新し、普通サイズより大きいです。終値は高値に近く、出来高は多いです。

このモデルは反転の兆しを見せています。

2.png

 第三のモデル:強気のローソク足または弱気のローソク足(強気のローソク足はより強いシグナルを与えます)。安値を更新しました。ローソク足のサイズは大きく、終値は高値に近く、出来高は少ないです。

このモデルは、プロのプレーヤーが弱気市場をもうサポートしないことを示しています。

3.png

弱気のローソク足と強さのサイン:

第一のモデル:短いローソク足。終値は高値に近く、出来高は多いです。

大手マーケットプレーヤーが供給の全てをカバーしています。ベアが始値を克服するために十分な力を持っていません。

4.png

 第二のモデル:弱気のローソク足。ローソク足のサイズは短く、出来高は少ないです。終値は安値に近いです。

このモデルは、市場に売り手がいない状況を示しています。

5.png

 弱さのサイン:

第一のモデル:強気のローソク足が短いです。終値は安値に近く、出来高は多いです。上昇トレンドの中で発生します。

売り圧力が強くなっているサインです。

6.png

 第二のモデル:強気のローソク足が短く、出来高は少ないまたは非常に少ないです。下降トレンド中に発生します。

このモデルは、下降トレンド中に調整の終わりの可能性を示しています。  

7.png

トム・ウィリアムズ氏はその他の例がたくさんありますが、盲目的にすべてに従わないようにしてください。取引決定する前によく考えてください。

まとめ

出来高分析は、出来高とローソク足の分析に基づいて市場の行動を理解するのに役立ちます。ただし、VSAをとても慎重に適用し、すべての変数を考慮しなければなりません。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera