予測不可能な予測2019

予測不可能な予測2019

誰もが新年に何を予測しなければいけないかを知りたいです。トレーダーが例外ではありません。今回、お客様にとって新しくて面白いものを用意しました。自分が期待できることについて書くのはつまらないと思います。ですから、誰もが予測しないにもかかわらず、2019年に起こって市場を上下逆さまにする可能性があるイベントを集めました。

ドナルド・トランプは、おそらく最も興味深い米国大統領!

トランプ大統領は、2018年の最もカリスマ的で予測不可能で衝撃的な人であると思われます。貿易戦争、原油市場暴落、制裁措置、新NAFTA合意は、すべて米国大統領と関係があります。就任して以来ずっと、トランプ大統領はバラクオバマ氏によって行われた外交政策を押し戻そうとしました。外交政策に対して柔軟性のない態度を保つことに加えて、トランプ大統領は米国経済の基礎として考えられている技術、エネルギー、金融の分野で興味をそそる戦略を実施しています。トランプ大統領及び選択した政策は批判にさらされますが、トランプ大統領の任期中に米国経済は著しい進化を遂げています。

2018年にトランプ大統領が仕掛けた貿易戦争は最も重要なパワープレーとなりました。米国が中国との多額の貿易赤字を計上していることを述べて、中国製品に一連の関税を課しました。米中貿易に関するデータを見ると、トランプ大統領の言い分はには一理あるでしょう。多くの専門家が追加関税による米国経済成長率の低下を予測しましたが、実際の数値は反対となりました。さらに、貿易戦争が激化している間、米ドルは安全な避難先とみなされていました。

我々は、トランプ氏が2019年にも同様の注目すべき戦略を継続すると考えています。「イラン制裁」や中東問題については、さらに多くの話を期待しています。2019年度のペンタゴン国防予算の増加は、世界的な危機が発生するリスクが高まることを示す重要な指標となります。トランプ大統領が戦略を堅実に保つ場合、2019年はリスク選好度があまりない年となるでしょう。それはすべての危険資産が大きな損失を被ることにつながります。安全な商品に対する需要が高まるにつれて、金価格の急上昇が見られるでしょう。

img_sait.jpg

ユーロ/米ドルのパリティは可能ですか?

2018年は、米金利上昇を特徴としていました。他の国々の不確実性とその低金利のため、年半ば以降、米ドルはキャリートレードにとって有利な通貨となりました。

しかし、2019年に状況は異なる可能性があります。FRBは2019~2020年に利上げを続けて政策金利を3.5%まで引き上げるシナリオを中心路線としているにもかかわらず、米国経済は世界的な景気減速による減速する恐れがあります。それは国債に悪影響を及ぼすでしょう。その結果、米国は、国債を返済できるため、低い金利でお金を借りる必要になります。金融政策の反転はドルの下落を引き起こすでしょう。

考慮すべきもう一つ重要な要因は、政治的な不確実性です。トランプ大統領が弾劾される可能性があるので、規模なトレーダーは米ドルの売りポジションを増やすことができます。

一方、2018年末、欧州中央銀行(ECB)が量的金融緩和政策を年内に終了することを正式に決めました。その結果、2019年にECBは、ユーロを支援するために長年にわたり政策金利引き上げに着手するとみられています。世界各国の貿易では、ユーロが主な支払い通貨として設定される可能性もあります。

上記のすべての要因を考慮すると、2019年にユーロ/米ドルのパリティが不可能だと言えます。上記の出来事がすべて発生すると、ユーロは米ドルに復讐し、通貨ペアを1.30に押し上げます。

img_sait copy 4.jpg

金融市場の不安定さは、2019年第3四半期に金価格を1オンスあたり1480ドルに押し上げます。

2018年に米国経済は発展してきました。2018年第2四半期に、米実質国内総生産(GDP)は2014年第3四半期以来の高い伸び(4.2%)となりました。一方、失業率は50年近くの間に最低水準に達しました。10月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が25万人増となり、平均時給が前年同月比3.1%増え、約10年ぶりの伸び率に高まりました。

しかし、2019年の米国経済成長は、2018年のそれほど良くないかもしれません。トランプ大統領の政策がとても効果的であると見えますが、政策の長期効果と高価格に注意を払わなければ、迅速な勝利を危険にさらすかもしれません。現在の政策は世界金融システムを不安定にする恐れがあります。2018年に金融市場が世界的に混沌としていましたが、これは全体的な破壊の始まりだけです。結局、米ドルパワーの悪化が加速される可能性があります。

FRBはどうですか?

米国の力強い経済は、2018年に連邦準備制度理事会に4回の利上げをさせました。しかし、我々はトランプ大統領が現在のFRBの金融政策に少しも満足していないことを知っています。連邦準備制度理事会が現在のペースを維持すると、FRB議長を解雇するリスクがあります。しかし、米大統領だけが金融政策に圧力をかけているわけではありません。数人のFOMCメンバーが、利上げを今まで以上に注意深く分析する必要があると強調しています。しかし、FRBがペースを引き締めても議長が解雇されても、米ドルに悪影響を及ぼすでしょう。

米ドル安は金価格を後押しするのでしょうか?

米ドルの上昇は、2018年に金価格が下落した理由の一つでした。しかし、2019年に米ドルが低下する理由が多くありそうです。さらに、2018年に金は安全な避難所の役割を果たしました。先ほど述べたように、貿易戦争が激化するため、2019年から2020年にかけて世界の金融システムが深刻な被害を受けるでしょう。世界がより危険になると、金価格は上昇します。その結果、金/米ドルのペアは2019年第3四半期に1オンスあたり1480ドルに達することができます。

img_sait copy 2.jpg

仮想通貨の唯一の望み

来年はビットコインが回復するのかまたはビットコインは2000ドルに達するのかという質問は、仮想通貨を取引するコミュニティで最も人気のある質問です。なお、2019年における仮想通貨の将来を多少明らかにしましょう。

最古の仮想通貨は2018年に大損失を被り、1月の最高値の1万7200ドルから12月の最低値の3200ドルに下げました。弱気な市場の多くの理由の中では、アナリストが暗号資産に対するより高い税金を支払う恐れを強調します。トランプ大統領がすべての暗号資産を課税対象とした税制改革法案に署名した後、投資家は保有の資産に自信を失い、その結果、仮想通貨が売却されました。

トランプ氏の新トリックは?

皮肉にも、大手銀行がトランプ大統領の行動を2019年初頭にビットコイン価格を引き上げる主な要因とみなされます。弾劾された後(その可能性もある)、トランプ氏は国民の共感を取り戻そうとするためには暗号資産に対する減税を発表することができます。アナリストによると、トランプ大統領が2017年にビットコインに投資した後、奥の手があります。したがって、仮想通貨とブロックチェーンが米国とその他各国間の貿易関係の最適なツールにするつもりです。そのため、ビットコイン価格は2019年2月から4月にかけて1万ドルを超える予想されています。

しかし、その喜びは長い間持続しない恐れがあります。最近ニュースによると、仮想通貨を受け入れている国の一つであるイランが、2019年6月以来に米国の経済制裁を回避する決済手段として仮想通貨を利用するつもりです。ベネズエラのアプローチに従い、イランも豊富な原油埋蔵量に裏打ちされた独自仮想通貨を発行します。そして米ドルの代わりにそれを使って原油取引を行う予定です。それを可能にするならば、米国大統領が暗号資産に失望するでしょう。また、トランプ大統領のさらなるコメントと行動は、ビットコイン価格を6000ドル近くまで引き下げる可能性があります。

img_sait copy.jpg

豪準備銀行(RBA)がさらに金融政策を緩和するでしょうか?

豪準備銀行は2016年8月以降、政策金利を同水準に保ったままにしています。また、2010年11月以降、利上げを行っていません。中央銀行は、豪ドル安が経済成長に好影響を与えるとはいえ、金利を変更しません。

市場の期待は?

RBAは金融緩和政策の不確実性と継続を主張し続けているが、市場は2019年に利上げを期待しています。そして、2019年に利上げを行われなかったとしても、2020年に引き上げるはずです。

しかし、中央銀行がより悲観的になり、政策金利を引き下げる場合はどうなるでしょうか?

それは4つの理由で起こる可能性があります。第一の理由は弱い経済データです。RBAが低金利通貨である豪ドルが経済成長を支えると言うにもかかわらず、実際の指数はそれを確認しません。住宅価格の下落、低インフレ率、オーストラリア経済の大幅な下落は、政策金利を引き下げるための重要な理由となります。

第二の理由は、貿易戦争の拡大する可能性があるということです。中国がオーストラリアの主要貿易相手国であるため、米中貿易戦争はオーストラリアドルに非常にマイナス影響を与えます。その結果、中央銀行の用心深い調子が勝つかもしれません。

第三の理由は、世界経済の混乱のリスクに隠されています。そのため、リスク選好度の低下は2018年よりもさらに大きくなる可能性が高いです。世界経済の不安定さおよび豪ドルの急落により、RBAは政策をさらに緩和させる恐れがあります。

最後になりますが、重要な理由はFRBの金融政策です。2018年に連邦準備制度理事会が大幅に金利を引き上げました。しかし、2019年にはこのペースが減速する恐れがあります。その結果、金利差が拡大しなくなり、RBAは金融緩和政策を維持できます。さらに、中央銀行が2年超にわたって政策金利を据え置いているので、利下げが行われても驚くことではありません。

どのような落下を予測できますか?

豪ドル/米ドルの通貨ペアは、2018年10月に回復し始めました。利下げの場合は、回復は中止され、0.6345までの落下の可能性は高くなります。

img_sait copy 3.jpg

 イギリスが離脱する2019年3月29日までに同意しない場合はどうなるでしょうか?

2018年に英ポンドはEU離脱交渉からの最も高いプレッシャーを受けて下落しています。そして離脱期限が2019年3月29日に予定されているのでそれは驚くべきことではありません。時間は飛びますが、合意は遠ざかっています。英国のEU離脱をめぐる合意案について議会投票が12月11日に予定されましたが、テリーザ・メイ首相が議会採決の実施を延期しました。なぜなら、メイ首相は協定案が否決されることを知っていたからです。その結果、メイ首相はEUとの交渉に戻りました。

英国の最悪のEU離脱シナリオ。

第一のシナリオは国民投票再実施です。メイ首相は国民投票再実施の可能性を考慮していないにもかかわらず、起こる可能性があります。しかし、国民投票再実施は、英国政府と市場に混乱や不確実性をもたらすでしょう。さらに、国民投票の結果は予測できません。それでも英国がEUを離脱すべきであるという決定があったら、最初に戻ってきます。一方、「残留」に票を投じる場合、英国政府は崩壊するでしょう。

第二のシナリオは第一のシナリオに関連しています。英国は国民投票を実施せずにEUに留まることを決定できます。それが英ポンドをサポートできるのでしょうか?そうは思いません。EU離脱交渉の影響から英国経済と英ポンドが悪化しています。結局のところ、英国がEUとの合意を結ばない場合、英国政府は破壊して、英ポンドに悪影響を及ぼします。

第三の最悪シナリオは「合意なし」のです。英国は2016年6月以来EU離脱のために戦っています。しかし、合意なき離脱する場合、EUと英国間の関係に確実性があるまではポンドが低下しているでしょう。

まとめとして、英国とEUが合意に至らなければ、英国政府、英国経済、そしてポンドは破綻すると言えます。

 img_sait copy 6.jpg

2019年は原油市場にとって困難な年になるでしょう。

ボラティリティの高い商品がトレーダーにとって非常に興味深いものです。過去をレビューし、原油市場の見通しについて概説しましょう。

2018年の原油市場ついて

2014年の1バレル100ドル以上と高い水準は、原油にとって依然として手が届かない贅沢です。2018年には、ブレント原油はわずか90ドルに近づきました。原油価格は9月末まで上昇していました。原油市場は石油輸出国機構(OPEC)とその同盟国の生産削減だけでなく、イランに対する米国の経済制裁によっても支えられました。トランプ大統領の挑発的なツイートが、時にはカオス的値動きをもたらしました。しかし、原油価格を押し上げる要因が偽であることが判明した後、その価格は3分の1を失って落下しました。

来年について

OPECが月に新しい生産量を発表した後、原油価格は再びバランスを取りますが、このサポートは脆弱に見えます。石油輸出業者による合意は4月に見直される予定です。ほぼ同時に米国は、イランから石油を輸入し続ける8ヵ国を制裁からの除外を再考する予定です。トランプ大統領は、原油価格を抑えるよう要求し、ブレント価格が80ドル、WTI価格が70ドルを超えないという希望を明確に表明しています。米国の原油生産量も大きく、2019年にはさらに生産量を増加する見込みです。同時に、過去数年間に原油への大きな需要は、世界経済の減速を考えると減少する可能性があります。過剰供給は原油価格にマイナス影響を与え続けますが、価格が下落するにつれて需要が上がるという事実は原油価格を安定するでしょう。全体として、2019年にブレント原油価格は1バレル=50~70ドルの範囲で予測されます。

最悪シナリオ:OPEC崩壊

適者生存は重要な自然淘汰の原理と考えられています。したがって、OPECが進化するか崩壊する必要があることは明らかです。機構の加盟国は現在、政治的紛争や国間競争によって分けられています。サウジアラビアとイランがお互いに譲れない関係にあり、カタールがすでにOPECには脱退の意思を伝えました。米国やロシアとは異なり、OPEC加盟国は低コスト生産の競争上の優位性を欠いています。世界経済のOPEC石油依存度が低下する傾向もあります。その結果、OPECは原油市場のシェアと価格に影響を与える能力を失い続けるでしょう。原油市場にとってOPECの崩壊は何を意味するのでしょうか?集中型減産しなければ、原油価格への支援を急に中止し、50%の値下げにつながるでしょう。

img_sait copy 5.jpg

追記:以上の予測を見ると、予測不可能な出来事を集めたことを忘れないでください。それらの可能性は高くはありませんが、発生する場合、市場に重大な変化を引き起こします。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera