週末の取引持ち越し:機会または失敗ですか?

週末の取引持ち越し:機会または失敗ですか?

週末に取引を保有することについて考えたことはありますか?「はい」の場合、この決断はいつもあなたにとって有益でしたか?そうでなければ、疑念や恐怖を忘れて試してみてください。お客様が週末に取引を保有することについて知っておくべき情報を集めました。

週末の取引は大きなジレンマです。週末前に考慮に入れなかった予期せぬことによって市場がショックを受けると、大損失を被る可能性があります。一方、週末前に取引を決済する場合、利益になる取引チャンスを失う可能性もあります。週末の後、価格が好ましい動きを続けていますが、良いエントリーポイントが失われたため、この取引に参入することができないと想像してください。

週末に取引を保有しておくべきでしょうか?あなたが正確な答えを期待するなら、ここでは見つけられません。取引を持ち越す前に考慮すべき多くの要因があります。

1. 時間枠

以前の記事を読んだ場合、時間枠はさまざまな取引の側面で重要な役割を果たしていることが分かります。この場合も例外ではありません。

長期トレーダーである場合、数週間から数カ月間ポジションを保有しているので、この問題は関係がありません。なぜなら、一時的なボラティリティが取引に影響を与えないからです。デイトレーダーの取引が数分から数時間で終わるので、これも問題ではありません。しかし、数日間~数週間で売買を済ませてしまうスイングトレーダーなら、週末に取引を保有しておくことを検討します

週末の取引を持ち越すには、適切な時間枠で取引を行うようにしてください。H4、日足の時間枠はこの機会を提供するかもしれません。

2.リスク/報酬比率

リスク/報酬比率(潜在的な利益の金額÷損失の金額)を常に考慮に入れたほうがいいです。最適なリスク/報酬比率は1:3です。これは、潜在的な利益が可能な損失より3倍高いということです。週末後に取引が不利になっても、安全対策は整っていることを確認してください。

trades over weekend2.jpg

3.ニュース

ファンダメンタル分析を信じていなくても、週末に起こる可能性のあるイベントをチェックする価値があります。ブレグジット交渉やトランプ大統領のスピーチ、NAFTA交渉などの重要なイベントが週末に予定されている場合、取引を決済する方が賢明でしょう。どのようなニュースがあるか、どのように市場が反応するのかは決して分からないからです。

4. 取引日記

週末に取引を保有しようとしたが、失ったと想像してください。この失敗はもう一度やり直さない理由になりますか?もちろんそうではありません。取引を記録するルールを作ってください。これにより、すべての利益と損失を追跡することができます。また、成功へ導く独自の取引戦略を作る方が簡単になります。

5.冷静

市場ではなく、トレーダーの性格に関連する重要なことが一つあります。週末に取引を持ち越しますが、どんなニュースがあるのか、月曜日に相場がどう動くか分かりません。週末にストレスに苦しんでおり、汗をかいて月曜日を待つことができますか?そうでない場合は、不安感を克服し、より一層さえた頭脳で月曜日に取引を開始してください。自分に自信を持ってリスクが好きの場合、週末の取引はもう一つの興味深い課題になります。

自分の優れた資質を考慮し、週末が恐怖にならないようにしてください。

最後に、週末に取引を保有してより大きな利益を期待するか、または平静を保ってチャンスを制限するかは、貴方次第だと言えます。この質問が思い浮かんできたら、上記のすべてを確認してください。そうすると、決定するのはより簡単になります。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera