2つのストキャスティクス使用取引戦略

2つのストキャスティクス使用取引戦略

取引日中に1つのストキャスティクスオシレーターを使用するのは常に良いですが、2つのを使用すればどうでしょうか。今日は、FBSは2つのストキャスティクスオシレーター使用の利点を説明し、それらに基づく簡単かつ効果的な戦略をご紹介します。

ステップ1:指標の実装

まず第一に、ストキャスティクスが何か知っていますか?一般的に言えば、ある期間の終値の振幅を測る分析手法なのです。この分析手法についてもっと知りたいならば、ガイドブックをお読みください。

現在の取引戦略では、以下の設定で2つのストキャスティクスオシレーターを実装する必要があります。

• %K= 9、%D=3、スローイング=3 – ファースト・ストキャスティクス

• %K= 21、%D=9、スローイング=9 – スロー・ストキャスティクス(フィルタとして使用)

• 売られ過ぎのレベル=20、買われ過ぎのレベル=80。ボラティリティが低い資産の場合、それぞれ30と70に設定することができます。

以上の設定はストキャスティクスの「パラメーター」ウィンドウで設定できます。

45.png

この設定は、5分足〜15分足の時間枠でうまく動作します。

ステップ2。エントリーポジション

一般的に言えば、次の条件が満たされた後にポジションを開始します。

• ファースト・ストキャスティクスの線が売られ過ぎゾーンで交差し、スロー・ストキャスティクス線が売られ過ぎゾーン内にあると、買いポジションを開くことができます。

• ファースト・ストキャスティクスの線が買われ過ぎゾーンで交差し、スロー・ストキャスティクス線が買われ過ぎゾーン内にあると、売りポジションを開くことができます。

慎重なトレーダーであるならば、ファースト・ストキャスティクスが買われ過ぎ/売られ過ぎゾーンを離れるのを待つかもしれません。この場合、ダマシシグナルの可能性が低くなりますが、同時に、利益の高いエントリーポイントをスキップしてしまう可能性もあります。いつものように、ポジションを開くときにストップロスを最後の安値/高値、またはシグナルローソク足の最高/高値に置きます。スロー・ストキャスティクスの線が買われ過ぎ/売られ過ぎゾーンを離れるときに利益を得ることができます。

では、例を考えてみましょう。ユーロ/米ドルの15分足チャートでは、スロー・ストキャスティクスとファースト・ストキャスティクスの両方が買われ過ぎゾーン内で移動していました。ファースト・ストキャスティクスの線が買われ過ぎゾーンで交差するのを待って、次のローソク足の始値1.1386で売りポジションを開きました。ストップロスは1.1389(前回のレジスタンスラインの上)に設定され、テイクプロフィットは1.1378に置かれました。

1 (7).jpg

注目すべき重要な点:この戦略はボラティリティの高い通貨ペアで取引する場合は上手く動作します。外国為替市場以外での実装はおすすめできません。

まとめ

この記事では、スキャルピングを成功させるために2つのオシレーターを使用する方法について説明しました。ただし、この戦略を使用すると、ダマシシグナルに注意を払う必要があります。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera