フラットニングゾーンでの取引

フラットニングゾーンでの取引

多くのトレーダーにとって、市場が優柔不断なゾーンに入ったときに取引戦略を決定するのは難しいかもしてません。例としては、以下のユーロ/加ドルの1時間足チャート上の横ばいフラットニングゾーンを見てみましょう。

Zone-1.jpg

今後の値動きを把握するヒントは、サポートレベルまたはレジスタンスレベルに対する各ゾーンを見ることです。

上のチャートの灰色の長方形は、サポートレベル1.4586とレジスタンスレベル1.4642の間の横ばいの動きを示しています。

ゾーン1には、レジスタンスラインの側にフラットニングゾーンがあります。このゾーンは、短期的なもみ合い相場によって形成されました。多くのトレーダーにとっては、それはブレイクアウトと強気トレンドの継続のサインです。ただし、実際には逆です。レジスタンスラインのフラット化が急激な低下をもたらします。したがって、ゾーン1内で売りポジションをオープンした人は、この予想外の落下で利益を上げるでしょう。

ゾーン2にはサポートラインの近くに同様のフラットニングゾーンがあります。一部のトレーダーは、チャートがさらなる相場の落下を示すのを待たなければならないと思いますが、実際は逆です。ゾーン2の直後、ユーロは上昇を始め、レジスタンスラインを上回って、新たな高値に達しました。そのゾーンを決定することはとても簡単だと思えますが、現実はそれほど明確ではない場合があります。相場は両方の方向に動くことができることを忘れないでください。そのため、他の指標やチャートパターン、ローソク足からの追加確認を得ることが重要です。たとえば、MACDまたはオーサム・オシレーター(AO)が弱気/強気の発散を形成した場合、反転の時が来ました。詳しく見てみましょう。以下の図では、同じ初期チャートのゾーン1を示しています。

ここでは、一般的なレジスタンスレベルでのもみ合い相場と、茶色のラインでマークされたローカルレジスタンスレベルの緩やかな上昇が見られます。同じセクターに対応するMACD、別の茶色のラインでマークされた緩やかな低下を示しています。両方のラインを組み合わせると、弱気の発散が生じ、弱気相場反転の前兆と見なされます。また、弱気相場反転がそのセクターの直後に表示されるため、ゾーン1内で売ることをおすすめします。

Zone-2.jpg

ゾーン2は次の画像で調べられます。それは、相場が力を集めてどこへ行くかを決めるために黙とうするのように、サポートレベルの真上にフラットニングゾーンを示しています。このゾーンのレジスタンスレベルは1.4601です。選択されたゾーンの終わりにある強気バーがこのレジスタンスレベルをブレイクするので、強気の相場が戻ってくると考えることができます。したがって、ゾーン2内で買いポジションを開くことをおすすめします。

Zone-3.jpg

まとめ

多くの場合、レジスタンスラインまたはサポートラインでのもみ合い相場は、その対応するレベルからのバウンドの指標になる可能性があります。レジスタンスレベルでのフラットニングは弱気転換の可能性を、サポートレベルでのフラットニングは強気転換の可能性を示します。したがって、フラットニングの場合はサポートレベルで買い、レジスタンスレベルで売ります。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera