マルチメジャー取引戦略

マルチメジャー取引戦略

今日は、メジャー 通貨ペアに適した取引戦略を紹介します。この戦略は、すべてのペアに特別に適応させる必要がないので、マルチメジャー取引戦略と呼ばれています。この戦略はメジャー通貨で完璧に働き、他の戦略に比べてより多くのシグナルを提供します。この戦略を活用するには何を実装すべきかを考えてみましょう。マルチメジャー取引戦略では、以下の指標を使用する必要があります。

• 平均足。詳しくは こちら をご覧ください。

• 3期間の RSI 

• 次の設定を持つストキャスティクス:• %K= 6、%D=3、スローイング=3

• 150期間の平滑 移動平均

4時間足または日足の時間枠ですべてのメジャーとクロス通貨の取引に戦略を実装することができます。

買いポジションをいつ開始すべきですか?

• 価格が平滑移動平均線より上に置く必要があります。

• RSIが売られ過ぎゾーンから離れます(下から上へ突き抜けて20レベルを交差)。

• ストキャスティクスの線の1本が売られ過ぎゾーンから離れます。ストキャスティクスとRSIのシグナルが同時に現れない場合があるので、注意してください。通常、ストキャスティクスのシグナルはRSIのシグナルより遅く見えます。これらのシグナルも考慮できます。ただし、ストキャスティクスのシグナルが表示されたときにRSIが買われ過ぎゾーンに入らないことがとても重要です。

• 平均足フィルターとして使われています。ローソク足は、相場が上昇していることを示しているので、緑色であるべきです。

以下の例は戦略の適用方法を示しています。

ユーロ/米ドルの4時間足の時間枠では、チャートは平滑化移動平均線の上に置かれました。RSIとストキャスティクスの両方が1月9日に売られすぎゾーンから離れました。ローソク足が前回のレジスタンスラインを破ってから、1.1943(緑色のローソク足の終値)でポジションを開きました。そして、ストップロスを前回の安値の下、1.1912に設定しました。テイクプロフィットは、前回のレジスタンスライン1.2070に置かれています。その結果、31 pipsのリスクで、127 pipsを獲得しました。

1 (9).jpg

次に、売りポジションの開始状況を考えてみましょう。

• チャートが平滑化移動平均線の下に設定する必要があります。

• RSIが買われ過ぎゾーンから離れます(上から下に突き抜けて80レベルを交差)

• ストキャスティクスの線の1本が買われ過ぎゾーンから離れます。

• 平均足は赤く、価格は下がっています。

ユーロ/米ドルの4時間足のチャートでは、2018年7月31日に相場が平滑化移動平均線を下回っていました。RSIとストキャスティクスの両方が買われ過ぎゾーンを交差した後、価格が前回のサポートラインを下回ったのを待ちました。そして、1.1671でポジションを開きました。ストップロスは前回のレジスタンスラインの上、1.1718に設定され、テイクプロフィットは1.1599のサポートラインに置かれています。結果として、47 pipsのリスクで72 pipsを獲得しました。

2.jpg

まとめ

マルチメジャー取引戦略は、追加の適用なしでより多くのペアを取引するのに役立ちます。この戦略のデメリットは一つしかありません。これは、取引するペアの特徴性に適応できないということです。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera