外国為替市場の歴史

外国為替市場の歴史

外国為替市場がどのように今の形になったのか考えたことがありますか?この一般的な知識はきっと視野を広げ、市場に対して新しい見方をします。

外国為替市場の仕組みを理解するには、最初は「国際通貨制度」を定義する必要があります。

国際通貨制度は、国際通貨制度は、通貨関係がどのように国際経済内で構成されているのを示す、国際的に合意された一連の規則です。それは6つの部分から構成されています。これは:• 国際決済システム

• 為替レートの確立、及び維持のメカニズム

• 国際収支調整の手順

• 通貨交換性の条件

• 外国為替市場及び金市場の運用モード

• 通貨関係を規制する政府間機関の権利と義務

19世紀までは、主要な世界経済(その時、ヨーロッパ、米州、中国、インド)が正式な通貨制度がありませんでした。上記の6つの部分はまだ存在していませんでした。国際通貨制度の開発は1867年に始まりました。同年、最初の国際通貨会議がパリで開催されました。

    I. 「金本位制」

金は国際通貨制度において主要な役割を果たしました。

世界で最も重要な経済大国の一つであった大英帝国は、ポンドの対金為替レートを固定しました。政府は、純金1オンス当たりに換算した場合の金の法定価格が4.247ポンドであることに合意しました。その後、金本位制は米国で導入され(純金1オンス=20.67ドル)、1897年に西ヨーロッパとロシアで採用されました。

メリット

- 為替レートの安定

- 低インフレ

デメリット

- 独立した金融政策をとることができません。

- お金の量と金の生産の高い相関性(金の量の変動はインフレにつながり、金の生産の不足は赤字につながります)。

- 金本位制は第一次世界大戦のときに廃止されてしまいます。これは、各国が戦争によって増大した対外支払のために自由に紙幣を発行することになったからです。

gold small.jpg

  II. 二つの世界大戦の間

国際通貨制度の第2期は1922年にジェノアで始まりました。第一次世界大戦の戦勝国は、自国の通貨の優位性を得ました。

新しい制度の中核は、金と、金為替できる米国、フランス、英国の主要通貨 となりました。国の通貨は支払準備金の国際媒となりました。これにより、金本位制の制限を克服することができました。同時に、国際通貨制度は、上記諸国の経済的健康に依存するようになりました。

金パリティは維持されました。通貨と金との交換は、直接(米国、フランス、イギリスの通貨の場合)または外貨を通じて可能でした。

メリット

- 各国通貨は国際支払準備金として使用されました。金本位制に関連する制限が克服されました。

- 変動相場制に復帰しました。

- 為替レート規制は、新しい国際金融システムの要素となり、国際会議や会議の形で行われました。

デメリット

- 国際通貨制度は国家経済に依存しました。

- 本制度は、通貨切下げ競争のための条件を作り出しました。

ジェノア制度は、1929-1933年の大恐慌によって破棄されました。米ドルは落下し、経済危機は他の経済に広がりました。

  III. ブレトンウッズ体制

国際通貨制度の歴史における次の重要なステップは、1944年にブレトンウッズで始まりました。

ブレトンウッズ制度の主な考え方は、ドルと金による紙幣の二重供給に含まれていました。つまり、金との交換が保証された米ドルを基軸として、各国の通貨価値を決める固定相場制が特徴となっていました。各国通貨をドルと固定相場で結びつける、金を1オンス=35米ドルで交換できました。

米ドルは世界の主要準備通貨および基準通貨となりました。ブレトンウッズ協定を締結した国がドルに対し各国通貨の交換比率を定め、それぞれ定められた平価の上下1%以内で為替相場を維持することが義務づけられました。また、本体制を支えるために、国際通貨基金(IMF)が設立されました。

メリット

- この間、世界経済が急速に発展していました。

- 低インフレ。

- 失業率が減少しました。

デメリット

- 米国の労働生産性は日本と西ヨーロッパよりも低く、欧米への輸出が増加しました。その結果、西ヨーロッパには膨大な量のドルがあり、各国の銀行は米財務省証券にドルを投資しました。米国の対外債務が拡大しました。

- さらに、ある欧州中央銀行が金交換を要求したため、米国の金保有量は減少し始めました。1971年に米ドル紙幣と金の兌換は停止されました。

金保有量の減少の結果、ドルの切り下げは2回、1971年と1973年に実行されました。ブレトンウッズ体制は完全に終結しました。

    IV. ジャマイカ合意

国際通貨制度の第4期は1976年にキングストン(ジャマイカ)で始まりました。各国は、自国に適した為替相場制を比較的自由に選択できるようになりました。各国間の通貨関係は変動相場制の基礎となりました。為替レートは市場における需要と供給のバランスによって決まります。

為替レートは2つの要因によって変動されます。

1. 国際市場における各国通貨の需給

2. 実質貨幣価値比率、国際市場における国内通貨の購買力

外国通貨の需要は、国の輸入量、観光客が消費・支出する金額、外債支払に依存します。外貨の供給は、輸出量と受け取った融資額によって決まります。

世界の主要準備資産である米ドルと金の供給は、グローバルな金融取引や世界貿易の急成長を支えることができませんでした。その結果、新たな国際準備資産が創設され、「特別引出権 」(SDR)という名前が付けられました。SDRは、国際通貨基金(International Monetary Fund、IMF)によって発行された、加盟国の準備資産を補完する手段です。特別引出権の価値は、主要5 通貨(米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、2016年以降人民元)からなるバスケットに基づいて決められます。SDRはIMFの会計単位としての側面も有しています。また、SDRは、IMFによって加盟国に配分され、補完的準備資産としての役割を果たします。

currency basket.jpg

最後に、外国為替の歴史が長いと言えます。一部の科学者は外国為替が紀元前1万7千年~9千年前から始めたと考えていますが、より複雑な国際通貨制度が1867年以降存在しています。外国為替の歴史には、「金本位制」、「金為替本位」、「ブレトンウッズ体制」、「ジャマイカ合意」の4つの主要な期間があります。しかし、技術の開発や仮想通貨の拡大は、近い将来にシステムの変更につながる可能性があります。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera