全てのトレーダーが知るべきのテクニカルインジケーター

全てのトレーダーが知るべきのテクニカルインジケーター

成功は知識に基づいています。これは人生のほとんどの事、特に外国為替取引に当てはまります。成功になるためには、トレーダーはテクニカル分析を学ぶ必要があります。テクニカルインジケーターは、テクニカル分析の大きな割合を占めています。
一見すると問題は、MACD、RSI、ストキャスティクスなどのテクニカルインジケーターの名前が不愉快に複雑に聞こえることです。しかし、外見で中身を判断しないことをお勧めします。私たちは、最も一般的なテクニカルインジケーターの公正で簡単な説明を提供します。あ客様がそれらの使用方法を理解することを保証します。興味がありませんか?

では、始めましょう!

cat.jpg

外国為替トレーダーのための最高のテクニカルインジケーター

テクニカルインジケーター は目的に応じていくつかのグループに分かれています。インジケーター の目的が異なるため、トレーダーは取引を開くために1つではなく、複数のインジケーターを組み合わせる必要があります。この記事では、3つの最も一般的なテクニカルインジケーターについて説明します。

1. 移動平均線は、トレンドを確認する指標です。

移動平均線(MA)はトレンドの指標です。それはトレンドを特定してフォローするのに役立ちます。
移動平均線のメリット:

• トレンドの向きを特定する

• トレンド逆転を見つける

• 潜在的なサポートラインとレジスタンスラインを示す

移動平均線のデメリット:
• 現在価格に遅れ(インジケーターは過去の価格に基づいているため、価格チャートよりゆっくりと調整されています)。
ヒント:

• 単純移動平均線を使用することをお勧めします。ほとんどのトレーダーがこの指標を使っています。

• MAで使われる一般的な期間として、「200・100・50・20」の期間が良く使われています。200期間のMAは長期的で「歴史的」トレンドを分析するため、20期間のMAは短期的なトレンドをフォローするために使用されます。

解釈方法:
要するに、通貨ペアの価格がMAを上回っている場合、トレンドは強気です。一方、通貨ペアの価格がMAを下回ると、トレンドは弱気です。さらに、設定した期間によって移動平均線の変動に注意してください。
短期のMA(たとえば、50の期間)が長期のMA(たとえば、100の期間)を上回ると、上昇傾向は確認される。逆の場合も同じです。短期のMAが長期のMAを下回ると、下降傾向は確認されます。
結論
移動平均線は、通貨ペアに対する売買サインが発生します(上昇傾向で買い、下降傾向で売ります)。MAは、どのレベルで取引を開始するかを表示しません(そのためには他のインジケーターが必要)。その結果、トレンドインジケーターを適用することは、テクニカル分析の最初のステップになるはずです。

MA1.png

2. ボリンジャーバンドは、ボラティリティを測定する指標です。

ボリンジャーバンドは、市場のボラティリティ(すなわち、取引価格の変動幅)を測定するのに役立ちます。

ボリンジャーバンドのメリット:

• この指標は、横向きの相場(通貨ペアがレンジ内で取引される場合)なら、使いやすいです。この場合、インディケーターのラインは、トレーダーがポジションを開けるサポートラインとレジスタンスラインとして使用することができます。

ボリンジャーバンドのデメリット:

• 強い傾向中で、価格は反転せずに、長い間1つのボリンジャーバンドにあることができます。その結果、トレンド相場にボリンジャーバンドの使用をお勧めしません。

解釈方法: 価格が上のバンドに近づくほど、通貨ペアは買い過ぎになります。簡単に言えば、この時点までには買い手がすでに事前の価格でもうけ、利益を得るために取引を終了しました。その結果、買い過ぎた通貨ペアは上昇を止めて下降します。上のバンドより上がる価格は「売り」のシグナルであり、下のバンドより落下した価格は「買い」のシグナルとなります。
外側のバンドは自動的に、ボラティリティが上昇すると広がり、ボラティリティが低下すると狭くなります。ボラティリティが高い期間とボラティリティが低い期間が通常互いに続きます。したがって、バンド幅が狭まると、ボラティリティが急激に上昇する可能性が高いです。

ヒント:

• 他のインジケーター/テクニカルツールで確認せずにボリンジャーバンドを使用することはお勧めしません。ボリンジャーバンドは、ローソク足のパターン、トレンドライン、他の値動きのシグナルと共に順調に進みます。

結論
ボリンジャーバンドは、相場が動向にないときに最も効果的です。この指標は取引システムの重要な基礎となれますが、それだけ不十分です。他のツールも使用する必要があります。

MA2.png

3. MACDは、 相場の周期を捉える指標です。

MACD(移動平均収束拡散手法)は相場の原動力を測定します。それは、相場が一方向への動きに疲れて、調整が必要であるときを示します。

解釈方法:

1. 大幅な上昇/落下。ヒストグラムのバーが大きな上昇の後に低下し始めるときに売ります。ヒストグラムのバーが大きな低下した後に上昇し始めるときに買います。

2. ヒストグラムとシグナルラインとの間のクロスオーバーは、市場エントリをより正確にすることができます。MACDヒストグラムがシグナルラインの上にあるときに買います。MACDヒストグラムがシグナルラインの下にあるときに売ります。

3. ゼロラインは追加確認のためです。MACDがゼロラインを交わるとき、それは相場が強気であるか弱気であるかを示します。MACDヒストグラムが0を上回ったときに買います。MACDヒストグラムが0以下になると売ります。しかし、そのシグナルは以前のものより弱いので、注意してください。

4. 相違。価格が上昇し、MACDが下落した場合、価格の上昇が指標によって確認されず、上昇がほぼ終了することを意味します。一方、価格が下落し、MACDが上昇すれば、短期的に相場が強気になる可能性が高いです。

ヒント:

• ヒストグラムとシグナルラインとの間のクロスオーバーは、MACDからの最良のシグナルを示します。

• MACDと価格の間の相違を探してください。これは、今後の調整の良い指標です。

MACDのメリット:

• MACDは、トレンド市場またはレンジ市場の両方で使用できます。

• MACDを理解すれば、他のオシレーターの仕組みが分かりやすくなります。原理は全く同じです。

MACDのデメリット:

• このインディケーターは価格チャートより遅れているため、一部のシグナルは遅れて市場の大きな動きに追いつきません。

結論 トレンドとモメンタムを測定するため、チャートにMACDを適用した方がいいです。 これは、取引システムの強力な部分になれます。しかし、この指標だけに基づいて取引を決定することはお勧めしません。

MA3.png

テクニカルインジケーターについて勉強したこと:

• テクニカルインジケーターにはメリットとデメリットがあります。

• 1つのテクニカルインジケーターが良い取引シグナルを与えられません。 取引するためにインジケーターを2つ~4つ使用する必要があります。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera