市場センチメントが取引決定に与える影響

市場センチメントが取引決定に与える影響

分析を読んだり見たりするときは、「市場センチメント(市場心理)で取引することをお勧めする」という声明にしばしば直面するでしょう。市場が実際のセンチメント(感情)を持っていることに驚きますか?これは当然です。市場は文字通りさまざまなプレイヤーの群れであり、そのほとんどが人間ですから、強い心理的基盤を持っています。金融市場は感情によって動揺されます。その感情は、お金を稼ぐために賢いトレーダーによって使用されています。この記事では、市場センチメントの種類とその指数を理解するのに役立ちます。

市場センチメントとは何ですか?

一般的に言えば、「市場センチメント」という用語は、現在の取引セッション中の市場の「気分」のことをいいます。市場センチメントと個人の気分を比較することができます。気分は考えや感情、行動の影響を受けるので、さまざまな理由で素早く変更する可能性があります。

市場センチメントは特定の通貨、株式またはコモディティの需給を決定します。市場が現在の見通しについてポジティブであれば、強気派はより多くを買い始め、需要を高め、その結果、相場を新たな高値に押し上げます。それを「強気市場」と呼べます。一方、市場が悲観的であれば、相場が下がると予想されます。この場合、市場は弱気です。

市場での主なセンチメントは通常、市場全体のセンチメントを決定づけます。つまり、強気または弱気のセンチメントが遅かれ早かれ市場を乗っ取るでしょう。では、豪ドル/米ドルの売りポジションを開くことにしたと想像してみてください。同時に、良いニュースが発表され、市場センチメントが改善しました。リスク・オンセンチメントがリスク加重資産の増加をもたらします。そして、自分の予測に従って、市場センチメントを考慮に入れませんでした。通貨ペアが上昇し始め、市場センチメントに注意を払わなかったから、お金を失ってしまいました。つまり、市場センチメントの重要性を理解することはそのような間違いを避けるのを助けます。

市場センチメントとファンダメンタル要因の違い

市場センチメントはよくファンダメンタル分析の一部として説明されます。しかし、それは必ずしもファンダメンタル分析に基づいているわけではありません。市場センチメントとファンダメンタル分析の間の主な違いは時間にあります。センチメントは短期的に市場を動かす傾向があります。短期間の相場の動きは、完全にトレーダーの気分やニュースに基づいています。より長い時間枠で取引するときは、全体的な経済シナリオ、中央銀行の金融政策、国の経済状況などのファンダメンタル要因に注意を払う必要があります。

米国経済は強く、連邦準備制度理事会は今後数カ月の間に数回の利上げを計画しているとしましょう。これにより、米ドルが投資家やトレーダーにとって長期的に魅力的なものになります。しかし、相場がAからBまで直線的には動かないことを知っています。その結果、米ドルは長期上昇トレンドの中で上下できます。この値動きにはいくつかの理由があり、市場センチメントはそれらの一つです。市場センチメントは、通常、短期データまたは重要なニュースに基づいています。

なお、リスクセンチメントの種類を見てみましょう。

市場センチメントは二つの種類に分けられます。これはリスク・オフセンチメントとリスク・オンセンチメントです。どちらも、世界の経済状況や地政学的な出来事に対応して大多数の大手投資家が資金を移すという市況を説明しています。

リスク・オンセンチメント

リスク・オンセンチメントとは、投資家やトレーダーが、株式やハイイールド債、高金利通貨など、リスクの高い資産に資金を振り向けることを意味します。通貨の購入者は積極的にリターンを求めるようになり、よりリスクの高い積極的な対応として「リスクオン」を行うようになり、ハイイールド債(豪ドル、NZドル)はより魅力的になります。トルコリラ、ブラジルレアル、南アフリカランド、メキシコペソなどの新興国通貨もリスクオンによる恩恵を受けられます。米ドルや米国債とは反対に、株式もリスクの高い資産と見なされます。

リスク・オンセンチメントは、その強さに応じて数分から数週間続きます。また、トレーダーが注意を払う情報の流れに応じて素早く変わる場合もあります。

リスク・オフセンチメント(リスク回避)

リスクオンに対する市況はリスク・オフセンチメントと言います。リスクオフの市場状況では、投資家やトレーダーがお金を失うことを恐れて、リスクの高い資産を避け、相対的に安全と思われる資産に資金を移します。

好適には、安全通貨は、安定した政治および金融システムを持ち、債務残高の対GDP比が低く、経常黒字国の通貨です。実際、どの国も債務残高の対GDP比が高いです。そのため、トレーダーが資金を移すのに最も良いところを探しています。リスクオフセンチメントのときは、トレーダーは日本円、スイスフラン、米ドル、金、米国債を購入する傾向があります。

市場センチメントを把握する方法

出来高。株式を取引する場合、現在の市況を評価するために出来高を使うことができます。たとえば、株価が上昇し続けていても出来高が少ない場合、市場センチメントが弱くなることを意味する可能性があります。

外国為替市場では、市場センチメントを測定するために、マネーフローインデックス(MFI)やオンバランス数量(OBV)を適用できます。OBVはより信頼性の高い結果を示しています。OBVとは、値上がりした日の出来高は、買い方の出来高で「正」としてカウントし、値下がりした日の出来高は、売り方の出来高で「負」としてカウントして「正」の出来高を加算し「負」の出来高を差し引くことです。

OBV線に何らかの変化(上下)が発生したが、同時に価格の変化がなければ、トレンドの転換が近いということを示すでしょう。この状況は米ドル/加ドルの4時間足のチャートに表示されます。ただし、自発的決定を下す前に、他の確認シグナルを考慮に入れる必要があります。

1.png

また、市場センチメントを評価するには他の方法も使用できます。

以下は、最も広く使用されている方法をリストしました。

- CBOEボラティリティ指数(VIX指数)。別名では「恐怖指数」とも呼ばれます。VIX指数はオプション取引のボラティリティを元に算出・公表しています。一般にVIX指数は、投資家が価格の潜在的な修正から身を守るために使用されます。この数値が高いほど、トレンドが反転する可能性が高くなります。その逆で、数値が低いほど、市場センチメントが安定で、現在トレンドの継続が明らかになります。

22334.png

上のチャートでは、ボラティリティが低下していることがわかります。これは、豪ドル/米ドルのチャートで確認したとおり、現在の市況に対するマーケットプレイヤーの信頼度と、リスク・オンセンチメントの増大を示しています。

AUDUSDH1.png

  •  - プット・コール・レシオは(Pcr)。Pcrは、オプション取引において、プット(売る権利)の建玉(未決済の取引残高)をコール(買う権利)の建玉で割って算出される数値をいいます。Pcrが1を下回ると、コールオプションが増え、投資家がバウンスを期待することを意味します。一方、Pcrが1を超えると、より多くの投資家が市場が下落し始めると考えることを示します。

まとめ

20世紀に優れたトレーダーのほとんどがプロの心理学者であったことは秘密ではありません。その理由は、トレーダーが群衆の行動を理解する必要があり、市場センチメントを予想してみたからです。現在、市場センチメントを推測するのに役立つ指標がたくさんあるので、将来の値動きの方向性を示唆するためにプロの心理学者になる必要はありません。ただし、予想外の結果を避けるためには、市場センチメントを深く理解することが必要です。

 

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera