ポジション取引戦略

ポジション取引戦略

ポジション取引は、市場を本当に理解する忍耐強く、機知に富んだ長期トレーダーに最適な取引方法です。そのトレーダーの第一の目標は、短期的な相場変動ではなく、主なトレンドで利益を得ることです。一般的に、トレーダーはファンダメンタル分析を利用していますが、たまにはテクニカルツールにも注意を向ける必要があります。ポジショントレーダーのもう一つの重要な特徴は、かなりの金額の取引口座を持っていることです。

ポジション取引には少なくとも2つの主な利点があります。

1. 取引中は、取引だけでなく、金利差を利用することもできます。これは、買収された通貨で借り入れられた通貨に対して金利またはスワップが支払われるからです。

2. ポジショントレーダーであるなら、通貨と他の金融商品の間の相関関係から利益を得る可能性があります。

次の記事では、上記のポジション取引の2つの側面、つまりスワップとコモディティの相関関係を含む戦略を説明します。

戦略1

たとえば、加ドル/日本円の通貨ペアを取引しましょう。カナダは世界最大の石油産出国の一つであり、石油のよく知られた輸出業者です。したがって、通常、石油価格が上昇するとたとえば、加ドルが高くなります。その一方、日本は純石油輸入国とみなされています。これにより、石油価格が上昇すると円が下落します。したがって、石油価格は加ドル/円の通貨ペアの変動にとって先行指標とします。

戦略のコンセプト:

時間枠:日足

長期取引設定:

• 最初に、日足のテクニカルチャートを使って原油先物のレジスタンスレベルを決定

• レジスタンスレベルの上に閉じるローソク足を見つけること

• 次のローソク足が開始するとすぐに加ドル/日本円の買いポジションをオープン

• エントリーする前に重要なサポートレベルでストップロスを設定

• エントリー後、次の重要なレジスタンスレベルの下にテイクプロフィットを設定 

例:

WTIの日足チャートでは、上昇トレンドを特定して、そのブレイクアウトを探していました。トレンドラインの上で閉じたローソク足は1月3日に形成しました。その後、1月4日にローソク足の始値79.79で買いポジションをオープンしました。以前のサポートレベル78.91でストップロスを設定し、81.8でテイクプロフィットを置きました。

6.jpg

1.jpg

短期取引設定:

• 日足の時間枠を使って、原油のチャートのサポートレベルを決定

• サポートレベルの下に閉じるローソク足を見つけること

• 次のローソク足の開始時に加ドル/日本円の売りポジションをオープン

• エントリーする前に重要なレジスタンスレベルでストップロスを設定 

• エントリー後、次の重要なサポートレベルの下にテイクプロフィットを設定 

例:

WTIの日足チャートでは、原油の価格はサポートレベル50.57を超えてもみ合いています。そして、このサポートレベルのブレイクアウトは12月17日に発生しました。その後、加ドル/日本円のチャートに切り替えて、12月18日にローソク足の始値84.14で売りポジションをオープンしました。このポジションのストップロスは85.27ドルに、テイクプロフィットは82.7ドルに設定されました。  

7.jpg

2.jpg

戦略2

この記事において説明する戦略は、米ドルインデックス(インデックス(指数)は主要通貨の価値に対するドルの価値を測ります)と金価格との間の負相関を利用しています。原則として、米ドルインデックスが下落すると、金価格が上昇します。

戦略のコンセプト:

時間枠:日足

長期取引設定:

• ドルインデックスチャート(日足時間枠使用)のサポートレベルを特定

• サポートレベルの下に閉じるローソク足を特定

• 金チャートでは次のローソク足の開始時に買いポジションをオープン

• エントリーする前に重要なサポートレベルでストップロスを設定 

• エントリー後、次の重要なレジスタンスレベルの下にテイクプロフィットを設定 

例:

米ドルインデックスの日足チャートでは、1月7日にサポートレベル95.66のブレイクアウトを見つけました。その後、金価格のチャートを開き、1月8日に1285ドルで買いポジションをオープンしました。ストップロスは前のサポートレベル1273に設定され、テイクプロフィットは1299(レジスタンスレベルの下)になりました。

5.jpg

3.jpg

短期取引設定:

• ドルインデックスチャート(日足時間枠使用)のレジスタンスレベルを特定

• レジスタンスレベルの上に閉じるローソク足を特定

• 金チャートでは次のローソク足の開始時に売りポジションをオープン

• エントリーする前に重要なレジスタンスレベルでストップロスを設定 

• エントリー後、次の重要なサポートレベルの下にテイクプロフィットを設定 

例:

売りポジションをオープンする必要がある状況は、買いポジションの場合に似ています。8月10日(金)に、米ドルインデックスの日足チャートではレジスタンスレベルのブレイクアウトを特定しました。金/米ドルのチャートに切り替えて、8月13日(月)にローソク足の始値1211ドルで売りポジションをオープンしました。ストップロスはエントリー前の最初のレジスタンスレベルよりも高い1220ドルに設定されました。テイクプロフィットは1198ドル(サポートレベルに近い)に設定されました。 

8.jpg

4.jpg

 まとめ

相関関係とファンダメンタル分析を理解した場合、ポジショントレーダーは相場の動きを把握し、適切なタイミングでポジションをオープンしやすくなります。 

出典:マリオ・サント・シン(Mario Sant Singh)によって書かれた『17 Proven Currency Trading Strategies』に基づきます 

 

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera